ブドウ糖って何?他の炭水化物と違うのは、太りにくいこと! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

ブドウ糖って何?他の炭水化物と違うのは、太りにくいこと! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

お米

ブドウ糖って何?他の炭水化物と違うのは、太りにくいこと!

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

先日、

『ブドウ糖について、詳しく聞きたいです。』と

言ってくださった方がいらっしゃるので、



今日は、ブドウ糖って何?ってお話をしようと思います。

ブドウ糖は、炭水化物(糖質)が最終的に、体に吸収される形に分解されたものの1つで、


全身の細胞のエネルギーになってくれるものです。


ブドウ糖の他に、あと2つ別の種類があるので、


今日は、それも含めて、ブドウ糖って何?というお話を詳しくしていきますね!

ブドウ糖は、炭水化物(糖質)

炭水化物(糖質)と聞けば、お米やパン、パスタなどを思い浮かべますよね?


その他には、果物やスイーツも炭水化物(糖質)の食べ物になります。


その炭水化物(糖質)の食べ物を食べて、

体の中に吸収できるような形にまで、小さく分解されたものの1つが、


ブドウ糖です。


要は、炭水化物(糖質)を食べても、そのままだと体の中に吸収できないので、


小さく小さく分解して、これ以上分解できない形になったもののことです。



この体の中に吸収できて、これ以上分解できない形にまでなったものは、


ブドウ糖の他にあと2つ、果糖と、ガラクトースというものがあります。


この3つをまとめて、単糖(1つの糖質という意味)と呼ばれています。


果物も、スイーツも、お米もパンも、

どの炭水化物(糖質)の食べ物を食べても、最終的に体の中に吸収されるときには、


絶対に、この3つ(ブドウ糖、果糖、ガラクトース)のどれかになって、

僕らの体の中に入ってきます。


これが、ブドウ糖の正体です。

まあ、炭水化物(糖質)の1つとだけ考えていてください。笑


次にその特徴を見ていきましょう。

ブドウ糖の特徴

ブドウ糖の大きな特徴は、


全身の細胞(筋肉など)のエネルギーになることです。


脳の唯一のエネルギー源とも言われています。


ブドウ糖は、体の中に吸収されると、


まず肝臓に送られます。


そして、肝臓に蓄えられているブドウ糖をまずは補充します。

この作業があることで痩せやすくなるのですが、

その流れについて詳しくはこちらをご参考にしてください。

そして、肝臓のブドウ糖を補充した後、


次にブドウ糖は、血液中に送られます。


血液は全身を巡っているので、ブドウ糖も血液に乗って、

全身を巡っていきながら、全身の細胞(筋肉や神経など)に、


エネルギーとして取り込まれていきます。


これで、ブドウ糖の働きは、一旦終わりですが、


全身の細胞にエネルギーとして取り込まれ切らなかったもの、

つまり、余分に摂り過ぎたブドウ糖は、すべて体脂肪になります。



これが、ブドウ糖の特徴と、体の中での働きや流れです。

これは、ブドウ糖以外の果糖や、ガラクトースの2つとは大きく違うんです。

果糖とガラクトースは、すぐ体脂肪になる

ブドウ糖が、肝臓のブドウ糖を補充して、


全身の細胞のエネルギーになる特徴を持っているのに対して、


果糖や、ガラクトースは、体の中に吸収されると、

まず肝臓に送られます。



ここまではブドウ糖と同じですね。

ですが、肝臓で、そのまま体脂肪に変えられます。


『え?』ってなりますよね。。。



そうなんです。ブドウ糖と、果糖・ガラクトースの違いは、

全身の細胞のエネルギーになるか、体脂肪になるかの違いがあるんです。


果糖やガラクトースの体の中での流れについて詳しくはこちらをご参考にしてください。

この特徴の違いがあるので、


もしあなたがダイエットして痩せたい場合は、ブドウ糖だけを食べることをオススメします。

果糖やガラクトースは、体脂肪になりやすいからです。

ブドウ糖の食べ物って何?

じゃあ、ブドウ糖の食べ物って何?というと、

お米、パン(菓子パン以外)、パスタ、そば、うどん、芋類などです。


これらが、ブドウ糖の食べ物になります。


ちなみに、果糖の食べ物は、果物。

ガラクトースの食べ物は、乳製品です。



つまり、あなたが痩せたい場合は、果物や乳製品より、

お米などのブドウ糖を積極的に食べるべきということですね!

まとめ

ブドウ糖は、炭水化物(糖質)の1つで、

体の中に吸収できる形にまで分解されたもののことです。


ブドウ糖の特徴は、肝臓のブドウ糖を補充することと、

全身の細胞(筋肉など)のエネルギーになることです。


これらは、ブドウ糖以外の、果糖やガラクトースにはない働きで、

果糖やガラクトースは、体脂肪になりやすい特徴を持っているので、


もし、ダイエットしたい場合は、ブドウ糖の食べ物である

果物や乳製品よりも、お米やパスタ、そば、うどんなどを積極的に食べてください!

以上、ブドウ糖って何?でした!ご参考にしてください。

こちらの公式LINEアカウントに登録すると、部位別ダイエットエクササイズ動画20本以上を無料でプレゼント!【その後は、定期的にダイエット動画を配信】

友だち追加

この記事が面白いと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアしてくださると嬉しいです!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【“見た目を変える”ことで“なりたいカラダ”を作るボディメイクトレーナー】
無理のない身体作りメソッドと分かりやすい指導によって、週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ