残るは背中のお肉だけ。背中痩せだけしたいときの筋トレは1つ!肩甲骨を動かすことが必要です。 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

残るは背中のお肉だけ。背中痩せだけしたいときの筋トレは1つ!肩甲骨を動かすことが必要です。 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ブログ

残るは背中のお肉だけ。背中痩せだけしたいときの筋トレは1つ!肩甲骨を動かすことが必要です。

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

お腹もスッキリしてきて、体重も落ちてきてかなり痩せてきた!

でも、背中の脂肪がもうちょっと残ってる。

こんな体型の悩みありませんか?背中の脂肪が残るのにも、ちゃんと理由があります。

それは、肩甲骨の内側と下への動きが少なくなっているせいで、脂肪が落ちにくくなっているから起こるのです。

そのため、残りの背中痩せには、肩甲骨を内側と下へ動かすように筋トレすれば、ちゃんと残った背中の脂肪は落ちてくれます。

今日は、背中の脂肪が残っている理由と、背中痩せだけしたいときの筋トレを1つご紹介します!

なぜ痩せたのに、背中の脂肪だけ残っているのか?

脂肪は、関節の動きが悪いところにつきやすい性質があります。

そのため、背中の脂肪が残っているということは、背中の動きが悪くなっているということです。

背中にある骨は、肩甲骨です。

この肩甲骨の動きが悪くなり、背中の脂肪が落ちにくくなってしまい、痩せても残っているのです。

ただし、単純に肩甲骨の動きが悪いわけではなく、肩甲骨のある動きが悪くなっているのです。

それが、肩甲骨の内側と下への動きです。

肩をすくめる肩甲骨の上へ動きと、遠くにあるものを手を伸ばして取ろうとするときの肩甲骨の外側への動きは、比較的日常でも行われやすいので、背中の脂肪の落ちやすさに関係してきません。

そのため、痩せても背中の脂肪が残るのは、肩甲骨の内側と下への動きが少なくなっているから起こるのです。

つまり、肩甲骨を内側と下へ動かせばよい!

この背中の脂肪を落として、背中痩せするためには肩甲骨を内側と下へ動かせばよいのです!

そのための筋トレも1つでちゃんと行うことができます。

今日は、そんな背中痩せの筋トレを1つご紹介します!

具体的な筋トレはこれ!

両手にタオルを持ち、肩幅より少し広めに持ちます。そのままタオルを少し外に引っ張ってバンザイします。

手首が折れないように、まっすぐのままタオルが頭の後ろを通るように下ろしてきます。

下ろせるところまで下ろしたらまたバンザイします。
肩をすくめて上げないように気を付けながら10回繰り返しましょう。

肩をすくめないようにすることで、肩甲骨が上に動くことを防ぎます。

そのまま、タオルを上下させることで、肩甲骨が自然と内側と下へ動くので、足りなかった肩甲骨の動きが引き出せ、背中の脂肪が落ちやすくなります。

まとめ

『全体的にスッキリしてきたけど、背中の脂肪だけまだ残ってる。』というとき、肩甲骨の内側と下への動きが少なくなっているせいで、背中の脂肪が落ちにくくなっていることが原因です。

そのため、その肩甲骨の内側と下への動きをつける筋トレを行えば、残った背中の「脂肪が落ちて、背中痩せすることができるようになります。

もし『お腹もスッキリして全体的に痩せたけど、背中の脂肪が残ってる!』というあなたは、お試しください!

『やってみても、肩に力が入ってうまくできない。。。』というあなたは、フォームの修正が必要なため、こちらからパーソナルトレーニングにお越しください!

LINE@登録でダイエットエクササイズ動画を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せ、短時間できる痩せる筋トレなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

この記事が役に立ったと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアをお願いいたします!

PAGETOP
ページトップヘ