ワカメがダイエットに良いたった1つの理由はこれ!なんでワカメを食べると痩せる? | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

ワカメがダイエットに良いたった1つの理由はこれ!なんでワカメを食べると痩せる? | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ダイエット食事法

ワカメがダイエットに良いたった1つの理由はこれ!なんでワカメを食べると痩せる?

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

現在通ってくださっているお客様から
『ワカメを食べるようにしてから、体重が減ってきたけど、なんでワカメを食べるとダイエットに良いんですか?』とご質問をいただきました。

「お客様の食生活に取り入れやすそうだったから」という理由もありますが、ワカメをダイエットに活用する理由は、

水溶性の食物繊維が入っているため、便通が良くなり、体脂肪の蓄積も防げるからです。

今日は、ワカメがダイエットに良いたった1つの理由についてお話します。
(医学的な診断で、ワカメなどの海藻類の摂取制限を受けている場合は、医師の指示に従ってください。)

ワカメの食物繊維がダイエットに良い理由はこれ!

ワカメに含まれる食物繊維は、「水溶性の食物繊維」です。

この「水溶性の食物繊維」は、水分を吸収して便をジェル状にしてくれます。

そのため、腸の中を移動しやすくなり、便通が良くなる特徴があります。

また、食物繊維は、炭水化物(糖質)の吸収をゆっくりにしてくれ、血糖値が上がりにくくなるため、その分体脂肪の蓄積を抑えてくれます。

さらに、ある程度の量の脂質を吸着して、体に吸収せず、一緒に排泄してくれる働きもあるため、その分体脂肪の蓄積を抑えてくれます。

これらの理由で、体脂肪の蓄積を抑えてくれるため、ワカメはダイエットに効果的なのです。

*医師に、海藻類の摂取制限を受けている場合は、医師の指示に従ってください。

1日にどれくらいワカメを食べればいいの?

1日に食べるワカメの量ですが、他の野菜なども食べていると思うので、

味噌汁1杯に入れるぐらいの量を1日2食目安で食べると良いです。

味噌汁に入れる、野菜サラダに一緒に入れるなど。のやり方で食べてみてください!

ワカメをしっかり食べるようになって体重が落ちた!

今通ってくださっているお客様は、『食事の改善だけで体重が全く落ちない。。』と悩んで、ご来店いただきました。

カウンセリングでお話を伺うと、確かに食生活はしっかりと管理して気を付けられていました。

ですが、『排便は1日1回あれば良い方』とおっしゃっていたことと、食物繊維が少ないと感じました。

そこで、便通の改善も含めて「ワカメを味噌汁に入れてください」とお伝えしたところ、

『2週間で1kgほど体重が減って、さらに1日2~3回排便するようになりました!』とおっしゃっていました。

こういう一石二鳥な部分があるのもワカメの良いところですよね!

こちらの食物繊維とダイエットについての関連記事もご参考にしてください。

まとめ

ワカメは、水溶性の食物繊維が多く含まれており、便通を改善してくれます。

さらに、食物繊維の働きによって、炭水化物(糖質)の吸収がゆっくりになり、脂質の吸収を抑えてくれるため、体脂肪の蓄積も抑えられます。

これらの理由で、ワカメはダイエットに良いのです。

もし便通もイマイチで、体重も減らない場合は、ワカメを1日に味噌汁やサラダに入れて、食べてみてください!

『もっと根本的に食生活の改善をして、痩せていきたい』と思われているあなたは、こちらからパーソナルトレーニングにお越しください!

LINE@登録でダイエットエクササイズ動画を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せ、短時間できる痩せる筋トレなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

この記事が役に立ったと思われたら、こちらのSNSボタンを押してシェアをお願いいたします!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【“見た目を変える”ことで“なりたいカラダ”を作るボディメイクトレーナー】
無理のない身体作りメソッドと分かりやすい指導によって、週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》
PAGETOP
ページトップヘ