筋肉をつけたいなら、筋トレと食事どっちが大事なのか?【立川のパーソナルトレーナーが解説】 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

筋肉をつけたいなら、筋トレと食事どっちが大事なのか?【立川のパーソナルトレーナーが解説】 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

お問い合わせはこちら

LINE登録はこちら

ブログ

ブログ

筋肉をつけたいなら、筋トレと食事どっちが大事なのか?【立川のパーソナルトレーナーが解説】

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

先日、お客様からこんなご質問をいただきました。
『筋肉をつけるなら、食事も大事ですよね?』

これは、その通りで、筋肉をつけたいなら、食事がかなり重要です。

では、筋トレと食事、どっちがより重要なのかと言うと、
どっちも全く同じだけ重要です。

なぜなら、筋トレで筋肉を成長させるスイッチを入れて、
食事で実際に筋肉をつけることができるからです。

今日は、筋肉をつけたいなら、筋トレと食事、どっちも同じだけ重要な理由についてお話しますね!

筋トレと食事、どっちが重要?

筋肉をつけたいなら、筋トレと食事、どちらが重要なのかと言うと、

どちらも全く同じだけ重要です。

なぜなら、
筋トレだけでは、筋肉をつけるスイッチを入れるだけにしかならず、

食事だけでは、筋肉をつけるスイッチが入っていないので、筋肉がつかないからです。

なので、筋トレをして、筋肉をつけるスイッチを入れて、
そのうえで、食事をきちんと整えることで、栄養が筋肉に行き、
実際に筋肉がつくんです。

なので、どちらかだけ頑張っても、筋肉がつくことはないんです。

筋トレで筋肉の成長のスイッチが入る

筋トレをして、筋肉がつくスイッチが入る仕組みは、

筋肉に、強いダメージや負荷が与えられ、
『このままだと、次同じ負荷やダメージが与えられたら、筋肉がつぶれてしまう』
と危機感を感じるからです。

筋肉がつぶれて動かなくなったりすると、命の危機に関わることにもなります。

昔で言うと、筋肉が動かなくなると、
肉食動物追いかけられても、逃げられず襲われてしまい、
狩りをしたい動物を追いかけることもできず、その日の食糧がなくなるというように、

文字通り、命に関わりますよね。

なので、僕らの体は、筋肉に強いダメージや負荷が与えられると、
次また同じようなことがあっても、大丈夫なように、筋肉をつける仕組みが備わっているんです。

それができるのが、筋トレで、
筋トレは、唯一筋肉をつけることができる運動なんです。

そのため、その筋トレを行うことで、筋肉に強いダメージや負荷が与えられて、
『筋肉をつけないと!』と判断してくれるんです。

ただし、そう判断しても、筋肉をつけるために必要な栄養がないと、
実際に筋肉がつくことはありません。

僕らも、何も食べなければ、栄養不足で死にますよね?

それと同じで、筋肉をつけるにも、必ず食べ物と言う栄養が必要で、
栄養がないと、筋肉もつかないからです。

なので、筋トレは、筋肉をつけるためのスイッチを入れるだけに過ぎないんです。

食事で、実際に筋肉がつく

なので、筋肉をつけるなら、食事も同じだけ重要なんです。

なぜなら、食事で栄養を摂らないと、実際に筋肉がつくことがないからです。

筋肉に必要なのは、主にタンパク質と炭水化物(ブドウ糖)です。

筋トレをしたうえで、この2つの栄養をしっかりと摂ることで、
筋肉を合成(筋肉を増やす作業のこと)を進んでやってくれるので、
筋肉がついてくるんです。

タンパク質が多く含まれた食べ物は、
肉、魚、卵、魚介類(貝やタコ、イカなど)、大豆製品(納豆や豆腐など)

炭水化物(ブドウ糖)の食べ物は、
お米、食パン、うどん、そば、パスタ、芋類などです。

これらの食べ物をしっかりと食べることが
実際に筋肉をつけるために、必ず必要です。

せっかく筋トレをして、筋肉をつけるスイッチを入れたのに、
食事をおろそかにして、しっかりと食べないと、
筋肉が実際につくことがないので、

筋トレをしているなら、必ずタンパク質と炭水化物(糖質)を摂ってください。

量の目安ですが、

タンパク質は、1日にあなたの体重×1.0~1.2g
(体重50kgなら、50~60g)

炭水化物(ブドウ糖)は、1食で約50g前後を目安に食べてください。

筋トレも食事もどちらも同じだけ重要

結論、筋肉をつけたいなら、
筋トレも、食事もどちらも、全く同じだけ重要です。

なぜなら、
筋トレだけをしていても、筋肉をつけるスイッチが入るだけで、実際に筋肉がつかず、

食事だけに気を付けても、筋肉がつくスイッチが入っていないので、筋肉がつかないからです。

なので、筋トレをして、しっかり筋肉に強いダメージや負荷を与えて、
筋肉をつけるスイッチを入れたうえで、
食事でタンパク質と炭水化物(ブドウ糖)をしっかりと摂ることで、
栄養が筋肉に行き渡り、筋肉がついてくるんです。

もし、『筋肉をつけたい』と思われているなら、筋トレも食事もどちらもしっかりと行ってくださいね!

パーソナルトレーニングでは、あなたの目的や目標に合った
トレーニングや食事を細かくアドバイス、修正させていただきます。
『自分1人じゃやり方がわからない』という場合は、お気軽にご相談ください!

公式LINEアカウントで定期的にダイエット情報や健康情報を配信してます。ご質問やコメントもお気軽にどうぞ!登録はこちら↓

友だち追加

この記事が面白いと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアしてくださると嬉しいです!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【見た目を変えることでなりたい体を作るボディメイクトレーナー】
過去に無理な減量方法などによって優勝を逃した悔しさから、アフリカに2年間柔道を教えに行くタイミングで、身体について猛勉強し、無理のない身体作りメソッドを生み出す。
言葉や文化の異なるアフリカでいかに分かりやすく指導するか試行錯誤した結果、全国チャンピオンを輩出。
日本に帰国後、理論と指導法に磨きをかけ、女性のボディメイクに応用し、分かりやすい指導と週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。
詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ
ダイエット・健康情報・発信中!!LINE登録はこちら 24時間受付中!!お問い合わせはこちら