ストレスで、食べ過ぎて太るのは、体の仕組み!ストレス太りの理由はコレ! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

ストレスで、食べ過ぎて太るのは、体の仕組み!ストレス太りの理由はコレ! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ストレスとダイエット

ストレスで、食べ過ぎて太るのは、体の仕組み!ストレス太りの理由はコレ!

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

『ストレスが多くて、あまり痩せない。。』

こういう理由で、なかなか痩せないことも結構あります。


特に、人間関係が一番ストレスの要因として多い気がしますが、

そのストレスは、どう頑張っても避けきれないですよね。。


人間関係だけじゃなくても、ストレスで、食べ過ぎてしまい、太るというのは

体の仕組みとして、普通にあり得ることです。

なぜなら、ストレスがかかると、ストレスに対抗するホルモンが出て、

そのホルモンが、体脂肪の蓄積と食べ過ぎを多くしてしまうからです。

今日は、ストレスで、食べ過ぎて太る理由についてお話します!

ストレスがかかると体はどうなる?

人間関係にしろ、仕事にしろ、

ストレスがかかると、体は、ストレスに対抗するために

コルチゾールというホルモンを分泌します。

このホルモンを出すことで、ある程度ストレスを抑えようとしてくれるというわけです。


ですが、このストレスに対抗する、コルチゾールというホルモンが、

太る原因にもなったりするのです。。。

ホルモンが太る原因?

ストレスがかかると、コルチゾールというホルモンが分泌されます。

このコルチゾールが出てくると、肝臓に蓄えられている糖質が、

血液中に放出されます。

糖質が血液中に放出されると、血糖値が上がります。

今日は、血糖値の話がメインではないので、詳しくは省略します。

血糖値について詳しくは、こちらの記事をご参考にしてください。

この糖質が、血液中に放出されて、血液中を漂っているのは、

体にとって、あまり良いことではありません。(血管が傷つきやすくなるため)


そのため、その糖質は、体の細胞に取り込まれ、

エネルギーとして蓄えられることになるのですが、

特に運動中でなければ、筋肉のエネルギーは充分足りているので、

筋肉に取り込まれることはほとんどなく、


その血液中の糖質は、ほとんどが、体脂肪に取り込まれて、

体脂肪として蓄積されることになります。

つまり、毎日毎日ストレスを感じて過ごしていると、

ストレスに対抗するコルチゾールというホルモンが出てきて、

常に体脂肪が蓄積されやすい体になっているということです。

これが、ストレスで体脂肪の蓄積が多くなり、太る理由です。

もう1つは、食べ過ぎになること!

体は、今栄養が足りているのか、不足しているのかを

肝臓に蓄えられた糖質の量で判断しています。

肝臓に蓄えられた糖質が、満たされていると、栄養が足りている状態。

逆に、糖質の残量が減ってくると、体に栄養が足りていないと判断します。

先ほど書いた、ストレスがかかり、コルチゾールというホルモンが出てくると、

肝臓に蓄えられた糖質が、血液中に放出されて、どんどん減っていきます。

つまり、肝臓の糖質が、減っていくことになり、

体は、今栄養が足りていない状態だと判断します。

そうすると、その時点で、空腹を感じさせるようになり、

食べたい欲を出させるようになります。


これが起こると、どうしても何か食べたくなってしまうので、

食べ過ぎの原因になってしまうのです。

さらに悪いことに、ストレスで、体脂肪が蓄積されやすくなっているうえに、

食べ過ぎに繋がってしまうので、より太ることになるのです。

これらが理由で、

ストレスがかかると、コルチゾールという、ストレスに対抗するホルモンが出て、

肝臓に蓄えられている糖質を、血液中に放出することによって、

体脂肪を蓄積しやすくすることと、空腹感が出て、食べ過ぎに繋がることで太るのです。

ストレス太りの対策は?

このストレスで太る対策ですが、たくさんあるかもしれませんが、今日は2つだけ。

・ストレス解消を1日の中に組み込む。

(お風呂に浸かる、友人と遊ぶ、リラクゼーション施設に行くなど)

そうすることで、そもそものストレスを減らすことができるので、

コルチゾールというホルモンがあまり出なくなり、

体脂肪の蓄積や食べ過ぎを抑えられますね。

・また、運動するのも良いです。

(ヨガや、ランニング、筋トレなど)

ストレスがかかって、肝臓から糖質が血液中に放出されても、

筋肉を使っていれば、筋肉にその糖質がエネルギーとして取り込まれるので、

体脂肪の蓄積が抑えられます。


この2つで、ある程度のストレス太り対策ができます。

まとめ

ストレスがかかると、対抗するために、コルチゾールというホルモンが分泌されます。

このホルモンが分泌されると、肝臓に蓄えられた糖質が、血液中に放出されます。

そうすると、特に運動をしていない限りは、

その糖質が、ほとんど体脂肪へと蓄積されてしまいます。

また、肝臓の糖質が減ることで、体は栄養が足りていないと判断して、

空腹感を強くして、何か食べたい欲を出してしまい、食べ過ぎの原因になります。

そうすると、体脂肪の蓄積が多くなっているうえに、食べ過ぎになり、太ることになります。

これが、ストレスで、食べ過ぎて太る理由です。

ストレスを感じやすいあなたは、痩せるために、

まずストレスを減らすことから始めてみてください!

『ストレス解消と痩せるために運動を習慣づけたい』という場合は、パーソナルトレーニングにお越しください!

LINE@登録で部位別ダイエットエクササイズ動画20本以上を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

この記事が役に立ったと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアをお願いいたします!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【“見た目を変える”ことで“なりたいカラダ”を作るボディメイクトレーナー】
無理のない身体作りメソッドと分かりやすい指導によって、週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ