痩せるなら知っておきたい血糖値って何?血糖値がダイエットに大きく関係するたった1つの理由! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

痩せるなら知っておきたい血糖値って何?血糖値がダイエットに大きく関係するたった1つの理由! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ダイエット食事法

痩せるなら知っておきたい血糖値って何?血糖値がダイエットに大きく関係するたった1つの理由!

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

「血糖値」が高くなりすぎると太る、高くならなければ太りにくい。」とも言う、「血糖値」という言葉。

痩せたいあなたには必ず知っておいてほしいと思っています。

なぜなら、血糖値が高くなりすぎると太るのは確かで、高くなればなるほど体脂肪の蓄積が多くなってしまうからです。

ただし、悪いことばかりではないため今日は、血糖値がダイエットに大きく関係するたった1つの理由についてお話します!

血糖値って何?

血糖値にかかわる栄養はただ1つ、「糖質」だけです。

さらに「糖質」の中でも「ブドウ糖」のみが血糖値に関わってきます。

(ブドウ糖以外の糖質には、果糖とガラクトースがありますが、今回の記事ではブドウ糖だけを対象としているため、省略します。)

ブドウ糖は、体内で血液中に入り全身をめぐっていきます。
血液中にある糖ということで、「血糖」という名前がつき、その「糖」が血液中にどれぐらい多いか表す数値のことを「血糖値」と言います。

そのため、血液中にある糖の量が多く入っているほど「血糖値が高い」と表現します。

逆に、血液中にある糖の量が少ないほど「血糖値が低い」と表現します。

血糖値が高かったり低かったら何が起こるの??

血液中の糖の量が多い状態である「血糖値が高い」と、体は血糖値を低くしようと「インスリン」というホルモンを出して、血糖値を低くしていきます。
その時に、筋肉やその他の細胞、そして脂肪に「糖」を入れることにより血液中の「糖」の量を少なくして血糖値を低くします。

この筋肉やその他の細胞、脂肪に「糖」を入れる作業がとても重要で、これがあるため全身に栄養を送りこむことが出来て正常に生活することができるのです。

逆に血糖値が低くなると全身に栄養が送り込めない状態になるため、今度は「血糖値を高くしよう」とする体の仕組みが働き、常に全身に栄養を送るようにできています。

これが、血糖値が高かったり低かったりするときの働く体の仕組みです。

これがどうダイエットに関係あるの??

先ほどの「血糖値が高い」状態のときに、筋肉やその他の細胞、そして脂肪に「糖」を入れるということを書きました。

ここで重要なのが、「糖を脂肪にも入れる」ということです。

そのため、血液中の「糖」の量が多い「血糖値が高い」状態だと、脂肪に入る糖の量も必然的に多くなってしまいます。
つまり、体脂肪としてたくさん蓄積されてしまい、体脂肪が増えることになります。

ということは、血糖値が高くなると太るの??

その通りです。血糖値が高くなればなるほど、体脂肪の蓄積が増えてしまいます。
そのため、血糖値をなるべく高くしないように食事を気を付ける必要があります。

これが「血糖値」がダイエットに関係するたった1つの理由です。

じゃあ血糖値を高くしないようにするにはどうすればいいの?

血糖値は高くなればなるほど体脂肪の蓄積が増えるので、なるべく高くしないようにしたいですね。

そのための食事のポイントは、以下の3つです。

1.食物繊維をたくさん摂ること

食物繊維は、糖質の吸収をゆるやかにしてくれるため、ゆっくりと血液中に糖質を送っていくことができます。
そのため、全身に「糖」を送って「血糖値を低くする」作業と、ゆっくりと血液中に「糖」を入れる「血糖値を高くする」作業を同時に行うため、「血糖値が高くなりすぎる」ことを防ぐことができ、体脂肪の蓄積を抑えることができます。

2.パスタやラーメンなどの炭水化物(糖質)単体の食事は控えること
3.お菓子などの甘いものや炭水化物(糖質)だけを大量に食べないこと

炭水化物(糖質)を単体で摂ったり、大量に摂るとそれだけ血液中に入る「糖」の量も多くなり「血糖値が高くなりすぎ」てしまいます。
そのため、炭水化物(糖質)単体の食事を控えること、甘いものや炭水化物(糖質)だけを大量に食べないことが、体脂肪の蓄積を抑えることにつながります。

これら3つのポイントが、「血糖値を高くしすぎない」ために重要になります。

まとめ

血液中にある「糖」の量が多いと「血糖値が高い」、少ないと「血糖値が低い」となります。
「血糖値が高い」状態だと、脂肪に入る「糖」の量も多くなり、体脂肪が多く蓄積されてしまいます。

それを防ぐためには、
・食物繊維をたくさん摂ること
・パスタやラーメンなどの炭水化物(糖質)単体の食事は控えること
・お菓子などの甘いものや炭水化物(糖質)だけを大量に食べないこと

の3つに気を付けると、血糖値が高くなり過ぎず体脂肪の蓄積を抑えられます。

『ダイエットするなら知っておきたい血糖値って何?』と疑問に思われていたあなたはご参考にしてください!

もし、『他にもダイエットするのに知らないことがあるから痩せないのかも?』と思われたあなたは、こちらから1度体験トレーニングにお越しください!

LINE@登録でダイエットエクササイズ動画を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せ、短時間できる痩せる筋トレなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

この記事が役に立ったと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアをお願いいたします!

PAGETOP
ページトップヘ