やっぱり寝る前の食事は太る!食べてすぐ寝ると太る理由はこれ! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

やっぱり寝る前の食事は太る!食べてすぐ寝ると太る理由はこれ! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ダイエット理論

やっぱり寝る前の食事は太る!食べてすぐ寝ると太る理由はこれ!

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

仕事から帰ってきて夜遅いのに、寝る前にドカ食いしてしまう。。。

お昼ご飯を食べてからほとんど何も食べてないと、夜は必ずお腹が減りますよね。

ですが、ここで『お腹が空いた』からと、しっかり食事をしてしまうのは、太る原因になるのです。

なぜなら、寝ているときは、筋肉への栄養の取り込みが減るので、その分体脂肪への取り込みが多くなってしまうからです。

今日は、寝る前の食事が太る理由と太らないための対策についてお話します!

夜にドカ食いしてしまうのには理由があります!

お昼ご飯を食べてから、ほとんど食事を摂らずに仕事。

そして、仕事を終えて、夜9時か10時に帰宅。

家につくと仕事の緊張から解き放たれ、落ち着いて安心感が出ますよね。

この仕事の緊張→帰宅して落ち着いて安心感になるとき、交感神経から副交感神経に切り替わります。

交感神経は、緊張したり仕事モードの時に働き、食欲を低下させます。
逆に、副交感神経は、リラックスしているときに働き、食欲を増進させます。

この働きのせいで、お昼ご飯を食べてからほとんど食事を摂らならくても、仕事をして交感神経が働いているため、食欲はあまり湧いてきません。

ただ、食事を摂っていないので、胃は空っぽでお腹が空いています。
そこに食欲を増進させる副交感神経へと切り替わるタイミングが重なり、夜のドカ食いにつながってしまうのです。

つまり、お昼ご飯を食べてから食事を摂らず、帰宅して副交感神経が優位になることで、食欲が増して寝る前なのにドカ食いしてしまうのです。

ですが、もちろんその寝る前の食事は太る原因です!
その理由は、、、

寝る前の食事が太る理由は??

寝ているときは、筋肉も休んでいる状態です。

そのため、筋肉への栄養の取り込みが少なくなるのです。

筋肉へ取り込まれるのは、主に糖質(ブドウ糖)ですが、その取り込み量が少なくなるので、その分が体脂肪へと取り込まれてしまうのです。

そのせいで、寝る前にドカ食いすると、体脂肪が増えて、太るのです。

これが、夜寝る前の食事が太る理由です。

太らない対策は、これ!

寝る前の食事が太るのは、筋肉への栄養(主に糖質)の取り込みが減るため、その分体脂肪へと取り込まれ、体脂肪が増えることが理由です。

そのため、太らない対策は、

夕方に軽く食事を摂って、夜帰宅してからは野菜だけを食べることです。

詳しく解説していきますね!

夕方に軽く食事を摂る理由は?

お昼から夜まで何も食べないと、9~10時間は栄養が入って来ない状態が続きます。

そうすると、体は栄養不足なため、食事を摂らせるために、空腹を感じさせますが、仕事で交感神経が働いているため、あまり食欲を起こしません。

そして、仕事を終えて帰宅した時に、副交感神経に切り替わることで、抑えていた食欲とかなりの空腹が重なり、夜遅いドカ食いにつながり、太るのです。

そのため、その前の夕方に何か食事を摂っておくと、栄養が充分満たされているため、この夜の爆発する食欲を防ぐことができます。

オススメするのは、「おにぎり、サラダ、ゆで卵など」の炭水化物(糖質)とタンパク質と食物繊維が入っている食事です。

これらを、お昼ご飯から約5~6時間後に食べてください。

それより早い2~3時間後に食べてしまうと、逆に太りやすくなります。それについて詳しくは、こちらの記事をご参考にしてください。

帰宅してから野菜だけを食べる理由は?

先ほども書いた通り、寝ているときは、糖質(炭水化物)の筋肉への取り込み量が少なくなるので、その分が体脂肪へと取り込まれてしまうので、太るのです。

そのため、夜遅い帰宅になった場合の食事は、糖質(炭水化物)を食べないようにすることが太らないための対策になります。

また、タンパク質や脂質は、筋肉へ取り込まれる量がもともと少ないですが、夜は体脂肪の蓄積が多くなる時間帯なので、少なからずカロリーがあるものは太るリスクがあるのです。

そのため、夜遅い帰宅からの食事は、野菜のみにすることがカロリーも極力抑えられ、体脂肪への蓄積も少なくなり太らない対策になります。

オススメする野菜は、ブロッコリー、キャベツ、キュウリなどです。

なるべく歯ごたえがあるものが、嚙むことでの満腹感と満足感を得やすいからです。

まとめ

夜寝る前の食事は、仕事を終えて帰宅したときの交感神経から副交感神経に変わるタイミングになるため、食欲が増してドカ食いになりやすいです。

また、寝ている間は筋肉に栄養を取り込む量が減るため、その分体脂肪へと取り込まれる栄養が増えて、太るのです。

これらが、夜寝る前の食事が太る理由です。

そのため、太らない対策は、夕方に軽い食事を摂ることと、夜帰宅してからは野菜だけ食べて寝ることです。

そうすることで、空腹時間が長くなり太りやすい体になることを避けられ、夜寝ている間の体脂肪が増えるものも少なくなるので、太らない対策になります。

夜遅い時間にしっかり食べてしまう。。。というあなたは、お試しください!

もし『夕方に食事を摂る時間がない。。。』という場合は、別の方法が必要なため、こちらからパーソナルトレーニングにお越しください!

LINE@登録でダイエットエクササイズ動画を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せ、短時間できる痩せる筋トレなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

この記事が役に立ったと思われたら、こちらのSNSボタンを押してシェアをお願いいたします!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【“見た目を変える”ことで“なりたいカラダ”を作るボディメイクトレーナー】
無理のない身体作りメソッドと分かりやすい指導によって、週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ