タンパク質を増やした分、炭水化物を減らしてカロリーを調整しても痩せない理由とは? | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

タンパク質を増やした分、炭水化物を減らしてカロリーを調整しても痩せない理由とは? | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ダイエット理論

タンパク質を増やした分、炭水化物を減らしてカロリーを調整しても痩せない理由とは?

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

『タンパク質を増やした分、摂取カロリーが増えるから、炭水化物を減らせば良い。』

あなたはこう考えますか?

そうすると、『摂取カロリーは同じだから太らないよね!』と思うかもしれません。

確かに、カロリーを見ると帳尻合わせになっているので、見かけ上は痩せるかもしれませんね。

ですが、むやみに「タンパク質を増やした分、炭水化物を減らし」ても痩せません!

なぜなら、タンパク質と炭水化物は身体の中での働きが全く違うため、カロリーだけを見ていると逆に代謝が下がってしまうからです。

今日は、なぜ「タンパク質を増やして炭水化物を減らすと痩せるたった1つの条件」についてお話します!

タンパク質と炭水化物のカロリーは同じ!

タンパク質も炭水化物も、1gあたり4kcalです。

カロリーは全く同じなんです。

そのため、タンパク質を10g増やして炭水化物を10g減らしても同じ40kcalなので、帳尻は合うんです。

でも、タンパク質と炭水化物は身体の中での働きが全く違う!

タンパク質は、主に「筋肉や皮膚、髪の毛などの身体を作ってくれる材料」です。

炭水化物は、主に「身体を動かすエネルギー源」です。

これだけでも、働きの違いがわかりますね。

タンパク質は、身体を動かすエネルギーにならず、逆に炭水化物は身体を作る材料にはならないのです。

(本当はゼロか100かの話ではないですが、分かりやすく極端に書いてます。)

カロリーが同じなのでタンパク質を増やして炭水化物を減らすと帳尻は合いますが、身体の中での働きが全く違うので痩せないのです。

タンパク質は筋肉を維持して痩せやすくしてくれる!

先ほど、タンパク質の働きは、筋肉や髪の毛など身体を作る材料だと書きました。

以前、こちらの記事でタンパク質とダイエットの関係について書きましたので、ご覧ください。

タンパク質を増やすと得られるメリットは、筋肉を減らさず維持できるので、代謝が高く痩せやすい体をキープできることです。

炭水化物を減らすメリットは?

炭水化物を減らすメリットは、体脂肪の蓄積を少なくできるので、太りにくくなることです。

糖質制限ダイエットという言葉があるように、痩せることができます。

ですが、炭水化物を減らし過ぎが良くないのも事実です。

それについては、以前こちらの記事で詳しく書いてます。ご覧ください!

炭水化物(糖質)を減らし過ぎると、代謝が下がり痩せにくい体になってしまうのです。

タンパク質を増やして炭水化物を減らしてもデメリットが大きい!

タンパク質を増やすと、筋肉の維持につながり代謝が上がって痩せやすくなります。

ですが、炭水化物を減らすと身体全体のエネルギーが足りなくなります。

そうすると、足りないエネルギーは筋肉を減らして確保するため、炭水化物を減らしているとどんどん筋肉が減っていきます。

筋肉が減るということは代謝が下がり痩せにくくなっていきます。

つまりタンパク質を増やして代謝は上がると思いがちですが、炭水化物が少ないと代謝が下がる分が大きくなるため、痩せないのです。

結論、今のあなたの食事内容で痩せるかどうか決まります!

今あなたの食事内容が、
・1日に摂取するタンパク質が「体重×1.0g(50kgであれば、50g)以下」である。

・なおかつ1日に摂取する炭水化物が「1食ご飯茶碗2杯以上を3食(3食合計で茶碗6杯以上)」である。

この食事内容であれば、タンパク質を増やした分炭水化物を減らせば痩せる可能性は非常に高くなります。

この食事内容だと、タンパク質が少なすぎて筋肉が減り代謝が下がりやすいことと、炭水化物の摂り過ぎで体脂肪が付きやすいからです。

逆にこの食事内容でなければ、タンパク質を増やして炭水化物を減らしても痩せないです。

あなたの食事内容は、どうですか??

まとめ

タンパク質と炭水化物は、1gあたり4kcalというカロリーは同じですが、それぞれ体の中での働きが全く違います。

そのため、むやみに「タンパク質を増やした分、炭水化物を減らしても痩せません。」

今のあなたの食事内容によって、答えは多少変わってくることを忘れないでください!

今のあなたの食事が、
・1日に摂取するタンパク質が「体重×1.0g(50kgであれば、50g)以下」である。

・なおかつ1日に摂取する炭水化物が「1食ご飯茶碗2杯以上を3食(3食合計で茶碗6杯以上)」である。

この食事内容であれば、タンパク質を増やした分炭水化物を減らせば痩せる可能性は非常に高くなります。

もし今、『私はタンパク質を増やして炭水化物を減らせば痩せるのか知りたい』と思われたあなたは、こちらからパーソナルトレーニングにお越しください!

LINE@登録でダイエットエクササイズ動画を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せ、短時間できる痩せる筋トレなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

この記事が役に立ったと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアをお願いいたします!

PAGETOP
ページトップヘ