あなたが夜寝れない原因は、糖質制限してるから!睡眠を取るために、ブドウ糖が必要な理由。 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

あなたが夜寝れない原因は、糖質制限してるから!睡眠を取るために、ブドウ糖が必要な理由。 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ブログ

あなたが夜寝れない原因は、糖質制限してるから!睡眠を取るために、ブドウ糖が必要な理由。

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

糖質制限をずっとしてきた方で、

『夜全然寝れない』という声を聞くことがあります。


これ、あまり不思議なことではないのですが、

本人にしてみたら、なんで寝れないのかわからないし、

もちろん、しっかり寝たい気持ちはありますよね。

この夜寝れない原因に、糖質制限をしていることが挙げられます。

なぜなら、糖質制限をしていると、睡眠の質を上げるための

メラトニンというホルモンが少なくなり、寝れない原因になるからです。

今日は、あなたが夜寝れない原因が糖質制限にある理由について、お話します!

睡眠に必要なホルモンは何?

睡眠の質を上げて、しっかり寝るためには

メラトニンというホルモンが脳内で作られることが必要になります。

このメラトニンというホルモンは、

セロトニンという、別名幸せホルモンを材料にして作られます。


つまり、脳内にあるセロトニンから、

メラトニンというホルモンが作られ、眠くなるようにしてくれて、

睡眠の質を上げてくれ、しっかりと睡眠を取ることができるのです。

セロトニンは、どうやって作られる?

睡眠の質を上げるメラトニンの材料となる、

セロトニンはどうやって作られるかというと、

トリプトファンという、アミノ酸が材料になって作られます。


ということは、トリプトファン→セロトニン→メラトニンという順番で

作られることで、睡眠の質が向上し、寝れない原因が解消されていくのです。


ということは、そもそもトリプトファンが少ないと、材料が少ないので、

メラトニンは作られにくくなり、不眠の原因にもなるのですが、


このトリプトファンは、「タンパク質」を含む食べ物にはほぼ含まれているので、

「タンパク質」の多い食べ物である肉や魚、卵、納豆や豆腐などを

しっかりと食べていれば、不足することはほとんどありません。

じゃあ、大丈夫じゃないの?

肉や魚などを食べていて、トリプトファンを摂っているなら、

メラトニンは作られるので、大丈夫かと思われますが、

ここで、重要なのは、このトリプトファンが、「脳内にちゃんと入る」ということです。

セロトニンも、メラトニンも脳内で作られることで、

眠くなるようになり、睡眠の質が向上するため、


トリプトファンをたくさん摂っていても、脳内に入っていなければ、

その後の、セロトニンも作れず、メラトニンも作られず、

結局、寝れない原因になるのです。

糖質制限すると、トリプトファンが脳内に入れない!

糖質制限をすると、

お米やパン、甘い物、スイーツなど

糖質(炭水化物)と呼ばれるものをほとんど摂らないことになります。


特に、お米やパン、パスタなどを摂らないので、

血糖値が上がることがほとんどありません。


そうすると、血糖値上がったときにだけ出てくるホルモンのインスリンが出ません。

このインスリンが、トリプトファンを脳内に入れるために必ず必要になるのです。


つまり、インスリンが出ないと、トリプトファンが脳内に入れないのです。

ということは、、、

そうすると、トリプトファンをしっかり摂っていても、


糖質制限をしていると、インスリンが出ないため、

脳内に入らないので、セロトニンもメラトニンも作られず、

睡眠の質が上がらず、寝れなくなり、不眠につながるのです。

解決法は、ただ1つ!

そんな糖質制限をしていて、夜寝れない時の解決法は、

糖質を摂ることです。

特に、インスリンを出すことが必要になるので、

お米やパスタ、そば、うどんなどの、ブドウ糖が含まれているものを食べてください。

果物に含まれる果糖や、乳製品などの乳糖は、あまりインスリンを出さないので、

そこまで大きく関わりません。


そのため、血糖値を上げ、インスリンを出してくれる

「ブドウ糖」をしっかりと摂るようにしてください。


今日は、寝れない原因の話なので、詳しくお話していませんが、

血糖値やインスリンについて詳しく知りたい場合は、こちらの記事をご覧ください。

まとめ

糖質制限をしていると、血糖値がほとんど上がらず、

インスリンというホルモンが出ません。

そうすると、睡眠の質を上げるために、必要なメラトニンを作るための材料である

トリプトファンというアミノ酸が、脳内に入れなくなります。


そうすると、通常は、脳内で作られて睡眠の質を上げてくれるはずの、

セロトニンやメラトニンが、材料不足で作られないので、うまく睡眠が取れず、

夜寝れない原因になります。

もし糖質制限をしていて、夜寝れないとお悩みであれば、

まずは、糖質制限をやめて、お米やパスタなどの「ブドウ糖」を摂ってみてください!

『食事の改善もして、一生健康で過ごしたい』と思われているあなたは、

パーソナルトレーニングにお越しください!

LINE@登録で部位別ダイエットエクササイズ動画20本以上を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

この記事が役に立ったと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアをお願いいたします!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【“見た目を変える”ことで“なりたいカラダ”を作るボディメイクトレーナー】
無理のない身体作りメソッドと分かりやすい指導によって、週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ