腰痛と背中の張りは、お腹から下が太くなる。あなたの脚が太い原因を1つのトレーニングで解消! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

腰痛と背中の張りは、お腹から下が太くなる。あなたの脚が太い原因を1つのトレーニングで解消! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ブログ

腰痛と背中の張りは、お腹から下が太くなる。あなたの脚が太い原因を1つのトレーニングで解消!

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

出産もしたけど、仕事はしている。普段デスクワークで、肩の凝りや背中の張り、腰痛もある。。。
そんなに日常に困るほど動けないわけじゃないけど、なんか不快で気になる。。。

加えて、お腹から下が痩せなくてピタッとした服を着てオシャレしたいけど恥ずかしくてできない。。。

このお悩み、年々出てきますよね。特に30歳を超えてきたあたりからは多くなります。

この痛みとお腹から下の太さ。関係ないようで関係あるのです。

なぜなら、腰痛の痛みや背中・肩の張りが出ているということは、その周辺の筋肉のバランスが崩れているということです。
そのせいで余計な負担がかかるので、お腹・脚が太くなるからです。

今日は、なぜ腰痛や背中の張りとお腹・脚の太さが関係するのか、対処方法は何かをお話します!


もしあなたが今腹筋で解決しようとしてしまっているなら、以前のこの記事も参考にしてみてください!

そうでなければ、この記事の続きを読んで解決してください!

なぜ腰痛や背中の張りとお腹・脚の太さが関係するのか?

なぜこれらが関係するのか?

腰痛や背中の張りはデスクワークのせいですが、
腰痛が出るのは腰の筋肉の緊張で使われ過ぎ、背中の張りは猫背で背中が丸くなった姿勢による使われなさすぎが原因です。

本来なら、腰ではなく背中の筋肉をしっかり使って姿勢は保たれるのですが、それが反対の状態になっているため、

腰の反対側のお腹の筋肉が使われずポコッと出る。
背中の筋肉が使われず、脚の筋肉で体を支えることになり脚が太くなっていく。

というのがこれらの関係です。

じゃあどうすればいいのか?

背中の筋肉を使える状態にすることと、腰の筋肉の緊張をなるべく弱め使われ過ぎを解消すること。
この2つが必要になってきます。

とはいっても、言われてすぐにできることではないですね。。。

今日は、それを叶えるトレーニングを1つご紹介します!

具体的なトレーニング!

両手にペットボトルを1つずつ持ち(1.5kg~2kg)、椅子に座り体をベタっと前に倒します。

その状態で胸を張り少し顎を引きます。そこから背中(肩甲骨)を内側に寄せます。

しっかり寄せたら、ゆっくり元の位置に戻します。
10回2~3セット繰り返しましょう。


肩甲骨の周りに使ってる感じや温かくなる感じがあればOKです!


もし今、腰痛や背中の張りがあってお腹・脚の太さが気になっているならお試しください!

自分では、腰痛も脚の太さもどうにもできないと思われたあなたは、こちらから1度体験トレーニングにお越しください!

LINE@登録でダイエットエクササイズ動画を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せ、短時間できる痩せる筋トレなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

この記事が役に立ったと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアをお願いいたします!

PAGETOP
ページトップヘ