「筋トレは辛いものですが、辛くなくなることってあるんですか?」の答え | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

「筋トレは辛いものですが、辛くなくなることってあるんですか?」の答え | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ブログ

「筋トレは辛いものですが、辛くなくなることってあるんですか?」の答え

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

先日、こんなご質問をいただきました。
『筋肉がなさ過ぎて、ジムでの筋トレが辛いです。どれくらい通えば辛くなくなりますか?』

確かに、筋トレは辛いです。
なるべくなら、その辛さを軽減したいと思うのは当然ですよね。

ただ、残念ながら、筋トレが辛いというのは、何か月、何年通っても
辛くなくなることはないです。

なぜなら、多少辛い筋トレでないと、筋肉がつかないので、
筋トレをする意味がなくなってしまうからです。

今日は、筋トレがいつまで経っても辛いもので、辛くなくなることはない理由についてお話しますね!

筋トレは筋肉をつける運動

筋トレは、筋力トレーニングとも言う通り、
筋肉をつけるための運動です。

筋肉が増えて、筋肉が強くなって、筋肉がつく。
これができるのが筋トレです。

なので、ウォーキングなどの有酸素運動は、
基本的に筋トレとは言いません。

なぜなら、筋肉をつける、筋肉を増やすための運動ではないからです。

なので、筋トレは筋肉をつけるための運動なんです。

筋トレは辛いもの

筋肉をつけるためには、
筋肉にそれなりの強い負荷や刺激を与える必要があります。

なぜなら、

筋肉は強い負荷や刺激を与えられたときにはじめて
「このままだと次同じ刺激が来たときに負けてしまう」と危機感を持ち、

「次は負けないように筋肉を増やしておこう」と判断するからです。

なので、特に筋肉に対して負荷や刺激がないと、
筋肉は「別に増やさなくてもいい」と思うので、
筋肉が増えたり、筋肉がつくことはありません。

日常生活をただ送っているだけで、
『あれ?なんか筋肉ついてきたな』って思うことはないですよね?

これはつまり、

筋肉をつけるための、強い負荷や刺激は、
日常生活レベル以上のものでないといけないということです。

それぐらい強い負荷や刺激を与えて初めて
筋肉がついてくる筋トレになるんです。

なので、

日常生活でもあり得るぐらいの負荷や刺激では足りないため、

ダンベルなどの重りを持ったり、キツイを感じるまで行ったりするので、
筋トレは辛いものになるんです。

筋トレは辛くなくなるのか?

じゃあ、ジムに通い続けて、筋トレをし続けていれば、
筋トレが辛くなくなるのかというと、

そんなことはありません。

なぜなら、辛くない筋トレでは、筋肉がつかないからです。

先ほどもお伝えしたように、筋トレは、
筋肉に強い負荷や刺激を与えないといけません。

ただ、僕たちの体は適応するようにできているので、

例えば、10kgの重りを持って筋トレをして
強い負荷や刺激を筋肉に与えていても、
だんだん同じ10kgの重りの負荷や刺激に筋肉が慣れてきます。

そうすると、『10kgだと辛くなくなってきた!』と感じてきます。
じゃあどうなるかというと、

筋肉がそれ以上つくことがなくなるんです。

なぜなら、それは、筋肉にとって強い負荷や刺激ではなくなったことを意味するからです。

なので、10kgの重りの負荷や刺激に慣れてきたら、
次は、11kgの重りに増やして筋トレするということが必要なんです。

少し重くなることで、
筋肉にとってはまた強い負荷や刺激になり、
「筋肉をつけないと、次また同じ負荷が来たら負けてしまう」と思わせられるので、

また筋肉がついてくる筋トレになります。

当然、11kgに重りを増やしたので、また辛いと感じる負荷や刺激になり、
11kgでも辛くなくなれば、今度は12kgに増やして、、、という感じで、

筋トレは、その繰り返しなので、いつまで経っても、辛いものなんです。

なので、『どれくらい通えば、筋トレが辛くなくなるのか?』の答えは、

「いつまで経っても筋トレは辛いまま」ということになります。

分かりやすく10kg、11kg、12kgの重りで表現しましたが、
本当はこんなに単純な話ではなく、
重りを増やすこともあれば、筋トレの種類を変えることもあります。


要は、筋肉にとって楽な刺激にさせず、
常に強い負荷や刺激を与えましょうね。ということです。

なので、筋トレはずっと辛いんです。。。

ただし無理しないのが1番

ただ、そうは言っても、
「辛い」と感じる基準も人それぞれなので、

無理やり『あの人はもっと辛いことしてる!』とか
『まだまだいける!』とやるのはオススメしません。


あなたにはあなたなりのペースや辛さの我慢の限界があるので、
そこは無理せず、あなたの基準でやるのが正解です。

『きつすぎるのは無理だから、チョコっとキツイぐらいがいい』のも正解ですし、
『もうちょっと辛くても大丈夫!』というのも正解です。


基準はすべてあなたが正解なので、
無理しないことが1番です。

辛いと感じればOKというのが筋トレの目安なので、
あなたが無理しない『辛い』と思う基準で筋トレを続けてみてくださいね!


そうすれば、必ず筋肉はついて、痩せやすい体になりますよ!

僕のパーソナルトレーニングでは、無理しないことをまず第一に
いつもお伝えさせていただいています。
自分のペースで、無理せず筋トレを続けたい場合は、ぜひご相談ください!

公式LINEアカウントで定期的にダイエット情報や健康情報を配信してます。ご質問やコメントもお気軽にどうぞ!登録はこちら↓

友だち追加

この記事が面白いと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアしてくださると嬉しいです!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【見た目を変えることでなりたい体を作るボディメイクトレーナー】
過去に無理な減量方法などによって優勝を逃した悔しさから、アフリカに2年間柔道を教えに行くタイミングで、身体について猛勉強し、無理のない身体作りメソッドを生み出す。
言葉や文化の異なるアフリカでいかに分かりやすく指導するか試行錯誤した結果、全国チャンピオンを輩出。
日本に帰国後、理論と指導法に磨きをかけ、女性のボディメイクに応用し、分かりやすい指導と週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。
詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ
ダイエット・健康情報・発信中!!LINEサポートはこちら 24時間受付中!!お問い合わせはこちら