ダイエット中の朝ご飯にオススメするたった1つの食べ物。 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム ASmake

ダイエット中の朝ご飯にオススメするたった1つの食べ物。 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム ASmake

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00

先着7名様限定 体験予約はこちら

LINE登録はこちら

ブログ

ダイエット食事法

ダイエット中の朝ご飯にオススメするたった1つの食べ物。

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

ダイエットして痩せるなら、
ほぼ必ずお伝えしている『朝ご飯を食べること』
ですが、

その時のご質問で多いのが、
『朝ご飯、何を食べればいいですか?』というもの。

ダイエット中の朝ご飯にオススメする食べ物は、

おにぎり(お米)です。

なぜなら、おにぎりを食べることで、
体脂肪を減らしやすくしてくれるからです。

今日は、ダイエット中の朝ご飯にオススメするたった1つの食べ物をお伝えしますね!

ダイエットに朝ご飯は必要?

そもそも、ダイエットに朝ご飯は必要なのかどうかですが、

食べられるなら、朝ご飯は、食べた方が良いです。

なぜなら、朝は1日の中でも1番エネルギー不足になっているので、
その状態のまま、お昼まで過ごすと、
飢餓状態で体を動かしていることになり、

筋肉を減らしてエネルギーに変えて体を動かすことになって、
どんどん筋肉が減っていき、代謝が下がり、痩せにくい体になるからです。

なので、ダイエット中は、よっぽどの理由がない限り、
朝ご飯は食べた方が良いです。

朝ご飯にオススメの食べ物

そうお伝えすると、かなり多くの割合でご質問いただくのが、
『朝ご飯は、何を食べたらいいですか?』
というものです。

ダイエットするなら朝ご飯を食べたら良いのはわかったけど、
何を食べるのがベストなのか気になりますよね。

ダイエット中の朝ご飯にオススメの食べ物は何かというと、

おにぎり(お米)です。

理由は、おにぎり(お米)を朝ご飯に食べることで、
体脂肪が減りやすいスイッチが入り、痩せやすい体になるからです。

おにぎり(お米)がオススメな理由

おにぎり(お米)がオススメな詳しい理由が何かというと、

おにぎり(お米)に含まれている炭水化物の「ブドウ糖」と、
肝臓に蓄えられている炭水化物の「ブドウ糖」が同じだからです。

体は、肝臓に蓄えられている「ブドウ糖」の残量によって、
今エネルギー不足で飢餓状態なのかどうかを判断します。

肝臓に蓄えられている「ブドウ糖」が、満タンであれば、
今体はエネルギーが満たされている状態。

肝臓に蓄えられている「ブドウ糖」が、ゼロであれば、
今体は完全にエネルギー不足という状態。

つまり、肝臓に蓄えられた「ブドウ糖」の量がゼロに近づくほど、
体はエネルギー不足で飢餓状態だと判断するということです。

そして、理論上、肝臓に蓄えられた「ブドウ糖」は約7時間何も食べないと、
ゼロになります。(あくまでも理論上です。現実はもう少し複雑です)

ということは、夜ご飯を20時に食べて、朝起きるのが7時だとすると、
20時から7時までの約11時間何も食べないことになります。

そうすると、理論上7時間をかなり超えることになり、
肝臓の「ブドウ糖」の残量はゼロに近くなり、
体はエネルギー不足で、飢餓状態という判断をします。

朝起きた瞬間でさえこの状態なのに、
お昼までこのまま体を動かすと、ずっとエネルギー不足なので、
どんどん筋肉を減らして、エネルギー不足を補うようにしてしまい、
代謝が下がり、体脂肪が減りにくく痩せにくい体になります。

なので、痩せにくい体になるのを止めるために、
朝ご飯におにぎり(お米)を食べることが必要なんです。

なぜなら、おにぎりに含まれる「ブドウ糖」は
肝臓に蓄えられている「ブドウ糖」を補給することができるからです。

肝臓に蓄えられている「ブドウ糖」がゼロに近くなっている朝に食べることで、

肝臓に蓄えられている「ブドウ糖」をしっかり補給することが出来て、

エネルギー不足の状態から、エネルギーが満たされている状態へと
変えられるんです。

そうすると、エネルギーが満たされているから、
しっかりエネルギーを消費してもOKと体は判断するので、
体脂肪もしっかり減りやすくなるんです。

これが、ダイエット中の朝ご飯におにぎり(お米)をオススメする理由です。

おにぎり(お米)以外なら、これがオススメ!

ただ、おにぎり(お米)以外なら、何が良いのかと聞かれることも多いので、
少しお話します。

この時大事なのは、肝臓に蓄えられているブドウ糖が含まれる食べ物を
食べることなので、

お米以外なら、食パン、うどん、そば、さつまいも、パスタ、じゃがいもなどです。

これらは、ブドウ糖が多く含まれた炭水化物の食べ物だからです。
なので、もし『おにぎり(お米)以外にオススメはないの?』
と思われたら、これらの食べ物でもOKなので、ご参考にしてください。

『食べる量はどれくらいが適量?』ということですが、
それに関しては、長くなるので、こちらの記事をご参考にしてください。↓

まとめ

ダイエット中の朝ご飯は、
おにぎり(お米)を食べることをおすすめします。

理由は、おにぎり(お米)を食べることで、体が飢餓状態じゃなくなり、
体脂肪をしっかり減らすことが出来る痩せやすい体になるからです。

お米には、ブドウ糖という炭水化物が多く含まれていて、
これは肝臓に蓄えられているものと同じで、
この肝臓に蓄えられたブドウ糖の残量によって体はエネルギー不足なのかどうか判断しています。

朝は、肝臓のブドウ糖がゼロに近くて、エネルギー不足で飢餓状態になっていて、
そのままだと体脂肪が減らず筋肉が減って痩せにくい体になります。

そのため、おにぎり(お米)を食べると、肝臓のブドウ糖を補給できて、
飢餓状態から抜け出せて、体脂肪を減らしやすく出来るんです。

痩せやすくなるので、
朝ご飯にはおにぎり(お米)だけでも良いので、明日からでも食べてみてくださいね!

パーソナルトレーニングでは、
体の仕組みから、痩せるために必要なことをお伝えしています。
『正しいダイエットをしたい』という場合は、お気軽にご相談ください!

公式LINEアカウントで定期的にダイエット情報や健康情報を配信してます。ご質問やコメントもお気軽にどうぞ!登録はこちら↓

友だち追加

この記事が面白いと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアしてくださると嬉しいです!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【見た目を変えることでなりたい体を作るボディメイクトレーナー】
過去に無理な減量方法などによって優勝を逃した悔しさから、アフリカに2年間柔道を教えに行くタイミングで、身体について猛勉強し、無理のない身体作りメソッドを生み出す。
言葉や文化の異なるアフリカでいかに分かりやすく指導するか試行錯誤した結果、全国チャンピオンを輩出。
日本に帰国後、理論と指導法に磨きをかけ、女性のボディメイクに応用し、分かりやすい指導と週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。
詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジムASmake代表》

カテゴリー

PAGETOP
ページトップヘ
無料でダイエット動画プレゼントLINE登録はこちら 先着7名様限定価格での体験予約はこちら