ふくらはぎの下部、足首が太いのは筋肉のせいです!使い過ぎが原因なので、2つの筋トレで解消! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

ふくらはぎの下部、足首が太いのは筋肉のせいです!使い過ぎが原因なので、2つの筋トレで解消! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ふくらはぎ痩せ

ふくらはぎの下部、足首が太いのは筋肉のせいです!使い過ぎが原因なので、2つの筋トレで解消!

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

ふくらはぎの下部、特に足首が太くて悩んでいる。

足首にそんなに脂肪がつくことは少なく、

太くなっている原因はほとんどが使い過ぎによる筋肉です。

歩くときや走るときに、足首を使いすぎてしまい筋肉がつき太くなってしまっています。

今日は、なぜ足首を使いすぎてしまうのか?と、どういう対処で筋トレをすればいいかについてお話します!

なぜ足首を使いすぎてしまうのか?

歩くときや走るときなどに足首を使いすぎてしまうようになるのは、
骨盤まわりの筋肉である"ヒップや脚の付け根の筋肉"がうまく使えていないことが原因になります。

また、骨盤まわりの筋肉が使えていないのは、
背中の筋肉が弱くなり姿勢を支える上半身の筋肉が弱くなっていることが原因となってきます。

上半身で支えられないので、自然と姿勢が変わってきて、
さらに骨盤まわりの筋肉が使えなくなり、地面に一番近い足首に頼るようになってしまうのです。

そのままの状態だと運動してもしても足首は太いまま変わらずということになってきます。

てことは、やらないといけないこと多いんじゃないの?

背中もヒップも脚の付け根も!となると、やることめっちゃ多い!
となってしまいますが、やることは2つだけです。

「背中とヒップと脚の付け根を使えるようにすること」と「足首を使いづらくすること」
この2つのことを、2つの筋トレでやってしまいましょう。

具体的な筋トレはこれ!

「背中とヒップと脚の付け根を使えるようにする」

両手に一つずつペットボトルもしくはダンベルを持ちます。(1~1.5kgを2つ)
脚を腰幅にして立ち、少し膝を曲げます。腕の力を抜き胸を張って背中(肩甲骨)を内側に寄せます。

その状態から、背中が丸くならないように脚の付け根から身体を前に倒します。
肩甲骨を内側に寄せてるので、肘は曲がっても大丈夫です!

もも裏もしくはヒップが少し伸びたと感じたら元の姿勢に戻ります。

膝は曲げたまま、10回2セット繰り返しましょう。

「足首を使いづらくする」

次に、何も持たずに立ち、そのままつま先を浮かせてかかとだけで歩きます。
前後に動き60秒1セット行いましょう。

まとめ

1つ目のトレーニングで「背中とヒップと脚の付け根」を使い
2つ目のトレーニングで「足首を使わず」に歩く癖がつきます。

これらをやることで自然と使われる筋肉のバランスが整うので、ふくらはぎの下部である足首の太さが解消していきます。

今、ふくらはぎの下部、足首が太いとお悩みならお試しください!

やってみたけど「もも裏が伸びない」など「これで合ってるのかわからない」場合は、
こちらから1度体験トレーニングにお越しください!

LINE@登録でダイエットエクササイズ動画を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せ、短時間できる痩せる筋トレなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

この記事が役に立ったと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアをお願いいたします!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【“見た目を変える”ことで“なりたいカラダ”を作るボディメイクトレーナー】
無理のない身体作りメソッドと分かりやすい指導によって、週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ