体脂肪が増える習慣!ちょっとでも間食してると痩せない理由とは? | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

体脂肪が増える習慣!ちょっとでも間食してると痩せない理由とは? | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ダイエット食事法

体脂肪が増える習慣!ちょっとでも間食してると痩せない理由とは?

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

炭水化物(糖質)はしっかり摂っている。
ちょっと食事も気を付けてるんだけど、全然痩せない。

お昼や夕方にちょっとだけお菓子やお土産を食べたりはするけど、本当にちょっとだけ。

この時、痩せない原因となっているのは間食です。

なぜなら、カラダがエネルギーの消費モードになっているときに食べてしまうので、
ちょっとだとしてもエネルギーを貯めるモードに変わってしまい、脂肪が増えてしまい減らないからです!

今日は、なぜ間食で体脂肪が増えて痩せない原因になるのかについてお話します。

エネルギーを貯めこむモードって何??

食事を摂ると、体に食品とそれに伴って栄養が入ってきます。

それらを体内で使えるようにしていく作業が胃や腸などの内臓などの働きによって行われます。

この作業が行われているときは、基本的に体はエネルギーを貯めこむモードに入ります。

そうしないと、ずっとエネルギーの消費モードだと飢餓になったときに、エネルギーが入って来ないのに、消費し続けてすぐに死んでしまいます。

そのため、食事を摂ってから約2時間はエネルギーの蓄積(貯めこむ)モードが続きます。

この時は、体脂肪は増えて蓄積される時間になります。

じゃあエネルギーの消費モードって何?

そして、この2時間が終わり、しっかりと各細胞にエネルギーが行き渡り、内臓の消化吸収も少し落ち着いてきたころから、消費モードが始まります。

この消費モードは、文字通りエネルギーを消費してくれるのです。

この時に、体脂肪が使われ燃えやすくなっているのです。

この消費モードの時に間食してしまうと?

せっかく体脂肪が燃えやすくなっているときに、間食をしてしまうと、、、

もう一度あのエネルギー蓄積モードに変わってしまいます。

そうすると、またカラダは各細胞にエネルギーを貯蔵するための作業を始めるので、
体脂肪が蓄積され増えてしまい、痩せない原因となってくるのです。

ですので、なるべく間食しないようにするだけでも消費モードが続くので痩せやすくなります!

まとめ

食後2時間は、カラダがエネルギーを蓄積するモードに入るため脂肪が増えてしまいやすいです。

その後、エネルギー消費モードになると脂肪は燃えやすくなってくれるので心配はいりません。

ですが、その消費モードの時に間食してしまうと再び蓄積モードになり脂肪が増えていきます。。

そのため、もし「食事気を付けてるのに痩せない」なら、ちょっとだったとしてもまずは間食をやめてみてください!

本質的な食事の知識を身につけ、本当に自分に合った食事方法を知りたいあなたは、こちらから1度体験トレーニングにお越しください!

LINE@登録でダイエットエクササイズ動画を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せ、短時間できる痩せる筋トレなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

この記事が役に立ったと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアをお願いいたします!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【“見た目を変える”ことで“なりたいカラダ”を作るボディメイクトレーナー】
無理のない身体作りメソッドと分かりやすい指導によって、週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ