消費カロリーの増やし方3選 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム ASmake

消費カロリーの増やし方3選 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム ASmake

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00

先着7名様限定 体験予約はこちら

LINE登録はこちら

ブログ

ダイエット理論

消費カロリーの増やし方3選

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmakeの山﨑将太です。

『痩せるために消費カロリーを増やした方が良い』
というのは、すでにあなたもご存知のことだと思います。

ただ、消費カロリーの増やし方って、色々あるって知ってましたか?
ウォーキングだけでもなければ、走ればいいわけでもないんです。

そんな消費カロリーの増やし方は、

①筋肉を増やす
②体を動かして運動する
③食物繊維の多いものを食べる

この3つが挙げられます。ほとんどこの3つだけと言っても過言ではないので、1つずつ解説していきますね!


動画でご覧になりたい場合は、こちら↓

文章で詳しい解説を見たい場合は、そのまま下にスクロールしてください!

①筋肉を増やす

僕らの1日の消費カロリーの約60~70%を占めているのが、基礎代謝です。

基礎代謝とは、何もしなくても(寝ていても)消費されるカロリーのことです。
(参考記事:基礎代謝を上げると痩せる!基礎代謝の上げ方はこれ!)

 

さらにこの基礎代謝の約20%を、筋肉による消費カロリーが占めています。
その他には、肝臓や心臓などの内臓がありますが、

この基礎代謝の中で、唯一増やすことができるのが、筋肉です。

そのため、筋肉が増えると、それだけ消費カロリーも増えるんです。

一説によると、筋肉が1kg増えれば、消費カロリーは1日に約13kcal増えると言われています。

つまり、1ヵ月で約390kcal(おにぎり2個分)、1年だと4680kcal(体脂肪500g分)の消費カロリーが増えることになります。

 

1日で見るとほんの少しかもしれませんが、ちりも積もれば山となるので、
筋肉を増やすことが、かなり消費カロリーを増やすことにつながるんです。

 

では、筋肉を増やすために何をすればいいかと言うと、

筋トレです。

なぜなら、筋トレだけが唯一筋肉を増やすことができるからです。

スクワットや腕立て伏せなど、短時間で『キツイ!』と感じる運動を行うことで、
筋肉は増えていくので、

筋肉を増やして、消費カロリーを増やすなら、必ず筋トレを行ってくださいね。

②体を動かして運動する

2つ目は、体を動かして運動することです。

大きくまとめると、重さのあるものを動かすことです。

これは、単純に、ウォーキングやジョギング(自分の体重を動かす)といったものから、
筋トレのようにダンベルを上げ下げする(重りを動かす)こと、
スクワットで、しゃがんで立ってする(自分の体重を動かす)ことも含まれます。

なぜなら、消費カロリーは、重さ×移動距離で決まるからです。

つまり、重さがゼロのものをいくら動かしても、

重さゼロ×移動距離100㎞=0kcal
のように、消費カロリーは増えませんし、

 

重さが200kgあっても、移動距離がゼロなら

重さ200kg×移動距離ゼロ=0kcal

これも消費カロリーは増えません。

 

つまり、その場で態勢をキープする体幹トレーニングや、
ボードの上に立つだけのブルブルマシーンなどは、自分の体重という重さはありますが、移動距離がゼロなので、消費カロリーは増えないんです。

消費カロリーを増やすために、体を動かして運動するとは、そういうことです。
このように、重さのあるものを動かす(重さ×移動距離)ことが大事なので、
ウォーキングやジョギング、筋トレなどを行ってくださいね!

①のように筋肉を増やすことと同時にできる筋トレを行うのが、1番効率は良いかもしれませんね。

③食物繊維の多いものを食べる

3つ目は、食事によるものですが、

食物繊維が多く含まれているものを食べることです。

なぜなら、食物繊維は、胃腸を長い時間働かせてくれて消費カロリーが増えるからです。

食物繊維は、僕らの体では消化・吸収ができないものです。

それでも、胃腸は、なんとかして食物繊維を消化して吸収しようとしてくれます。
そうすると、胃腸にできるだけ長い時間滞在させて、じっくり消化液に漬けておくので、その分長い時間胃腸が働いてくれます。

これは、30分歩くのか、3時間歩くのかの違いと同じで、

胃腸も筋肉で動いているため、長い時間胃腸が働くと、それだけ消費カロリーも増えるんです。

なので、食物繊維が多く含まれるものを食べるのが良いんです。

食べ物としては、

・野菜全般(さつまいも、じゃがいも、かぼちゃ、アボカド、とうもろこし以外)
・きのこ全般
・海藻類全般

となります。
キャベツやトマト、舞茸、ワカメ、めかぶなど、たくさん食べるようにしてみてください!
(参考記事:

野菜を食べると痩せる4つの理由
ダイエットにおすすめしない野菜をまとめてみた)

 

まとめ

消費カロリーの増やし方は、

①筋肉を増やす(筋トレ)
②体を動かして運動する(重さ×移動距離がある運動)
③食物繊維の多いもの(野菜・きのこ・海藻類)を食べる

の3つがほぼすべてです。

『痩せるために消費カロリーを増やそう!』と思ったときは、
これらのやり方を実践してみてくださいね!

ただ痩せるだけじゃなく、体型を変えたいあなたに、今だけこちらのLINE登録で、
通常5000円の部位別エクササイズ動画を、無料でプレゼントしています!
LINE友だち追加は、こちら↓

友だち追加

ASmakeのパーソナルトレーニングでは、姿勢と体型を変えるためのトレーニングだけではなく、あなたの食生活や生活リズムに合わせて、1番ストレスのない方法をお伝えしています。
『ダイエットで何が正解かわからない』という場合は、お気軽にご相談ください!

この記事が面白いと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアしてくださると嬉しいです!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【見た目を変えることでなりたい体を作るボディメイクトレーナー】
過去に無理な減量方法などによって優勝を逃した悔しさから、アフリカに2年間柔道を教えに行くタイミングで、身体について猛勉強し、無理のない身体作りメソッドを生み出す。
言葉や文化の異なるアフリカでいかに分かりやすく指導するか試行錯誤した結果、全国チャンピオンを輩出。
日本に帰国後、理論と指導法に磨きをかけ、女性のボディメイクに応用し、分かりやすい指導と週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。
詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジムASmake代表》

カテゴリー

PAGETOP
ページトップヘ
無料でダイエット動画プレゼントLINE登録はこちら 先着7名様限定価格での体験予約はこちら