夜でも糖質は食べたほうが良いですよ!!その理由とは? | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム ASmake

夜でも糖質は食べたほうが良いですよ!!その理由とは? | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム ASmake

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00

先着7名様限定 体験予約はこちら

LINE登録はこちら

ブログ

お米

夜でも糖質は食べたほうが良いですよ!!その理由とは?

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmakeの山﨑将太です。

お客様の中でも、ご相談いただく方の中でも、
『夜だけ糖質を抜いてます。』という方が結構多いです。

いつも夜だけ糖質を抜いているだけでなく、
お昼に食べ過ぎた時も、その日の夜ご飯では、糖質を抜くということもあったりします。

あなたも太りたくないし痩せたいからと思って、夜だけは糖質を抜いて、糖質制限してないですか?

痩せたいからやってしまうかもしれませんが、実は夜でも糖質は食べたほうが良いんです。

なぜなら、糖質を抜くと、それだけ体はエネルギー不足になるので、
飢餓状態に近くなり、痩せにくい体になるからです。

今日は、夜でも糖質は食べたほうが良い理由についてお話しますね!


動画でご覧になりたい場合は、こちら↓

文章で詳しい解説を見たい場合は、そのまま下にスクロールしてください!

糖質とは?

糖質とは、3代栄養素の中の1つに分類される重要な栄養素です。
(そのほかはたんぱく質と脂質)

糖質は、僕らの体の中に入ると、小さく小さく分解されて、
最終的に「ブドウ糖」、「果糖」、「ガラクトース」という3つの単糖類のどれかに必ずなります。

この記事の中での糖質とは、主に「ブドウ糖」のことをメインにお話していきます。

なぜなら、「ブドウ糖」だけが唯一僕らの全身の細胞のエネルギー源になるもので、
それ以外の「果糖」や「ガラクトース」はエネルギーになるというよりは、体脂肪になりやすいものだからです。
(参考記事:ブドウ糖って何?他の炭水化物と違うのは、太りにくいこと!)

 

糖質は絶対食べないといけないもの!

糖質(ブドウ糖)は、僕らの全身の細胞(筋肉や脳、血液、神経など)のエネルギーになるものなので、
絶対に食べないといけないものです。

なぜなら、そうしないとエネルギー不足になってしまうからです。

糖質(ブドウ糖)の役割である全身の細胞のエネルギーになることは、
たんぱく質や脂質が代わりにすべてを行うことができないからです。

多少はたんぱく質や脂質が代わりに行うことはできますが、
すべてを代わることはできないので、糖質(ブドウ糖)がなければ、僕らの体はエネルギー不足になってしまうんです。

そうしてエネルギー不足になっても、毎日僕らは仕事をしたり、運動したり、家事をしたりして頭も体も働かせています。

ということは、常にエネルギーを消費しているのに、エネルギー不足なので、
体は「エネルギーを消費しすぎ!」と判断して、エネルギー消費を減らそうとします。

そうなると、筋肉を減らしてエネルギーにしたり、体脂肪は緊急時の最終的なエネルギー源になるものなので、それを温存しようとして、

体脂肪が減りにくい体にしてしまうんです。

さらに、この状態のときに食事をすると、その食事の吸収がいつもより良くなり、体脂肪として蓄える量も多くなります。

 

つまり、体脂肪が減りにくいだけでなく、増えやすい体にもなるということです。

これは、絶食や断食中に起こる飢餓状態と全く同じになり、糖質を抜くとこんなことが起こるんです。(参考記事:糖質制限したのに痩せない理由はこれ!なぜ糖質制限で痩せないのか?)

 

では、本当に夜に糖質を抜くのはありなのか、なしなのかというと、、、

夜だけ糖質を抜くのはあり?なし?

夜でも糖質を抜くのは、なしだと考えています。

なぜなら、夜でも寝ている間のエネルギーが必ず必要だからです。

寝ていても、レム睡眠中(少し浅い睡眠中)には脳が働いていますし、寝るのにもエネルギーが必要になります。

そのためのエネルギー源が必要で、お昼にどれだけ糖質を摂っていても、夜に糖質を抜いてしまうと、糖質が不足して、エネルギーが足りなくなっているんです。

糖質は、ある程度僕らの肝臓に蓄えられていて、空腹時や食事と食事の間、寝ている間に、エネルギー源として使われます。

この肝臓の糖質は、理論上約7時間で空になってしまうと言われているので、

例えば、お昼12時にどれだけ糖質を食べたところで、夜に食べないと、お昼から約18~19時間後の次の朝には肝臓に蓄えた糖質も空になっていて、エネルギーが持たないんです。

 

そうすると、朝には、ほぼ飢餓状態に近くなっているので、

朝ご飯をいつもよりも吸収してしまい、体脂肪へと変えてしまうので、
夜に糖質を抜くと、痩せにくく太りやすくなるんです。。。

なので、夜に糖質を抜くのはなしで、夜でも糖質は絶対に食べたほうが良いんです。

少しでも良いから食べてください!

夜でも必ず糖質は食べたほうが良いです。

なぜなら、夜に糖質を抜くと、それだけ飢餓状態に近くなって、体脂肪が減りにくくなるだけではなく、次の日の朝ごはんも体脂肪になりやすくなるからです。

つまり、夜に糖質を食べないと、痩せにくく太りやすい体になるんです。

最初はほんの少し(3口や、茶碗に半分など)でも良いので、毎日夜でも糖質を食べる習慣をつけてみてくださいね!

そのほうが、スムーズに痩せてきますよ!

ただ痩せるだけじゃなく、体型を変えたいあなたに、今だけこちらのLINE登録で、
通常5000円の部位別エクササイズ動画を、無料でプレゼントしています!
LINE友だち追加は、こちら↓

友だち追加

ASmakeのパーソナルトレーニングでは、姿勢と体型を変えるためのトレーニングだけではなく、あなたの食生活や生活リズムに合わせて、1番ストレスのない方法をお伝えしています。
『ダイエットで何が正解かわからない』という場合は、お気軽にご相談ください!

この記事が面白いと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアしてくださると嬉しいです!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【見た目を変えることでなりたい体を作るボディメイクトレーナー】
過去に無理な減量方法などによって優勝を逃した悔しさから、アフリカに2年間柔道を教えに行くタイミングで、身体について猛勉強し、無理のない身体作りメソッドを生み出す。
言葉や文化の異なるアフリカでいかに分かりやすく指導するか試行錯誤した結果、全国チャンピオンを輩出。
日本に帰国後、理論と指導法に磨きをかけ、女性のボディメイクに応用し、分かりやすい指導と週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。
詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジムASmake代表》

カテゴリー

PAGETOP
ページトップヘ
無料でダイエット動画プレゼントLINE登録はこちら 先着7名様限定価格での体験予約はこちら