1食抜いた分を次の食事で摂ると太ります!お昼ご飯食べなかった分を夜ご飯にプラスすると太る理由 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

1食抜いた分を次の食事で摂ると太ります!お昼ご飯食べなかった分を夜ご飯にプラスすると太る理由 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

042-595-7334 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ブログ

1食抜いた分を次の食事で摂ると太ります!お昼ご飯食べなかった分を夜ご飯にプラスすると太る理由

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

お昼ご飯を食べる時間がなくて、1食抜いたまま夜ご飯の時間に!
普段お仕事が忙しい日だと、こんなこともありますよね。。。

そうすると、必ずとてつもない空腹が襲ってくるため、夜ご飯にどうしてもドカ食いになってしまいます。

でも、『お昼食べてない分、カロリーが足りてないから、その分を夜ご飯に多めに食べても太らないよね』
と思ってしまいがちですが、それは間違いで確実に太ります。

なぜなら、1回の食事で処理できる栄養の量は決まっているため、お昼の分と夜の分を同時に摂れば、カロリーオーバーとなり処理しきれなかった分がすべて体脂肪になってしまうからです。

今日は、お昼ご飯食べなかった分を夜ご飯にプラスすると太る理由についてお話します!

1回の食事で処理できる栄養の量は決まっています!

1回の食事で処理できる栄養の量は決まっています。
そのため、3食に分けて食事を摂っているのです。

この1回で処理できる量を超えてしまった分が体脂肪として蓄積されるため、太っていくのです。

そのためお昼ご飯の分と夜ご飯の分を同時に摂ると太るのです。

2食分を一気に食べることになり、完全に処理できる量をオーバーしているため、体脂肪として蓄積される量も多くなり太ってしまうのです。

『お昼ご飯を食べていないので、カロリーが足りていない』というのは正解ですが、それが夜ご飯にプラスしても良いということはなく、太ってしまうのが体の仕組みです。

さらにもう一つあります。。。

お昼ご飯を食べていないと、朝ご飯から夜ご飯まで何も食べていませんね。

食事と食事の時間が約7時間を超えると身体が省エネモードとなり、なるべくカロリーを消費せず溜め込もうとしてしまいます。
そのため、7時間以上空いてからの食事は、いつもよりも余計に栄養を吸収・蓄積してしまうため、体脂肪の蓄積が多くなってしまいます。

この体の仕組みの影響で、お昼ご飯を食べずに夜ご飯を食べるといつも通りの量でも太りやすくなります。

そこに加えてお昼ご飯の分まで食べてしまうと、体脂肪が増える量はさらに多くなってしまうのです。

これらの理由から、1食抜いた分を次の食事で摂ると太ってしまうのです。

じゃあ食事と食事の間が空くときはどうすればいいの??

そんな時にいつも私がオススメしている2つのことがあります。

1つ目は、なるべく間で「おにぎり1つだけでも食べる」ということです。

それだけで、体を省エネにしないために必要な『ブドウ糖』が摂れるため、体脂肪を溜め込まないようにすることができます。
ブドウ糖については、以前に書いたこちらの記事をご参考にしてください。

そして、2つ目は「夜ご飯はいつも通りの量にする」ということです。

この2つのことで、太る理由をなくすことができます!

まとめ

1食抜いた分を次の食事で摂ると太ります。
つまり、お昼ご飯を食べれなくて夜ご飯にその分をプラスすると確実に太ってしまいます。
それは、1回の食事で処理できる栄養の量を超えることと、食事と食事の時間が空きすぎることによって、体脂肪の蓄積が多くなってしまうからです。

ですので、それを防ぐためには、
1.間でおにぎり1つだけでも食べること
2.夜ご飯をいつもの量だけ食べること

この2つで、太ることを避けられます!

もし、『もっと変則的な食生活なんだけど、、、』と思われたあなたは、こちらから1度体験トレーニングにお越しください!

LINE@登録でダイエットエクササイズ動画を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せ、短時間できる痩せる筋トレなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

PAGETOP
ページトップヘ