脚が太いのは、前屈して手が床につくから!体が柔らかいあなたの脚痩せ方法は、この筋トレ! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

脚が太いのは、前屈して手が床につくから!体が柔らかいあなたの脚痩せ方法は、この筋トレ! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ブログ

脚が太いのは、前屈して手が床につくから!体が柔らかいあなたの脚痩せ方法は、この筋トレ!

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

前屈して手が床にベタっとつく!体が柔らかいから痩せやすい!と思われがちですが、

『いや、体柔らかいけど、私は脚が太い。。。』とお悩みの体が柔らかいあなたへ。
前屈して手が床にベタっとつくけど、脚が太くなる。

これは、誰しも起こりうることで、今まさにあなたに起こっていることですね。

このままスクワット!脚の筋トレ!とむやみに行っても、この脚が細くなることはありません。

なぜなら、脚が太い原因が、前屈して手が床につくほど「太もも裏が柔らかすぎて、太もも裏の筋肉をちゃんと使えていない状態」にあるからです。

そのため、その分の負担が太もも前にかかり、脚が太くなるのです。

今日は、前屈して床に手がつくほど体が柔らかいあなたのための、脚痩せの筋トレをご紹介します!

前屈ができて体が柔らかいと脚が太くなるの?

前屈して手が床にベタっとつく。
体が柔らかいから、血流も代謝も良くて細くなりそうな気がしますよね。

ですが、前屈して手が床につくぐらい太もも裏が柔らかいと逆に脚はどんどん太くなります。

なんで脚が太くなるの?

筋肉は、伸ばされると力が発揮されづらくなり、弱くなっていきます。

太もも裏の筋肉も同じで、

柔らかい=それだけ伸ばされている状態であり、縮みにくくなっているということ。

そうすると、どんどん太もも裏の筋肉が弱くなり、弱くなった分を他の筋肉が負担するようになっていきます。

その主な筋肉が、同じ太ももにある、「太もも前の筋肉」です。

太もも裏の筋肉が弱い分、どんどん太もも前の筋肉に負担がかかり、使われ過ぎて太くなっていくのです。

これが、前屈して手が床につくほど太もも裏が柔らかいと、脚が太くなる理由です。

脚痩せするには、これをすれば良い!

『太もも裏が柔らかいと、太もも前に負担がかかり脚が太くなるなら、どうすればいいの?』と思われますよね。

太もも裏の筋肉の伸びを制限しながら、しっかり適切な伸び縮みをさせて使ってあげれば良いのです。

難しいことを書いてますが、そのために必要な筋トレは2つです。

今日は、そんな脚痩せの筋トレを2つご紹介します!

具体的な筋トレの方法はこれ!

1.脚の付け根の筋肉を使う

仰向けになり、膝を90度に曲げ両膝にボールを挟み、持ち上げます。そのまま両足を組みましょう。

膝の角度は90度で、ボールを両膝でしっかり挟んだまま、太ももを胸に引き寄せます。

しっかり引き寄せたら、今度はカカトが床につかない位置まで足を下ろします。

太ももを胸に引き寄せるのと、カカトが床につかない位置まで下ろすのを10回繰り返します。

そして次に、

2.太もも裏の筋肉の伸びを制限して使う

脚は腰幅に開き、少し膝を曲げます。両手は軽く耳の後ろに、肘を少し後ろに引きます。

膝は少し曲げた状態で固定し、胸を張り背中を反らせたまま、脚の付け根から体を前に倒します。

前に倒す体を床と平行よりも手前で止めて、体を起こします。
膝を少し曲げて固定したまま、12回繰り返しましょう。

1つ目の筋トレで、脚の付け根の筋肉を使えるようにすることの理由は、太もも裏が弱くなり、太もも前に余計な負担をかけているときは、使われにくくなる筋肉だからです。

2つ目は、太もも裏の筋肉の伸びを制限して使うことです。

体を床と平行よりも前に倒すと、太もも裏に伸びの刺激が入りすぎてしまうので、結局前屈で床に手がつく状態が変わらなくなり、脚痩せになりません。

ある程度太もも裏の筋肉の伸びに制限をかけて使うことで、しっかり適切な伸び縮みで使える状態を作り出し、太もも前の負担を減らすので、脚痩せにつながります!

『前屈で床に手がベタっとつくのに、脚が太い。。。』とお悩みのあなたは、ぜひお試しください!

まとめ

あなたの脚が太いのは、前屈で床に手がベタっとつくほど、「太もも裏が柔らかすぎる」からです。

筋肉は伸びすぎると弱くなっていくので、「太もも裏の筋肉が柔らかすぎる」ことで、伸びすぎた状態になっていて弱くなっているのです。

弱くなった分が、太もも前の筋肉に余計に負担をかけてしまい、使われ過ぎて脚が太くなっていくのです。

ここから脚痩せする方法は、「脚の付け根の筋肉を使うこと」と「太もも裏の筋肉の伸びを制限しながらしっかり使うこと」が必要になります。

むやみに、筋トレしたりストレッチしても脚が細くならないのは「太もも裏が柔らかすぎて弱くなっている」のが改善されていないからですね。

もし『フォームややり方が正解なのかわからない。。。』というあなたは、1人でやってても体が変わらないため、こちらからパーソナルトレーニングにお越しください!

LINE@登録でダイエットエクササイズ動画を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せ、短時間できる痩せる筋トレなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

この記事が役に立ったと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアをお願いいたします!

PAGETOP
ページトップヘ