毎日ヒールを履いているあなたの背中痩せの筋トレはこれ!背中の肉のたるみの原因から解説します! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

毎日ヒールを履いているあなたの背中痩せの筋トレはこれ!背中の肉のたるみの原因から解説します! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ブログ

毎日ヒールを履いているあなたの背中痩せの筋トレはこれ!背中の肉のたるみの原因から解説します!

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

ヒールを履く日がほぼ週7日。
気になる体型の部分は、「背中の肉のたるみ」

ヒールを履いて背中が反っているから、姿勢は良くなる!と思いがちなのに、なぜかたるむ背中の肉。

ここでやりがちなのは、普段からもっと背中を反らせておこう!と意識すること。

ですが、普段から仕事に忙しいあなたが、日常で「仕事に全く関係ない姿勢のこと」を意識できる時間は約10~20分程度と言われています。

24時間あるうち、たった10~20分意識しても残念ながら、背中痩せを叶えるのは難しいです。

そんなあなたが、背中痩せするためには、「肩甲骨周辺の筋肉を使うこと」と「骨盤の傾きを前傾にすること」という2つのことが必要になります。

この2つができると、日常意識しなくても、全身の姿勢が背中痩せできる姿勢に整ってくれるからです。

今日は、ほぼ週7日ヒールを履いているあなたのための、背中痩せの筋トレをお伝えします!

ヒールと仕事が背中の肉のたるみを作っている!

ヒールを履くと、つま先立ちになり、背中も反らしてスラっと良い姿勢になる!
と本来ならなってくれるはずです。

背中が反っていて、背中の筋肉が使えていると、肩甲骨の動きが良くなるため、関節の動きの良いところには脂肪がつきにくいことからも、背中の肉がたるむことはなくなります。

ですが、ここに「仕事」が加わることで、簡単にこの姿勢が崩れてしまいます。

デスクワークと外出する仕事が原因!

『週7日ヒールを履くけど、デスクに座ってやる仕事と、バッグを持って移動・歩く仕事もある』というあなたの仕事が、姿勢を悪くする原因となります。

デスクに座って、背中が丸まり、骨盤が後ろに傾く。。。
ヒールを履いてるけど、バッグを持っているせいで、肩が前に出て余計に猫背に。。。

というヒールの良い効果を打ち消してしまい、肩甲骨の動きが悪くなり、背中の肉のたるみが出てくるのです。。。

「猫背で肩甲骨周りの筋肉が使いにくくなっていること」と、「骨盤が後ろに傾き、後傾すること」。
この2つが同時に定着してしまうと、どちらか1つを改善しただけでは、もう1つのせいでまた姿勢は逆戻りになります。。。

そうすると、いつまでも姿勢が変わらず、肩甲骨の動きが良くならないため、背中痩せができなくなります。

つまり、やることは、、、

「肩甲骨周りの筋肉と骨盤の傾き」の両方を改善すること!

どちらか1つを改善するだけでは、背中痩せできないなら、どちらも改善すればよいのです。

「肩甲骨周りの筋肉をしっかり使えるようにすること」
「骨盤の傾きを前傾に持っていくこと」

この2つを行っていくと、自然と背中の筋肉を使う姿勢になり、日常生活で肩甲骨がしっかりと動くので、背中痩せが叶っていきます。

今日は、そんなあなたのための、背中痩せの筋トレをお伝えします!

背中痩せの筋トレはこれ!

うつぶせになり、両手を耳の上、足をクロスさせて体を反らせます。
上半身はみぞおち辺りまで浮かし、脚は付け根から膝を伸ばして浮かせます。

アゴを引き、クロスした足同士を内側に押し合って1分キープします。

これで、骨盤の傾きを前傾に持っていくことができます。

その次に、
両手にダンベルかペットボトル(1.5~2kg程度)を持ち、少し膝を曲げて背中を反らせたまま、脚の付け根から体を前に倒します。腕はだらんとしたままでOKです。

太もも裏が少し伸びる位置で止めて、胸を張りながら、ダンベルをおへその方向へと持ってくるように、肩甲骨(背中)を内側に寄せます。

しっかり寄せたら、腕を最初に位置に下げて、再び肩甲骨(背中)を内側に寄せて、12回繰り返しましょう。

1つ目の筋トレで、骨盤を前傾にします。

2つ目の筋トレで、脚の付け根から体を倒すことで、骨盤前傾をしっかり定着させること。また、肩甲骨を内側に寄せるので、肩甲骨周りの筋肉をしっかり使える状態にすることができます。

この2つの筋トレで、「肩甲骨周りの筋肉をしっかり使えるようにすること」と「骨盤の傾きを前傾にすること」ができるため、日常でもしっかり肩甲骨が動き、背中痩せにつながります。

まとめ

ほぼ週7日ヒールを履くのに「背中の肉のたるみ」が気になっているとき、猫背になり骨盤が後傾していることが原因となります。

そんなあなたが背中痩せするためには、「肩甲骨周りの筋肉を使えるようにすること」と「骨盤を前傾に持っていくこと」ための筋トレを行う必要があります。

そうすることで、日常でもしっかり肩甲骨が動く状態が作れるため、背中痩せへとつながり「背中の肉のたるみ」が解消していきます。

『背中の肉のたるみが気になり、背中痩せしたい』というあなたは、ぜひお試しください!

もし紹介した筋トレで腰が痛くなってしまう場合は、別の筋トレが必要なため、こちらからパーソナルトレーニングにお越しください!

LINE@登録でダイエットエクササイズ動画を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せ、短時間できる痩せる筋トレなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

この記事が役に立ったと思われたら、こちらのSNSボタンを押してシェアをお願いいたします!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【“見た目を変える”ことで“なりたいカラダ”を作るボディメイクトレーナー】
無理のない身体作りメソッドと分かりやすい指導によって、週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》
PAGETOP
ページトップヘ