リラックスするための呼吸法~正しい深呼吸の方法~【立川のパーソナルトレーナーが解説】 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム ASmake

リラックスするための呼吸法~正しい深呼吸の方法~【立川のパーソナルトレーナーが解説】 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム ASmake

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00

先着7名様限定 体験予約はこちら

LINE登録はこちら

ブログ

ストレスとダイエット

リラックスするための呼吸法~正しい深呼吸の方法~【立川のパーソナルトレーナーが解説】

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

あなたは、深呼吸してもあまりリラックスできた経験がないということ、
ありませんか?

それは、深呼吸がリラックスするのに適していないからではなく、
深呼吸の方法が間違っているからです。

なぜなら、リラックスするための呼吸法は、
吐くことを意識した深呼吸が必要だからです。

今日は、リラックスするための呼吸法についてお話しますね!

リラックスできないのは交感神経が優位だから

『リラックスしたい』と思うのは、
交感神経が優位になって、興奮や活動状態にあるからです。

この神経は、自律神経とも言われていて、
交感神経の他に、副交感神経というものがあります。

単純な話で、

・交感神経が、興奮や活動モード
・副交感神経が、休息やリラックスモード

という働きと特徴を持っています。

つまり、交感神経が優位になっている場合は、
ずっと攻撃モード、ずっと活動モードになっているということです。

その時、当然脳もずっと活動状態で、休息モードではないので、
疲れてきます。

心拍数も高くて、眠くなることもないので、
睡眠も浅くなり、疲れも抜けないままになって、精神的にも参ってしまって
『ゆっくりしたい』『リラックスしたい』と思ってしまうんです。

つまり、『リラックスしたい』と考えるのは
常に交感神経がオンになったままになって、ずっと活動モードだからなんです。

副交感神経がリラックスのカギ!

この時に必要なのは、交感神経をオフにして、
副交感神経をオンにすることです。

基本的に、交感神経と副交感神経は、
お互いにどちらかだけをオンにするという特徴があるので、

副交感神経がオンになる、もしくは、交感神経がオフになると、

自然と副交感神経が優位になって、休息・リラックスモードになることができるからです。

なので、『リラックスしよう』と思えば、
この副交感神経をオンにすればいいだけということになるんです。

息を吐くことで副交感神経が優位になる!

では、この副交感神経をオンにするにはどうすればいいかと言うと、

息を吐くだけ。です。

これだけで、副交感神経がオンになります。

その理由は、

・息を吸うと、交感神経がオンになり、
・息を吐くと、副交感神経がオンになる

という呼吸によって、交感神経と副交感神経のオンオフが変わるからです。


なので、息を吐くと自然に副交感神経がオンになるんです。

深呼吸は吐くのを意識して!

ですが、ただ単に息を吐けばいいかと言うと、そういうわけではありません。

なぜなら、息を吐くだけで吸わなければ僕らは死んでしまうので、
吸う時間と吐く時間のバランスが重要だからです。

日常生活では、普通、息を吸うのも吐くのも同じ時間だけ行っています。

1秒で吸って、1秒で吐くというようなイメージです。

ただし、これだと、1秒は交感神経、1秒は副交感神経と言うことになり、
同じだけ交感神経も副交感神経も優位になって、
どちらの特徴もなくなってしまいます。

また、『リラックスしたい』と思ってしまっている
交感神経が優位の状態だと、
吸う時間の方が長くなっていることになります。

3秒かけて吸って、1秒かけて吐くのようなイメージです。

そうすると、必然的に息を数時間の方が長くなる=交感神経が優位の時間が長くなり、
活動モードから抜け出せず、リラックスできなくなるんです。

ずっと緊張したり、リラックスできない方のほとんどが、息を吐くのが苦手です。
ゆっくり長く吐くというのができないことがかなり多いです。


ということはつまり、

リラックスするには、吐く時間を長くするというのが効果的になるということです。

2秒かけて吸って、5秒かけて吐くというイメージです。

そうして、息を吐く時間が長くなれば、副交感神経が優位になる時間も長くなり、
副交感神経がオンになって、交感神経がオフになりやすくなるので、
リラックスすることができるんです。

なので、リラックスするための呼吸法として、深呼吸をするなら、
吐く時間を長めにする意識が必ず必要なんです。

これがリラックスするための呼吸法のコツです。

まとめ

このように、リラックスするためには、
息を吐く時間を長めにすることが重要です。

なぜなら、息を吐く時は、リラックスモードになる
副交感神経が優位になり、活動モードである交感神経がオフになるからです。

息を吐く時間を、息を吸う時間より長めにすることで、
自然と副交感神経がオンになってくるので、

『今まで呼吸してもまりリラックスできなかった』と言う場合は、
吐く時間を長めにすることを意識して今日からやってみてください!

寝る前に横になってやることで、寝やすくもなりますよ!
ぜひお試しください!


今だけこちらのLINEに登録していただくと、
通常5000円の部位別エクササイズ動画を、無料でプレゼントしています!

LINE友だち追加は、こちら↓

友だち追加

この記事が面白いと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアしてくださると嬉しいです!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【見た目を変えることでなりたい体を作るボディメイクトレーナー】
過去に無理な減量方法などによって優勝を逃した悔しさから、アフリカに2年間柔道を教えに行くタイミングで、身体について猛勉強し、無理のない身体作りメソッドを生み出す。
言葉や文化の異なるアフリカでいかに分かりやすく指導するか試行錯誤した結果、全国チャンピオンを輩出。
日本に帰国後、理論と指導法に磨きをかけ、女性のボディメイクに応用し、分かりやすい指導と週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。
詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジムASmake代表》

カテゴリー

PAGETOP
ページトップヘ
無料でダイエット動画プレゼントLINE登録はこちら 先着7名様限定価格での体験予約はこちら