甘酒はダイエット中に飲むと太る?太らない?【立川のパーソナルトレーナーが解説】 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

甘酒はダイエット中に飲むと太る?太らない?【立川のパーソナルトレーナーが解説】 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

お米

甘酒はダイエット中に飲むと太る?太らない?【立川のパーソナルトレーナーが解説】

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

飲む点滴ともいわれる甘酒。

あなたも飲んでますか?


栄養が豊富で、腸内環境も整えてくれるとも言われてますよね。


もちろん、そこに否定する要素はなく、体に良いのは間違いないです。


ただ、1歩引いてみて、ダイエットと考えると答えは、

甘酒は、飲み過ぎれば太るものになります。


なぜなら、甘酒は、お米から作られているので、炭水化物(糖質)の飲み物です。


なので、炭水化物(糖質)をしっかり食事で摂っているなら、

甘酒を飲むと、炭水化物(糖質)の摂り過ぎで太るからです。


今日は、甘酒をダイエット中に飲むと太るかどうかについて解説しますね!

甘酒には、2種類ある!

先日、『甘酒って、どうなんですか?』というご質問もいただきました。


甘酒って太るのか太らないのか。

甘酒には、

お米と米麹を原料とする、麹甘酒と、


酒粕を原料とする酒粕甘酒の、大きく2つがあります。


酒粕を原料とする酒粕甘酒は、そのままだとただの酒粕の味なので、


おいしくないので、砂糖が入れられているものが多く、


そもそも砂糖が入るとどう頑張ってもやっぱり太るので、

今日は、酒粕甘酒のお話は、省略します。

砂糖が太る理由について詳しくは、こちらの過去の記事をご参考にしてください。

そのため、酒粕甘酒は、砂糖が入っているので、ダイエット中に飲むと太る

ということになるので、

今回は、お米と米麹を原料にした、麹甘酒について詳しくお話しますね!

麹甘酒は、お米と同じ!

お米と米麹から、作られていて、基本的にそのままでも甘みがあるため、


砂糖を加えずに作られているのが、麹甘酒です。


もうそのままですが、お米が原料なので、

栄養もほとんどお米の炭水化物(糖質)がメインになります。


その他、食物繊維や、ビタミンなども豊富に含まれていますが、

食べ過ぎて太るということはないので、省略して、


食べ過ぎれば太る炭水化物(糖質)だけに焦点を当てます。


つまり、麹甘酒は、お米と同じ炭水化物(糖質)のもので、

その炭水化物(糖質)の種類も、「ブドウ糖」と言われるもので、全く同じです。


そりゃそうですよね。


原料がお米ですから。

ということは、太るか太らないはこれだけ!

麹甘酒は、お米と同じで「ブドウ糖」という炭水化物(糖質)が


多く含まれているので、


ダイエット中に飲んで太るか太らないかは、


「ブドウ糖」を摂りすぎているかどうかだけで決まります。

これだけです。


なぜなら「ブドウ糖」は、体の中に吸収されると、


まず肝臓に送られ、肝臓の中の「ブドウ糖」を補給したあと、

血液中に入り、全身を巡りながら、全身の細胞(筋肉など)のエネルギーになり、

全身の細胞に入りきらずに、余ったものがすべて体脂肪になるからです。


「ブドウ糖」の働きについて詳しくは、こちらの記事をご参考にしてください。

なので、麹甘酒を飲むことによって「ブドウ糖」の摂り過ぎになれば、

細胞に入りきらない分が出てくるので、体脂肪になり太るということです。

「ブドウ糖」の摂りすぎってどうやってわかる?

「ブドウ糖」が摂り過ぎかどうかは、

年齢や運動量などで個人差がありますが、


基本的に、1日にお米をお茶碗3杯分で、


1食につき1杯分が適量と言われています。

(パンなら、食パン6枚切りを3枚で、1食に1枚分になります。)


そのため、1日にお米を3杯分食べていて、そのうえで、麹甘酒を飲むと、

「ブドウ糖」の摂り過ぎで太ることになります。


また、1食に茶碗1杯のお米を食べているなら、同じ食事中に


麹甘酒を飲んでしまうと、

1食分で「ブドウ糖」を摂り過ぎになり、

これも太ることになります。


そのため、麹甘酒を飲むなら、


間食で飲んだり、甘酒を飲んだ分は、他の食事でのお米の量を

減らすなどの工夫をしてあげると、太らなくなりますよ。


もし、甘酒を飲みたい場合は、そのようにして、

炭水化物(糖質)の「ブドウ糖」の量を調整してあげてくださいね!

まとめ

甘酒には、2つ種類があり、


酒粕から作った酒粕甘酒と、お米と米麹から作った米麹甘酒があります。



酒粕甘酒は、砂糖が入っているものが多く、そもそも太るので、

飲まないほうが良いですが、


米麹甘酒は、お米と同じ炭水化物(糖質)である「ブドウ糖」のものなので、


他の食事でお米を食べていたり、「ブドウ糖」を摂っているなら、

そのうえで米麹甘酒を飲むと、「ブドウ糖」の摂り過ぎになり、太ることになります。


なので、もし甘酒を飲むとしたら、その他の食事でお米の量を減らすなど

炭水化物(糖質)である「ブドウ糖」の量を調整してみてください。


それだけで、甘酒をダイエット中に飲んでも太らない対策になりますよ!

こちらの公式LINEアカウントに登録すると、部位別ダイエットエクササイズ動画20本以上を無料でプレゼント!【その後は、定期的にダイエット動画を配信】

友だち追加

この記事が面白いと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアしてくださると嬉しいです!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【“見た目を変える”ことで“なりたいカラダ”を作るボディメイクトレーナー】
無理のない身体作りメソッドと分かりやすい指導によって、週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ