ダイエットの停滞期って、どれくらいの期間続くの?平均すると○週間! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

ダイエットの停滞期って、どれくらいの期間続くの?平均すると○週間! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ブログ

ダイエットの停滞期って、どれくらいの期間続くの?平均すると○週間!

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

ダイエットにおける停滞期。

これ、あなたも1度は経験したことあるかもしれませんね。


この停滞期が来ると、精神的に少し落ち込んでしまって、

『もういいや!』ってなりそうになったり、

『この停滞期、どれくらいの期間続くの!?』と思われるので、


今日は、そんな停滞期の期間をお伝えしますね。

ほぼ個人差なので、平均すると、だいたい2~3週間です。


なぜなら、ダイエットを始めたことによって、


変化した消費カロリーと摂取カロリーのバランスに

体の適応が追い付くのにかかる期間だからです。


今日は、停滞期の期間が平均すると、2~3週間である理由についてお話しますね!

停滞期の定義って何?

このダイエットの停滞期の定義ですが、

シンプルに、1週間以上体重が減らないことと考えています。


体重は1日でも変化しますが、

それは体脂肪ではなく、水分量の変化がかなり大きいので、

今日と明日で体重が変化しなかったとしても、停滞期と考えません。


短期の体重の変化が、体脂肪ではない理由は、こちらの記事をご参考にしてください。

そのため、1週間以上体重の変化がなければ、停滞期と考えます。

これが停滞期の定義です。

停滞期ってなんで起こる?

ダイエットをして、体重を減らそうと思うと、

必ず、消費カロリーを増やして、摂取カロリーを減らすという

消費カロリー>摂取カロリーにしなければいけません。


停滞期が、起こるのは、

そうやって変化させた消費カロリーと摂取カロリーのバランスに、


体の適応が追い付かないことが原因です。


それは、体には、恒常性(ホメオスタシス)の維持といって、


体温が上がったら下げる、下がったら上げるのような、

変化したら元に戻そうとする機能を持っているからです。
(命を守るためです)


そのため、ダイエットを始めて、

消費カロリー>摂取カロリーにすると、

もちろん、体としては、

出ていくカロリーの方が、入ってくるカロリーより多いので、

エネルギー不足の状態になり、「あれ?これ命が危なくなるんじゃない?」


と考え、そのバランスを

消費カロリー=摂取カロリーへと、なるべく元に戻そうとするんです。


なので、一時的に、消費カロリーと摂取カロリーがイコールになり、

痩せなくなって、停滞期になるんです。


これが、停滞期が起こる理由です。

体が適応するのに、2~3週間かかる

ダイエットを始めて、消費カロリー>摂取カロリーにしても、


体はそれを「命が危ないかもしれない」と考えて、

消費カロリー=摂取カロリーへと戻そうとするので、

痩せない停滞期が来てしまうんです。


それでも、消費カロリー>摂取カロリーにして、

ダイエットを頑張っていると、


そのうち体は、「あれ?別にこのままでも生きていけてるね」と判断し、

消費カロリー=摂取カロリーに戻すことを、徐々に緩めていきます。


そうして、体が元に戻さなくなってくれると、

しっかり消費カロリー>摂取カロリーになるので、

停滞期から抜け出し、痩せていくことができます。


そして、この体が「あれ?別にこのままでも生きていける」と判断し、

適応するまでに、だいたい平均して2~3週間かかるんです。(個人差はあります)


そのため、痩せない停滞期の期間は、平均して2~3週間ということになります。

やけにならずに頑張れると報われる!

以前も、2週間ほど体重が停滞していたお客様がいらっしゃいましたが、

『2~3週間経っても、落ちなければ、食事の調整をしましょう』


とお伝えし、なんとか2~3週間あんまり変わらない体重のまま

食事も運動も頑張っていただきました。


そうすると、2週間ちょっとで、

『また体重が1kgポンっと減りました!』との報告がありました。


その時は、嬉しかったと同時に、ホッとしました(笑)


このように、停滞期が来たときは、まず2~3週間そのまま

様子を見てみて、それでも落ちなければ、

食事内容や運動の見直しをしてみると良いですよ!

他の停滞期の抜け出し方については、こちらの記事をご参考にしてください。

まとめ

ダイエットしていると起こる停滞期は、


体が、消費カロリー>摂取カロリーに適応できずに、

消費カロリー=摂取カロリーに戻そうとすることで、

起こります。


この停滞期の期間は、体が消費カロリー>摂取カリーでも大丈夫と判断し、

消費カロリー=摂取カロリーに戻そうとしなくなる2~3週間続きます。


そのため、個人差もありながら、

停滞期の期間は平均2~3週間と考えていてください。


もし停滞期が来たときは、2~3週間そのままの食事や運動を続けてみると、

2~3週間後にまた体重が落ちてきますよ!


それでも落ちない時は、食事や運動を見直してみてくださいね!

こちらの公式LINEアカウントに登録すると、部位別ダイエットエクササイズ動画20本以上を無料でプレゼント!【その後は、定期的にダイエット動画を配信】

友だち追加

この記事が面白いと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアしてくださると嬉しいです!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【“見た目を変える”ことで“なりたいカラダ”を作るボディメイクトレーナー】
無理のない身体作りメソッドと分かりやすい指導によって、週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ