夜勤で、夜中動いてても食べれば太る!理由は、夜に体脂肪が増えやすい体の仕組みがあるから! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

夜勤で、夜中動いてても食べれば太る!理由は、夜に体脂肪が増えやすい体の仕組みがあるから! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ダイエット食事法

夜勤で、夜中動いてても食べれば太る!理由は、夜に体脂肪が増えやすい体の仕組みがあるから!

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

『夜勤で夜中は仕事で動いているから、少しぐらい食べても太らないよね』
夜勤中もカロリーを消費しているからと、食べても大丈夫と思いがちです。

あなたもそう思われて、夜勤中の夜中に食べてしまっていませんか?

ですが、たとえ夜勤中で動いてカロリーを消費してても、夜中に食べれば太るのです。

なぜなら、太陽が沈んでから約2~3時間後には、体は体脂肪を溜め込む仕組みがあり、次の日太陽が昇るまで、その体の状態が続くので、夜中に食べると体脂肪が増えやすいからです。

今日は、夜勤で夜中動いてても食べれば太る理由についてお話します!

夜は体脂肪が蓄積しやすい体の仕組みがある!

地球に住んでいる限りは、太陽とともに生活しています。

太陽の光で、私もあなたもリズムが決まっているので、太陽の光がある日中は活動的で、代謝が高く、脂肪を燃焼しますが、夜はその逆のリズムがあります。

太陽が沈んで太陽の光がなくなってから約2~3時間後に、休むように体を持っていくので、代謝を低くしてなるべく脂肪も溜め込むようになります。

これは、昔から体内時計という身体の仕組みとして備わっているため、太陽の光がある限り逆らうことはできないのです。

この理由から、夜は体脂肪が蓄積しやすいという体の仕組みが備わっているのです。

夜勤で動いてカロリー消費してても関係ないのです!

『夜勤の仕事で、夜中動いてカロリーを消費しているから、少しぐらい食べても太らない』と思いがちですが、先ほど書いた通り、夜に体脂肪を蓄積する体の仕組みがあるため、そんなことはなく、夜勤で夜中動いていても、食べれば太るのです。

これが夜勤で夜中動いていても食べれば太る理由です。

夜に体脂肪を蓄積しやすい体の仕組みがあるため、夜勤で太らないための食事の仕方をお伝えするとこうなります。

朝、太陽が昇ってから食事を摂ること!

夜太陽が沈んでから約2~3時間から次の日太陽が昇るまで、体脂肪が蓄積しやすいからあの状態が続くため、夜勤で太るのを防ぐには、太陽が昇ってから食事を摂るしかないのです。

夜から始まった夜勤でも、夜中の間はなるべく食事を摂らず、太陽が昇り始める5~6時に食事を摂るようにしてください。

そうすると、夜の体脂肪が蓄積しやすい時間に食べないので、体脂肪が増えることを防げ、太らない対策になります。

夜勤~夜勤明けの太るのを防ぐ食事については、以前のこちらの記事をご参考にしてください!

まとめ

太陽が沈んでから2~3時間後から、次の日太陽が昇るまでは、体脂肪が蓄積しやすい体の仕組みが備わっています。

そのため、たとえ夜勤で、夜中体を動かしていてカロリーを消費していても、その時間に食べると太るのです。

太らない対策をするためには、太陽が昇り始める5~6時に食事を摂るようにしてください。

それだけで、体脂肪が蓄積する時間に何も食べずに済むため、体脂肪が増えずに太ることを防げます。

『夜勤中の夜中に食べてしまう。。』という場合は、ぜひお試しください!

『もっと食生活をイチから見直したい』と思われたあなたは、こちらからパーソナルトレーニングにお越しください!

LINE@登録でダイエットエクササイズ動画を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せ、短時間できる痩せる筋トレなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

この記事が役に立ったと思われたら、こちらのSNSボタンを押してシェアをお願いいたします!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【“見た目を変える”ことで“なりたいカラダ”を作るボディメイクトレーナー】
無理のない身体作りメソッドと分かりやすい指導によって、週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ