筋肉をつけて代謝を上げるには、キツめの筋トレをするべき理由。 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

筋肉をつけて代謝を上げるには、キツめの筋トレをするべき理由。 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00

先着7名様限定 体験予約はこちら

LINE登録はこちら

ブログ

ブログ

筋肉をつけて代謝を上げるには、キツめの筋トレをするべき理由。

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

筋肉をつけて代謝を上げて、痩せやすい体にする。
それがダイエットの秘訣でもあり、効率の良い方法でもあります。

筋肉をつけるためには、筋トレをすることが必要ですが、

その筋トレは、キツめの強度で行わないといけません。

なぜなら、キツくない筋トレで、筋肉がつくことはないからです。

今日は、筋肉をつけて代謝を上げるには、キツめの筋トレをするべき理由についてお話しますね!

筋肉をつければ代謝は上がる

筋肉が1kg増えれば、

1日約13kcal消費カロリーが上がる

と言われています。


また、筋肉を維持したり増やすには栄養も必要なので、
筋肉が増えた分、栄養も必要になり、

いつもと同じ量の食事を摂っていても、
筋肉へと送られる栄養が多くなり、

その分、体脂肪へと送られる栄養が減るので、
体脂肪が増えにくくなります。

また、筋肉があるほうが、

体脂肪を分解する酵素も活性化しやすくなり、
体脂肪が減りやすくなるんです。

主にこれらの理由から、
筋肉をつければ、代謝が上がり、痩せやすくなることがわかっています。

筋肉をつけるには筋トレしかない

じゃあ、筋肉をつけるには、何をすればいいかというと、

筋トレしかありません。

筋トレをすることでしか、筋肉をつけることはほぼできません。

なぜなら、筋肉をつけるには、筋肉に日常生活にはない
強い強度や負荷をかけて、刺激を与えないといけないからです。

日常生活にあるぐらいの、「立って座って」とか、
駅までちょっと歩く程度の刺激は、
筋肉にとっては普通のことなので、
それぐらいでは、筋肉がつくことはありません。


そうではなく、筋肉に、日常生活にはない
強い強度や負荷、刺激が与えられて初めて

「あれ?このままだと刺激に負けてしまう」と
筋肉が危機感を持ち、

「このままじゃ、次同じ刺激が来たら負けて筋肉がつぶれちゃうから、
もっと筋肉を強くしないと」
と判断して、筋肉がついていくんです。

この筋肉に「ヤバイ!」と思わせるぐらいの
強度や負荷、刺激が必ず必要で、

それがないと、筋肉がつくことはないんです。

キツめの筋トレが必要な理由

なので、筋肉をつけて代謝を上げるには、

キツめの筋トレが必要なんです。

そうしないと、先ほどもお伝えしたように筋肉がつかないからです。


筋肉に「ヤバイ!」と思わせる強い強度や負荷、刺激がないと、
筋肉は「別に強くする必要ない」と判断するので、
筋肉がつかないんです。


キツめの筋トレの目安としては、

10回前後で限界になる重さや負荷を設定することです。

例えば、スクワットなら、
10回ぐらい行ったら、「もう次しゃがむと立てないかも」ぐらいになるように
重さや負荷を調節することが必要です。


ただ、100回やって限界になるなら、キツめの筋トレになるので、
それでも良いですが、回数が多いと、今度はストレスが多くなり、
逆に筋肉がつきづらくなります。

これはまた別の話なので、詳しくはこちらをご参考にしてください。↓

有酸素運動にならないように!

ちなみに、きつくない楽な筋トレは、

ただの有酸素運動です。

しかも時間が短いだけの有酸素運動です。

楽な筋トレと言っても、
30分も1時間も連続してできないと思います。

1時間もぶっ続けでスクワットできますか?
考えただけで嫌ですね。。。


ただ、そこまでぶっ続けでスクワットするなら、
必ずキツめの筋トレになるので、それなら良いかもしれませんが、
先ほどもお伝えしたように、ストレスが大きくなるので、
あまりオススメしません。


つまり、楽な筋トレは、ただの短めの有酸素運動なので、
「それなら、有酸素運動やったほうが良いんじゃない?」
ということになります。

そのほうが消費カロリーが多くなるからです。


ただ、有酸素運動だと筋肉がつかないので、
代謝を上げるには効率が悪く、それもオススメしません。

なので、筋肉をつけて代謝を上げるなら、
10回前後で限界になる強度や負荷に設定して、キツめの筋トレをしてみてくださいね!

まとめ

筋肉をつけて代謝を上げて痩せやすい体にするためには、

キツめの筋トレをすることが必ず必要です。

なぜなら、キツめの筋トレじゃないと、
筋肉がつくことはないからです。

なので、『筋肉をつけて代謝を上げたい!』と思われていれば、
10回前後で限界になるように重さや負荷を設定して、
強めの強度で、筋トレするようにしてみてくださいね。

自分に合った重さや、筋トレのフォームがわからない場合は、
パーソナルトレーニングにお越しください。
あなたに合ったやり方でトレーニングして、効率よく筋肉をつける方法をお伝えします!

公式LINEアカウントで定期的にダイエット情報や健康情報を配信してます。ご質問やコメントもお気軽にどうぞ!登録はこちら↓

友だち追加

この記事が面白いと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアしてくださると嬉しいです!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【見た目を変えることでなりたい体を作るボディメイクトレーナー】
過去に無理な減量方法などによって優勝を逃した悔しさから、アフリカに2年間柔道を教えに行くタイミングで、身体について猛勉強し、無理のない身体作りメソッドを生み出す。
言葉や文化の異なるアフリカでいかに分かりやすく指導するか試行錯誤した結果、全国チャンピオンを輩出。
日本に帰国後、理論と指導法に磨きをかけ、女性のボディメイクに応用し、分かりやすい指導と週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。
詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ
無料でダイエット動画プレゼントLINE登録はこちら 先着7名様限定価格での体験予約はこちら