腰痛があるけど、ヒップアップがしたいあなたに必要な筋トレは、この2つ! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

腰痛があるけど、ヒップアップがしたいあなたに必要な筋トレは、この2つ! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ヒップアップ

腰痛があるけど、ヒップアップがしたいあなたに必要な筋トレは、この2つ!

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

『反り腰で腰痛があり、ひどいときは仰向けで寝られない。。。』

腰と床や、腰と壁に片手がすっぽり入るぐらいの反り腰。

腰が痛くなければ良いですが、それで腰が痛いとなると、筋トレも腰が痛くないようなものを選ばないといけません。。。

『でも、ヒップアップしたい!』そんな思いもあって当然です。

それは、わがままではなく普通の願望です。
(もちろん医師の診断で運動や筋トレが出来ない場合は、医師にご相談ください。)

反り腰で腰痛があっても、ヒップアップはきちんとできます。

なぜなら、腰の周りの筋肉である「脚の付け根、ヒップ、お腹」の3つ筋肉がうまく働いてないせいで、腰に負担がかかりすぎて腰が痛くなっています、

そして、この3つの筋肉をうまく働かせるようにすれば、骨盤回りの筋肉のバランスが整い、ヒップアップできる姿勢になるからです!

今日は、腰痛があってもヒップアップしたいあなたのために、ヒップアップの筋トレを2つご紹介します!

腰痛になる原因は何?

腰痛になる原因は、正直色々あるためはっきりと断定はできません。
(医学的な診断や、医師の処方が必要な方は除きます。)

ですが、骨などに異常がない場合は、腰に負担がかかりすぎて痛くなっていることがほとんどです。

その原因は、姿勢が腰に負担をかけてることと、腰の筋肉が使われ過ぎて負担がかかっていることの2つです。

じゃあ腰に負担がかかる原因は?

その、姿勢が腰に負担をかけていることと、腰の筋肉が使われ過ぎて負担がかかっているのは、なぜ起こるのか?

それは、腰や骨盤の周りにある「腰以外の筋肉」が使われにくくなっているからです。

そのため、腰にばかり負担がかかり、腰が痛くなってくるのです。

腰や骨盤の周りの「腰以外の筋肉」って何??

腰や骨盤回りの「腰以外の筋肉」は、

「脚の付け根、ヒップ、お腹の筋肉」の3つです。

これらが使われにくくなっているため、この3つの筋肉で補える分も腰に負担がかかっていて、腰痛になっているのです。

そのため、腰痛をなくすためには、これら3つの筋肉をしっかり使えるようにすることが重要なのです。

ヒップアップも同時にできるメリット付き!

これら3つの「脚の付け根、ヒップ、お腹の筋肉」をしっかり使えるようにすることは、骨盤回りの筋肉のバランスを整えることでもあります。

必然とこれらの筋肉が整うと、骨盤の傾きや姿勢が整うので、自然にヒップアップする姿勢になっていくので、ヒップアップにつながります。

今日は、そんな「脚の付け根、ヒップ、お腹の筋肉」をしっかり使えるようにして、腰痛でもヒップアップできる筋トレを2つご紹介します!

具体的な筋トレのやり方!

脚の付け根とお腹の筋トレ

腕立て伏せの姿勢になり、片足をまっすぐ胸に引きつけます。

今度は、逆の脚を引き付けてくると同時に、先ほど引き付けていた脚を後ろに伸ばします。脚を引き付けるのと、伸ばすのを同時に交互に行います。

これをなるべく素早く20回行いましょう。

これで、「お腹の筋肉」にしっかりと力を入れたまま、脚を引き付けるときに「脚の付け根の筋肉」を使うことができます。

次に、

ヒップの筋トレ

脚を肩幅よりも2倍に広げ、つま先を外側に向けて立ちます。両手は肘をつかみ、肘を肩を同じ高さにキープします。

背筋を伸ばしたまま、膝を目一杯外に開きながら、太ももが床と平行になる位置まで下ろします。

太ももが床と平行まで下ろしたら、立ち上がりましょう。これを12回繰り返します。

膝を開きながら体を下ろしていくので、自然とヒップに力が入るようにスクワットできます。

先ほど使った「お腹と脚の付け根の筋肉」も補助的に働いてくれるので、腰への負担も最小限のまま行うことができます。

そのため、必ず1つ目エクササイズ→2つ目のエクササイズの順番で行ってあげてください。

そうすることで、しっかりと「脚の付け根とヒップとお腹の筋肉」を使えるようにしていくことができるので、腰痛の改善につながり、なおかつヒップアップしていくことができます。

『腰痛でも、ヒップアップしたい!』というあなたは、ぜひお試しください!

まとめ

『腰痛でも、ヒップアップしたい』というあなたは、まず腰と骨盤回りの「腰以外の筋肉」である「脚の付け根とヒップとお腹の筋肉」の3つの筋肉をしっかり使えるようにしてあげてください。

そうすることで、腰にかかりすぎている負担をこれら3つの筋肉に分散させることが出来て、腰痛が改善されます。

なおかつ骨盤回りの筋肉のバランスが整うので、骨盤の傾きや姿勢が整って、自然とヒップアップできる姿勢になっていきます。

もし、『私がヒップアップするにはどうすればいいんだろう。。。』と思われたあなたは、こちらからパーソナルトレーニングにお越しください!

LINE@登録でダイエットエクササイズ動画を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せ、短時間できる痩せる筋トレなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

この記事が役に立ったと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアをお願いいたします!

PAGETOP
ページトップヘ