本気で体重を落としたいなら、食生活の改善が必要です!ポイントは3つ! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

本気で体重を落としたいなら、食生活の改善が必要です!ポイントは3つ! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ダイエット食事法

本気で体重を落としたいなら、食生活の改善が必要です!ポイントは3つ!

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

『できればもう少し体重を落としたい。。。』

こんなお悩み、あなたもありますか?

もし本気で体重を落としたいなら、何もしないで落ちることはないというのは、

あなたもすでにご存じのとおりです。。。

体重を落としたいなら、必ず食生活を改善する必要があります。

なぜなら、体は食べたものでできているので、

体脂肪も食べたものが多すぎた結果、増えてしまい太るからです。

今日は、体重を落としたいときに、食生活を改善するための3つのポイントについてお話します!

体重を落とすなら、食生活の改善が必要?

あなたが、本気で体重を落としたいなら、食生活の改善は必要です。

なぜなら、体は食べたものでできているので、

食べ過ぎたものが蓄えられたことで、体脂肪が増え、太ってしまうからです。

そのため、今のままの食生活を続けても、根本的に体脂肪が蓄えられることが

変わらないので、体脂肪が減らなくて体重を落とすことができないのです。

これが理由で、体重を落としたいなら、食生活の改善が必要なのです。

食生活改善のポイントは、3つ!

調べれば調べるほど、食生活や食事の方法は出てくるので、混乱してしまいますよね。


体重を落とすために食生活を改善するには、

1.食事は腹八分目まで
2.タンパク質をしっかり摂る
3.間食はしない

という、まず意識したい3つのポイントについて、1つずつ解説します!

1.食事は腹八分目まで

どれだけ栄養を気にしていても、食べ過ぎれば、余った分はすべて体脂肪になってしまいます。

そのため、まず1番最初に意識するのは、食事の量です。

食事の量と言っても、『どれぐらいの量に設定すれば良いの?』となりますよね。


目安になる食事量は、「腹八分目」です。

腹八分目は、だいたい『もうちょっと食べれるかな』というところで、

食事をストップしておくぐらいの量になります。

まずは、この食事量に気を付けることが第1ステップになります。

詳しくは、こちらの記事をご参考にしてください。

2.タンパク質をしっかり摂る

食事の量に気を付けたら、次は栄養の偏りをなくすことです。

糖質制限!や油は控える!というのは、あなたもすでに意識していますよね。

そんな時に、忘れがちで、なおかつ少なくなるのが「タンパク質」です。

タンパク質は筋肉を維持して、体脂肪を分解するために必ず必要になり、

足りなくなると、筋肉が減って、体脂肪が減りにくく、痩せにくい体になります。


そのため、タンパク質をしっかり摂ることを意識してください。

目安の量は、1日にあなたの体重×1.0g(体重50kgなら、1日に50g)

を、3食に分けて摂ることです。

1日に必要な分を1食で摂っても、体が処理できる量に上限があるため、

上限を超えた分は、体脂肪になるか、体の外に排出されてしまうだけです。


またその後、2食でタンパク質を摂らないと、筋肉が減り、体脂肪が減らないので、

ほとんど体重を落とす効果はないからです。

そのため、1日に、あなたの体重×1.0gを3食に分けて摂ることが重要なのです。

あなたの体重に100%左右されますが、だいたい1食が16~20g程度になります。

何にどれぐらいタンパク質が入っているかの目安は、

お肉100gに20g、魚1切れに15g、卵1つに6g、納豆1パックに6g

となります。


これらの量で計算して、タンパク質をしっかり摂るようにしてみてください。

3.間食をしない

食事を摂ってから約2時間は、体は栄養をエネルギーに変えて蓄えるモードになります。

この、体にエネルギーを蓄える時間は、筋肉やその他の細胞含め、体脂肪も含まれます。

そのため、この2時間は、体脂肪が減りにくい時間になるのです。

そして、2時間経ってから、やっと体脂肪の消費が始まるのです。


そのため、例えば、

お昼ご飯を12時に食べると、2時間後の14時まで体脂肪の蓄積の時間です。

そして、夜ご飯が19時だとすると、

14時から19時までの5時間は体脂肪の消費が行われます。


ですが、14時に間食をしてしまうと、さらに2時間体脂肪の蓄積時間が増えます。

つまり、お昼ご飯の12時から16時まで体脂肪の蓄積の時間になるのです。

そうすると、16時から19時までの3時間しか体脂肪の消費が行われないことになります。

間食をしないと、2時間の蓄積と5時間の消費で、体脂肪の消費が多いですが、

間食をすると、4時間の蓄積で、3時間の消費になり、体脂肪の蓄積が多くなります。。。

間食をしたほうが、体脂肪が減りにくいのがわかりますね。。。

これが理由で、間食はしないほうが良いのです。


間食について詳しくは、こちらの記事をご参考にしてください。

まずはこの3つを意識してみてください!

体重を落としたいなら、まずは

1.食事は腹八分目を意識して食事量を調整する
2.タンパク質を1日に体重×1.0gを3食に分けてしっかり摂る
3.間食は、体脂肪が減りにくくなるのでしない

という3つのポイントに気を付けて、食生活を改善してみてください!

体脂肪の蓄積を抑え、消費を増やし、体重を落とすための食事内容になります。

『1人でやっててもあまり食事の改善がうまくいかない』というあなたは、こちらからパーソナルトレーニングにお越しください!

LINE@登録で部位別ダイエットエクササイズ動画20本以上を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

この記事が役に立ったと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアをお願いいたします!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【“見た目を変える”ことで“なりたいカラダ”を作るボディメイクトレーナー】
無理のない身体作りメソッドと分かりやすい指導によって、週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ