「低負荷で高回数の筋トレ」で引き締まるのは、間違いです! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム ASmake

「低負荷で高回数の筋トレ」で引き締まるのは、間違いです! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム ASmake

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00

先着7名様限定 体験予約はこちら

LINE登録はこちら

ブログ

ダイエット理論

「低負荷で高回数の筋トレ」で引き締まるのは、間違いです!

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

昔よりは、かなり少なくなりましたが、
今でもたまに、

『体を引き締めるなら、低負荷で高回数の筋トレが良いんですよね?』
とおっしゃる方がいます。

確かに昔は、「女性が体を引き締めるなら、軽い重さで、回数を多くやるのが良い」
と言われていました。

ですが、残念ながら今は違います。

なぜなら、低負荷で高回数の筋トレは、筋肉がつかないので、ほとんどやる意味がないからです。

今日は、低負荷で高回数の筋トレで引き締まるのが間違いである理由についてお話しますね!

低負荷で高回数の筋トレは、短い有酸素運動

低負荷で高回数の筋トレは、

ただ短い有酸素運動をしているだけです。


なぜなら、そんなにきつくない上に、時間も短いからです。

軽い重さのダンベルや重りで、ヒョイヒョイと回数を多くして
筋トレしても、あまりきつくなって来ないですよね?
(きつくなるまでやれば、当然別の話ですが、それは次の項目でお話します)

ということは、きつくない運動をしているということになるので、
軽くジョギングするのと同じです。

軽いジョギングだったら、30分とか1時間ぐらいできますよね。

でも、軽い重さの筋トレは、せいぜい50回とか100回ぐらいです。
そうすると、1回2秒だとしても、約1分半~3分ぐらいです。


どちらも同じ有酸素運動だとすると、
当然、30分~1時間ぐらい行う軽いジョギングで、
約200~400kcal程度の消費カロリーだと言われています。

そうすると、1分半~3分程度の軽い重さの筋トレは、
消費カロリーもジョギングの1/30~1/10ぐらいしかないので、
単純計算で、消費カロリーは、少なくて6kcal、多くても40kcalしかありません。


当然、ジョギングよりも圧倒的に消費カロリーが少なすぎるので、痩せなくて
引き締まらないんです。

低負荷で高回数でもきつければOK?

ただし、筋肉はキツければ増えるという特徴があるので、

軽い重さでも、きつくなるまで回数を多く行えば、
筋肉がついて意味があると思いますよね。

ですが、残念ながら、これもあまり意味はありません。

なぜなら、たとえきつくても、回数を多く行うと、
ストレスが多くなり、逆に筋肉が減ってしまうからです。

単純な質問ですが、

回数が5回できついのと、100回できついの、
同じキツさなら、どちらが良いですか?


おそらく、僕もあなたも、5回できつい方を選ぶと思います。

それは、時間が短くて済むからです。


ということは、意識的にせよ、無意識的にせよ、
回数を多く行うと、それだけストレスがかかるということです。

ストレスがかかると、僕らの体は筋肉を減らしてしまうという仕組みを持っているので、

たとえ、軽い重さできつくなるまで回数を多く行っても
ストレスが溜まるだけで、筋肉がつくことはそんなにないんです。

なので、きつくなるまでやっても、やはり低負荷で高回数の筋トレは意味があまりないということです。

体を引き締めるなら、高負荷で低回数がオススメ

だとすると、体を引き締めるなら、

高負荷で低回数の筋トレが良いということです。

重い重さで、6回~10回ぐらいで限界が来てきつくなるような筋トレをすることで、
ストレスもそんなにかからず筋肉をつけていくことができて、
体を引き締めることができるからです。


筋肉がつくと、日常生活での基礎代謝が上がり、痩せやすい体になります。
つまり、体脂肪が減りやすい体になるということです。

そうすると、筋肉が増えて、体脂肪が減るので、体は引き締まるんです。

それは、同じ重さなら、筋肉の方が体脂肪よりも体積(見た目)が小さいからです。

なので、引き締めるなら、低負荷で高回数の筋トレよりも、
高負荷で低回数の筋トレがオススメなんです。


ただ、こうお話すると、
『重い重さで筋トレすると、筋肉がつきすぎてマッチョのように太くなりませんか?』
と言われることがあります。

ここで、はっきりと言います。

女性は、そんな簡単に筋肉がつくようにできていません。

女性でボディビルダーになっている方は、
週6~7日でかなりキツイ筋トレをして、生理が止まることもあったり、
過食や拒食になることもあるぐらい、追い込んでます。

そこまでやって、初めてあのムキムキになるので、
そうでなければ、そんなにムキムキになって筋肉を太くするのは不可能なので、
安心してください。

まとめ

低負荷で高回数の筋トレは、体を引き締めるには、意味がありません。

なぜなら、ただの短い有酸素運動なので、
消費カロリーも少なくて、筋肉もつかないので、痩せないからです。

なので、体を引き締めるなら、
高負荷で低回数の筋トレを行うようにしてくださいね!

そのほうが、断然体は引き締まりますよ!

今だけこちらのLINEに登録していただくと、
通常5000円の部位別エクササイズ動画を、無料でプレゼントしています!

LINE友だち追加は、こちら↓

友だち追加

この記事が面白いと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアしてくださると嬉しいです!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【見た目を変えることでなりたい体を作るボディメイクトレーナー】
過去に無理な減量方法などによって優勝を逃した悔しさから、アフリカに2年間柔道を教えに行くタイミングで、身体について猛勉強し、無理のない身体作りメソッドを生み出す。
言葉や文化の異なるアフリカでいかに分かりやすく指導するか試行錯誤した結果、全国チャンピオンを輩出。
日本に帰国後、理論と指導法に磨きをかけ、女性のボディメイクに応用し、分かりやすい指導と週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。
詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジムASmake代表》

カテゴリー

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ
無料でダイエット動画プレゼントLINE登録はこちら 先着7名様限定価格での体験予約はこちら