正月は絶対に太る??太るのを防ぐダイエット方法は、お餅とおせちに気を付けること。 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

正月は絶対に太る??太るのを防ぐダイエット方法は、お餅とおせちに気を付けること。 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ダイエット理論

正月は絶対に太る??太るのを防ぐダイエット方法は、お餅とおせちに気を付けること。

あけましておめでとうございます!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

正月休み、実家に帰ったり、出かけずお家でゆっくりしたり。
年末年始ぐらいはなるべく日ごろのストレスから解放されゆっくりしたいですね。

ただ、この時期を超えるといつも待っているのは、『体重が増えて太った。。。』
という現実。

そんなあなたが、太らないようダイエットするためにはお餅とおせちに気を付けることが大事です!

なぜなら、お餅は1つにつきご飯茶碗1杯ぐらいの糖質が含まれていること。

おせちに使われている料理は、糖質(特に砂糖)が意外と多いものが多いからです。

今日は、正月に太るのを防ぎダイエットするには、お餅とおせちに気を付けることが必要な理由についてお話します!

お餅は食べ過ぎ注意!

あんこや砂糖などはないのが前提として、、、

お餅は、もち米をぎゅっとしてあるものなので、1つにつきだいたいご飯茶碗1杯ぐらいの糖質が含まれています。

そのため、一気に3~4個食べてしまうとご飯茶碗軽く3~4杯分になってしまうことになります。。。

そう考えると太りやすいですよね。。。
『あんな小さいのに』と思ってしまいますが、1食で1つまでにしておけると良いです。

おせちは色々な料理が入っているけど。。。

おせちは、伊達巻や黒豆、数の子など色々入っていますね。

どの料理にも共通して、作るときに砂糖が使われやすい(すべてではないと思いますが。。
)のが特徴です。

そのため、意識せずにいると糖質の量がどんどん多くなり太りやすいです。

特に、栗きんとんや黒豆などのもともとの食品に糖質が多いものや、伊達巻などの甘く味付けされたものに気を付けてください!

極めつけは、お餅+おせち!

お餅とおせちが組み合わさると、糖質がかなり多くなってしまいます。

そのため、お餅を食べるのであれば、おせちの糖質の多いものは食べず魚や野菜だけにするようにしてあげてください!

逆におせちで糖質の多いものを食べるのであれば、お餅は食べないようにしてあげてください!

まとめ

お餅もおせちも糖質が多くなりやすいです。

お餅は1つで軽くご飯茶碗1杯の糖質が含まれており、
おせちはもともとの糖質が多いものと味付けで糖質が多くなるものがあります。

そのため、
お餅を食べるのであれば、おせちの糖質の多いものは食べず魚や野菜だけにするようにしてあげてください!

逆におせちで糖質の多いものを食べるのであれば、お餅は食べないようにしてあげてください!

正月に『また太ってしまったから痩せたい!』というあなたはこちらから1度体験トレーニングにお越しください!

LINE@登録でダイエットエクササイズ動画を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せ、短時間できる痩せる筋トレなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

改めまして、あけましておめでとうございます!

昨年10月より独立し、パーソナルトレーニングジムASmakeをオープンしてから約3カ月。
たくさんのお客様に来ていただき、本当にうれしいです。

今年も変わらず、ダイエットの悩みをなくし、女性がなりたいカラダを手に入れ笑顔になるサポートするために考え進んでいきます。

いまだお会いしていないあなたにも、ダイエット・ボディメイクに必ず役立つ情報を今年も届けていきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

ボディメイクスタジオASmake
山﨑将太

この記事が役に立ったと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアをお願いいたします!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【“見た目を変える”ことで“なりたいカラダ”を作るボディメイクトレーナー】
無理のない身体作りメソッドと分かりやすい指導によって、週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ