夜に炭水化物を食べると痩せた!1週間で-1kgの理由。 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

夜に炭水化物を食べると痩せた!1週間で-1kgの理由。 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

お問い合わせはこちら

LINE登録はこちら

ブログ

お米

夜に炭水化物を食べると痩せた!1週間で-1kgの理由。

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

今来てくださるお客様の多くが、
食事のお話をお伺いすると、

『夜に炭水化物を食べない』とおっしゃっています。

特に遅い時間でなければ、夜にも炭水化物を食べていただくよう
お伝えしているんですが、

なかなか『太るのが怖いから。。。』と言って
踏み切れないことも多いです。

ですが、本当に夜に炭水化物食べると痩せるので、試してください。

なぜなら、炭水化物は身体にとって絶対になくてはならない栄養なので、
不足すれば、筋肉が減って代謝が下がり、体脂肪が減りにくくなるからです。

今日は、夜に炭水化物を食べると痩せる理由についてお話しますね。

炭水化物って何?

炭水化物とは、3大栄養素(他はタンパク質、脂質)の1つで、

お米やパン、パスタ、うどん、果物、乳製品、砂糖などに
含まれる栄養のことです。

厳密に言うと、糖質+食物繊維が、炭水化物なんですが、
糖質だけで食物繊維が入っていない食べ物ってあまりないので、

今回はわかりやすくするために炭水化物ですべて統一してお話します。

炭水化物は3種類ある

炭水化物は、3種類あります。

・ブドウ糖
・果糖
・ガラクトース

の3つです。

これらは、炭水化物の食べ物を食べた時に、
胃や腸で分解され、吸収できる形になったものです。

基本的にどの炭水化物の食べ物を食べても
絶対にこの3つのどれかに分解されて吸収されます。

この3つの中でも、特に今回お話するのは、

「ブドウ糖」です。

なぜなら、
「果糖」や「ガラクトース」は体脂肪になりやすい特徴があるからです。

そのため、今回の記事でお伝えする炭水化物は、
すべて「ブドウ糖」に限った話です。

「ブドウ糖」の特徴

「ブドウ糖」の特徴は、体の中に吸収された後、

・肝臓のブドウ糖を補充すること
・血液中に入り、全身の細胞(筋肉、脳など)のエネルギーになること

という、主にこの2つです。

この2つがかなり重要で、
炭水化物を食べないで、「ブドウ糖」が不足すると

・肝臓のブドウ糖が補充されない

ということが起こり、肝臓のブドウ糖が不足します。

体はこれを飢餓状態だと判断して、

筋肉を減らして全身の細胞のエネルギーにして、
体脂肪をできるだけ温存し、消費しないようにしてしまうんです。

つまり、炭水化物を食べないで、「ブドウ糖」を摂らないと
筋肉が減り、代謝が下がり、体脂肪が減りにくい体になるんです。

「ブドウ糖」は約7時間で不足する

この「ブドウ糖」を食べない時間が、

約7時間空くと

・肝臓のブドウ糖が不足する

ということが起こります。

つまり、体が飢餓状態になるということです。

そうすると、先ほどのように、
筋肉が減って代謝が下がり、体脂肪が減らない体になります。

なので、炭水化物である「ブドウ糖」は
7時間だとほぼ不足するので、

約6時間おきに食べることが理想なんです。

炭水化物は3食食べること

つまり、炭水化物は、3食食べる必要があるんです。

なぜなら、

約6時間おきに食べないと、
体が飢餓状態になって、筋肉が減り体脂肪が減らない体になるからです。

例えば、
朝ご飯を7時に食べたとすると、
お昼ご飯が13時、夜ご飯が19時になります。

このサイクルで食べると良いということになります。

『じゃあ、夜ご飯~朝ご飯は、7時間以上空くじゃん』
ってなりますよね。

夜は寝るだけなので、そもそも体脂肪を蓄積して減らしにくい時間帯ですし、

夜中に起きて炭水化物を食べるというのも現実的ではないので、
そんなに問題はないんです。

夜に炭水化物を食べないより良い

夜ご飯~朝ご飯に7時間以上空いても、

むしろ夜ご飯の19時に炭水化物を食べないより、
夜ご飯に炭水化物を食べていたほうが良いです。

なぜなら、

夜ご飯に炭水化物を食べないと、
お昼ご飯の13時から食べないことになるので、

それから7時間後の20時~次の日の朝まで飢餓状態になり、
それだけ筋肉が減り、かなり代謝が下がるからです。

それよりは、夜ご飯の19時に炭水化物を食べれば、

それから7時間後の2時~次の日の朝まで
飢餓状態なだけなので、

圧倒的に飢餓状態の時間が少なく、
筋肉が減る量も少なく、代謝が下がることを抑えられます。

なので、これが夜ご飯にも炭水化物である「ブドウ糖」は
食べた方が痩せる理由です。

「ブドウ糖」の食べ物って何?

炭水化物である「ブドウ糖」の食べ物ですが、

お米、食パン、パスタ、うどん、そば、芋類などです。

これらをだいたい1食100g(お米なら茶碗1杯)を3食、
約6時間おきに食べるようにしてみてください。

1週間で-1kg?

『夜だけ炭水化物を抜いている』とおっしゃっていたお客様が、

夜に炭水化物を食べるようにしたところ、
家族からは、「余計に太るんじゃない?」と言われながらも、

1週間でスッと1kg減りました。

ご本人も驚いていて、
これからは『夜に炭水化物を食べる生活にする!』とのことです。

結果も出るので、あなたも夜に炭水化物を食べてみてくださいね!

まとめ

炭水化物である「ブドウ糖」は体を飢餓状態にせず、
筋肉を維持し、体脂肪を減らしやすくするために必ず必要です。

約7時間で、体の「ブドウ糖」は不足して飢餓状態になるため、

1食につきお米ならお茶碗1杯(食パンなら6枚切り1枚)
を目安にして、

6時間おきに3食炭水化物を食べる生活をしてみてください。

あなたのダイエットの結果が出やすくなりますよ!

こちらの公式LINEアカウントに登録すると、部位別ダイエットエクササイズ動画20本以上を無料でプレゼント!【その後は、定期的にダイエット動画を配信】

友だち追加

この記事が面白いと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアしてくださると嬉しいです!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【見た目を変えることでなりたい体を作るボディメイクトレーナー】
過去に無理な減量方法などによって優勝を逃した悔しさから、アフリカに2年間柔道を教えに行くタイミングで、身体について猛勉強し、無理のない身体作りメソッドを生み出す。
言葉や文化の異なるアフリカでいかに分かりやすく指導するか試行錯誤した結果、全国チャンピオンを輩出。
日本に帰国後、理論と指導法に磨きをかけ、女性のボディメイクに応用し、分かりやすい指導と週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。
詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ
無料でダイエット動画プレゼントLINE登録はこちら 24時間受付中!!お問い合わせはこちら