砂糖が入った甘いものを食べると内臓脂肪が多くなり、お腹周りだけ太ってきます!なんで?理由は?? | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

砂糖が入った甘いものを食べると内臓脂肪が多くなり、お腹周りだけ太ってきます!なんで?理由は?? | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

042-595-7334 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ブログ

砂糖が入った甘いものを食べると内臓脂肪が多くなり、お腹周りだけ太ってきます!なんで?理由は??

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

以前、食事のカウンセリング時にお客様が、『頑張って甘いもの食べるのやめる!』とおっしゃっていた内容を、今日はあなたにもシェアします。

あなたは、チョコやアイス、クッキーなどの砂糖が入った甘いものを毎日食べますか?

普段の食事にいくら気を付けていても、砂糖が入った甘いものを毎日食べていると、お腹周りの脂肪が落ちません。

なぜなら、砂糖が入った甘いものは、肝臓で脂肪に変換されるため、内臓脂肪が多くなり、お腹周りだけ太くなるからです。

今日は、砂糖が内臓脂肪を蓄積させ、お腹周りを太らせる理由についてお話します!

砂糖に含まれる「果糖」が内臓脂肪を多くするのです!

砂糖は、「果糖」と「ブドウ糖」が半分ずつ合わさってできたものです。

それについては、以前こちらの記事で詳しく書きましたので、ご参考にしてください。

「ブドウ糖」は、小腸から吸収され、肝臓に入った後、血液中に入り全身の細胞(筋肉など)のエネルギーになります。

そして、筋肉やその他の細胞に入りきらずに余ったものが体脂肪になります。

ただ、全身を巡りながら体脂肪になっていくため、主に皮下脂肪になっていきます。

対して「果糖」は、小腸から吸収された後、肝臓から血液中には入らず、そのまま肝臓で脂肪に変えられてしまいます。

全身を巡らず、肝臓で脂肪に変えられるので、皮下脂肪になる割合はとても少なく肝臓の脂肪や内臓の脂肪になりやすいのです。

「果糖」が入ってるため、砂糖が入った甘いものを食べると内臓脂肪が多くなり、お腹周りが太るのです。

「果糖」が原因なので、「果物」を食べてもお腹周りが太くなります!

砂糖に含まれる「果糖」が内臓脂肪の蓄積を多くする原因なので、「果糖」が多く含まれている「果物」も同じです。

つまり、『砂糖が入った甘いものを食べると太るのはわかっているから、代わりに果物を食べよう!』と、甘いものを果物に変えても内臓脂肪が多くなるのです。

それについては、こちらの記事もご参考にしてください。

「果糖」が内臓脂肪蓄積の原因なので、砂糖が入った甘いものを食べても、「果物」を食べても結果は同じなのです。

お腹周りの脂肪を落として痩せたい場合は、どちらも控えられると、早くお腹周りの太さを解消できます!

同じようにお酒に含まれるアルコールも、内臓脂肪を増やしお腹周りを太らせます。
お酒をよく飲むあなたは、こちらの記事もご参考にしてください。

まとめ

砂糖は、「ブドウ糖」と「果糖」が半分ずつ合わさってできたものです。

「ブドウ糖」は、肝臓から血液中に入り、全身の細胞(筋肉など)のエネルギーになるとともに、全身を巡っているので、皮下脂肪になる割合が多くなります。

対して、「果糖」は肝臓から血液中には入らず、そのまま肝臓で脂肪になるため、肝臓や内臓の脂肪になる割合が多くなり、お腹周りだけ太くなっていきます。

つまり、砂糖が内臓脂肪を多くし、お腹周りが太くなっていくのは、「果糖」が原因なのです。

これは、同じく「果糖」が多く含まれる「果物」にも全く同じことが言えます。

そのため、『砂糖が太るから、代わりに果物を食べよう』と気を付けても、内臓脂肪の蓄積が多くなることに変わりはないのです。

砂糖が入った甘いものも、果物も、お腹周りの脂肪をしっかり落としたいあなたは控えたほうがお腹周りの太さ解消が早くなります!

もし、砂糖が入った甘いものがやめられないというあなたは、別の方法で痩せるしかないので、こちらからパーソナルトレーニングにお越しください!

LINE@登録でダイエットエクササイズ動画を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せ、短時間できる痩せる筋トレなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

PAGETOP
ページトップヘ