甘いものやお菓子の代わりに果物を食べても太ります! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

甘いものやお菓子の代わりに果物を食べても太ります! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ダイエット食事法

甘いものやお菓子の代わりに果物を食べても太ります!

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です

先日、お客様への食事のカウンセリング時のこと
『甘いもの(お菓子やアイスなど)が大好きだけど、食べると太るから代わりに果物を食べるようにしました!』

気を付けて食事を変えているのはとても良いことですね!

ですが残念ながら、、、

カラダを変えたい・痩せたいなら甘いものやお菓子の代わりに果物を食べても太ります!

その理由は、
甘いものやお菓子も果物も共通して「果糖」が入っているからです。

果糖って何??

糖質の1つであり、「単糖」と呼ばれるものに分類されます。

そのほかの「単糖」は、「ブドウ糖」と「乳糖」です。

「果糖」「ブドウ糖」「乳糖」の3つが単糖に分類されます。

炭水化物(糖質)を食べたら、最終的にこの3つのどれかにまで分解されてで体に吸収されます。

では、それぞれどんな違いがあるのか?

「ブドウ糖」

は血液中に入り全身をめぐります。

そのため、筋肉やその他の細胞に取り込まれ、余った分が脂肪に取り込まれ体脂肪となります。

ご飯やパン、パスタなどに多く含まれています。

では、甘いものや果物に入っている「果糖」は?

血液中にはほとんど入らず、そのまま脂肪へと取り込まれ体脂肪になってしまいます。

(「乳糖」は「ブドウ糖」と「果糖」の中間ぐらいですが「果糖」に近く、これも体脂肪へと変わりやすいです。
今日は「果糖」の話なので詳しくは説明しません。)

この理由からも「果糖」が太りやすい理由がわかると思います。

実際にどれくらい体脂肪に変わりやすいのかというと、

「果糖」は「ブドウ糖」よりも約3倍体脂肪に変わりやすいと言われています。

甘いものやお菓子が太るのはなぜ?

甘いものやお菓子が太るのは、

砂糖が原因ですね。

砂糖が太る原因に関して、詳しくはこちらの記事をご参考してください。

砂糖は、「果糖」と「ブドウ糖」が半分ずつ合わさってできたものです。

つまり果糖が半分入っているため、砂糖は太りやすいのです。

これらの理由から、甘いものの代わりに果物を食べても「果糖」が体の中に入ってくるので太ってしまうのです。

こんなクライアントがいました!

結婚式3週間前に来られた女性は、甘いもの大好きだけど太るから果物をほぼ毎食食べていました。
私が担当するようになり、果物をなるべくやめ、頻度を1日1食ぐらいに減らしただけで
約1週間で仕事で履くズボンがブカブカになったとおっしゃっていました。

それぐらい人によっては効果があります!

甘いものの代わりに果物を食べていても全然カラダが変わらないという場合は、
果物の量を減らすことを試してみてください!

果物以外にも食べるとカラダが変わりにくい食べ物を知りたいと思われたあなたは、こちらから1度体験トレーニングにお越しください!

LINE@登録でダイエットエクササイズ動画を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せ、短時間できる痩せる筋トレなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

この記事が役に立ったと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアをお願いいたします!

PAGETOP
ページトップヘ