食べなきゃ痩せるって本当に当たり前?誰が言ったの? | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

食べなきゃ痩せるって本当に当たり前?誰が言ったの? | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ダイエット理論

食べなきゃ痩せるって本当に当たり前?誰が言ったの?

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

『食べなきゃ痩せるでしょ』


周りの知人や、お客様でも、こうおっしゃっている方は、

結構いらっしゃいます。



確かに、食べないと、体脂肪になるものも入って来ないので、

太らないし、


逆に、今体の中にある体脂肪を使うから、体脂肪が減って痩せると思いますよね。


でも、残念ながら、食べなきゃ痩せるは本当ではなく、

食べなきゃ痩せないです。


なぜなら、食べなくて、摂取カロリーが少なくなると、


体はそれに合わせて、消費カロリーも少なくしてしまうので、

結局、摂取カロリーと消費カロリーがイコールになり、体脂肪が減らないからです。


今日は、食べなきゃ痩せるが本当ではない理由について、詳しくお話しますね!

食べなきゃ痩せるは、勘違い!

食べなきゃ痩せそうな気がしますよね。


栄養が少なすぎて、体脂肪になることもなく、

エネルギー不足は、今ある体脂肪を減らしてエネルギーにするので、

体脂肪が減っていくような気がしてしまいますが、


これ、完全に勘違いです。


理由は、

食べないと、摂取カロリーが低くなり、もちろん栄養が少なすぎて、

体脂肪になることはほとんどないですが、


体は、減らした摂取カロリーに合わせて、その分消費カロリーも減らします。

そうなると、食べなきゃ食べない分だけの摂取カロリーで

なんとか消費カロリーをやりくりしようとするので、


結局、摂取カロリー=消費カロリーにしてしまうんです。


当然、ここまできっちりイコールの関係にはならず、

消費カロリーの方が多くなります。


じゃあ、その分のエネルギー不足は、どうするかというと、


体脂肪を減らして、ではなく、

筋肉を減らして、エネルギーに変えるんです。


筋肉が減るということは、代謝が下がりますよね。

つまり、食べないと、摂取カロリーが減って、体脂肪は増えないですが、


その分、消費カロリーを減らしてしまうことと、

筋肉を減らしてしまうことで、エネルギー不足を補うので、


体脂肪は減らないんです。

これ、体の仕組みです!

食べなくても、体脂肪が減らない理由、

なんとなくお分かりいただけましたか?


食べなくて、摂取カロリーを減らしても、


その分消費カロリーを減らし、筋肉を減らすことになるので、

全然体脂肪が減らず、痩せなくなるんです。


この消費カロリーを減らすのは、恒常性の維持


筋肉を減らすのは、糖新生


という、決まった体の仕組みです。

体の仕組みである以上、僕にもあなたにも例外なく当てはまるんです。


恒常性の維持と、糖新生について、少しだけ解説しますね。

・恒常性の維持とは?

恒常性の維持とは、簡単に言うと、

変化をさせず、変化したら元の状態に戻そうとする機能のことです。

(基本的に、命に関わるから備わっている機能です。)


体温って、だいたい一定ですよね?


今日は、36度。昨日は、30度。明日は、42度。

というような日々の変化はほとんどないはずです。

寒くて、体温が下がったときは、勝手に体を震わせて体温を上げようとしたり、

暑くて、体温が上がったときは、汗をかいて体温を下げようとするのも、

この恒常性の維持が働くから起こることです。


風邪や体調不良の時も、もちろん体温が上がって、それが数日続くこともありますが、

それは、菌やウイルスを殺すために体温を上げているだけで、

結果としては、治ると、体温は元に戻りますよね?


このような、体を常に元の状態(体温で言うと36度前後)に

戻そうとする機能のことを恒常性の維持と言います。


これが、働くことで、食べないで摂取カロリーを減らしても、

その分消費カロリーを減らすというようにして、

常に摂取カロリーと消費カロリーをなるべくイコールにするように

恒常性の維持が働いてしまうようにできているんです。


それもそうですよね。


摂取カロリーが増えすぎて、消費カロリーが減れば肥満になりすぎて、

病気になって、命に関わったり、


逆に、摂取カロリーが減って、消費カロリーが増えても、

栄養失調になって、命に関わりますから。


だから、常になるべく摂取カロリー=消費カロリーにしておきたいんです。

これが、恒常性の維持です。

・じゃあ糖新生とは?

糖新生とは、簡単に言うと、

筋肉を削って、それをエネルギーに変えることです。


摂取カロリーが減って、エネルギー不足になると、

先ほど解説した恒常性の維持が働いて、消費カロリーが減るんですが、


完璧にイコールになることは、ありません。


それは、

摂取カロリーは、本当に何も食べなきゃゼロにできますが、


消費カロリーは、常に脳が働いていたり、筋肉が働いていたり、内臓が動いているので、

ゼロになることはありえないからです。


ということは、摂取カロリーをめちゃくちゃ減らしても、

消費カロリーの方が多くなるということです。


じゃあ、その分のエネルギー不足は、どうやって補うかというと、

筋肉を減らして、エネルギーに変えるんです。


なんで体脂肪じゃなくて、筋肉なのかというと、

筋肉はあればあるだけ消費カロリーが増えるからです。

摂取カロリーが減った分、消費カロリーを減らしたいので、


より効率的にそれができるのは、

無駄にカロリーを消費する筋肉を減らすことですよね。

もちろん、体脂肪が減るのがゼロではありませんが、

断然筋肉の方が減るということです。


そうすることで、筋肉を減らし、消費カロリーを減らせて、

さらに、その筋肉をエネルギーにできて、一石二鳥なわけです。


これが、エネルギー不足の時に起こる、糖新生です。

だから、食べなきゃ痩せない!

先ほど解説した「恒常性の維持」と、「糖新生」

という2つの体の仕組みのせいで、

食べなきゃ痩せるは、本当ではなく、勘違いなんです。


食べなきゃ、その分、消費カロリーが減って、筋肉が減るので、

体脂肪が減らなくなるからです。


なので、食べなきゃ痩せないを実践してても、痩せていない場合は、


食べないと、痩せないので、

まずは、少しずつ食べる量を増やしてみてくださいね!

こちらの公式LINEアカウントに登録すると、部位別ダイエットエクササイズ動画20本以上を無料でプレゼント!【その後は、定期的にダイエット情報を配信】

友だち追加

この記事が面白いと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアしてくださると嬉しいです!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【“見た目を変える”ことで“なりたいカラダ”を作るボディメイクトレーナー】
無理のない身体作りメソッドと分かりやすい指導によって、週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ