太りたくない!そんなときに控える食事と増やす食事はこれ!【立川のパーソナルトレーナーが解説】 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

太りたくない!そんなときに控える食事と増やす食事はこれ!【立川のパーソナルトレーナーが解説】 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ダイエット食事法

太りたくない!そんなときに控える食事と増やす食事はこれ!【立川のパーソナルトレーナーが解説】

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

『せっかく痩せたから太りたくない』

そんな思い、必ずありますよね?

リバウンドして、また太りたいなんてこと、思うはずがありませんね。


太りたくないと思ったとき、あなたは何をしますか?

食事に気を付けて、運動する!それが1番シンプルな答えですよね。

運動は、時間がなかったり、家だとどうしてもできなかったりがありますが、


食事は、365日毎日必ず行うことなので、

太りたくない時は、そんな食事を調整してあげることが重要です。

なぜなら、結局、食べ過ぎて、体にとって余分なものが体脂肪になって太るため、

体脂肪の蓄積を抑えるには、時間がいつ取れるかわからない運動をたまにするより、

365日行う食事に気を付けることが1番早く、効果的だからです。

今日は、太りたくない時に、控える食事と増やす食事についてお伝えします!

太るのはなぜ?

体脂肪が増えて太ってしまうのは、体にとって余分な栄養が入ってきたからです。

体の細胞(筋肉など)や、活動するエネルギー以上のものが入ってくると、

それらは、今使うところがないため、何かあったとき(主に飢餓)のために、

体脂肪として、蓄積してしまうのです。

つまり、簡単に言うと、食べ過ぎた分が体脂肪になって太るということです。

太りたくない!なら、運動?食事?

太りたくないとき、あなたは、運動しますか?食事に気を付けますか?


個人的には、どちらも大切だと思っていますが、

家だとなかなか運動ってできなかったり、運動する時間がそもそも取りづらかったり。。

ということもありますよね。


でも、単純に食べ過ぎていれば、体脂肪が増えて、太るのは事実。

そう考えると、365日時間があろうがなかろうが、必ず行うのは、

食事ですよね。

生きるためにも、必ず毎日行わないといけないことです。


太りたくない時は、そんな毎日必ず行う食事に気を付けることが、1番効果的です。

なぜなら、繰り返しになりますが、食べ過ぎれば、太るからです。

ただ、食事の何をどう気を付ければ良いか、具体的にイメージできないあなたのために、

今日は、太りたくない時に、控える食事と、増やす食事をお伝えします!

控える食事と増やす食事はこれ!

控える食事は、1つ。

1.砂糖・果糖を控えること 

です。

増やす食事は、2つ。

2.野菜を増やすこと

3.タンパク質を増やすこと

です。

この3つについて、詳しく解説していきますね!

1.砂糖・果糖を控えること

まず、果糖は、果物に含まれている糖質のことです。

果物に含まれている果糖は、お米やパンなどに含まれるブドウ糖という糖質よりも、

約3倍体脂肪になりやすいと言われています。

特に、肝臓に送られてから脂肪に変わるので、内臓やお腹周りの脂肪が増え太ります。

果糖が太ることについて、詳しくは、こちらの記事をご参考にしてください。

また、砂糖は、あなたもご存知の通り、体脂肪が増え太るものになります。

砂糖は、先ほど書いた、果物の糖質である果糖と、お米などに含まれるブドウ糖が、

半分ずつ組み合わさってできたものです。

果糖は、肝臓で体脂肪に変えられやすく、砂糖に含まれているブドウ糖は、

血糖値を急激に上げてしまい、その時に出されるインスリンというホルモンが、

体脂肪の蓄積を多くしてしまうので、砂糖は太るのです。

砂糖が太る理由と、血糖値について詳しくは、こちらの記事をご参考にしてください。

これらの理由で、果糖と砂糖は、どちらも体脂肪が増えやすく太るので、

果物や甘いものは、控えたほうが良いものになるのです。


逆に、増やす食事について、次から解説します!

2.野菜を増やすこと

野菜には、食物繊維が含まれています。

食物繊維は、体が消化できないものです。

そのため、それでも胃腸はしっかり消化しようとするため、

消化にかなり時間をかけます。

その消化に時間がかかる分、筋肉でできた内臓の働きが増え、

消費カロリーが増えるので、体脂肪が減りやすくなるのです。

また、食物繊維は、糖質の吸収をゆっくりにして、血糖値を急激に上げないようにし、

インスリンが出される量を少なくすることで、体脂肪の蓄積を抑え、


さらに、脂質の吸収を抑え、一緒に排泄してくれるため、

脂質が体内に吸収される量が減り、体脂肪の蓄積が抑えられます。


これらの理由で、野菜を食べると、体脂肪の蓄積が抑えられ、逆に体脂肪が減りやすくなります。

そのため、ブロッコリーやキャベツ、キノコや海藻類などの、

食べる量を増やすことが太らないために必要になるのです。

3.タンパク質を増やすこと

タンパク質は、筋肉やホルモンなどを含め、体を作る材料になるものです。

それが少なくなり、不足すると、

筋肉が減って、代謝が下がり、痩せにくい体になり、

ホルモンがうまく作られず、体脂肪が減りにくく、太りやすい体になります。

そのため、しっかりタンパク質を増やして摂ることで、

筋肉が維持できて、代謝を高いまま保てて、かつホルモンもうまく作られやすくなり、

体脂肪が減りやすく、蓄積しにくくなります。

また、タンパク質のカロリーは、体に入ると、約30%が熱として消費され、

体の中に残りくいため、カロリー消費も多く、これも体脂肪の蓄積を抑える理由になります。

(ちなみに、糖質のカロリーは約6%、脂質は約4%しか消費されず、ほとんど体の中に残ります。)


そのため、タンパク質が多く含まれている、お肉屋お魚、卵、納豆、豆腐などを

毎食しっかり食べることが、太らないために必要になります。


これらが、太りたくない時に、控える食事と増やす食事になります。

まとめ

太りたくない時には、太らないように運動したり、食事に気を付けると思います。

ただ、運動は、家ではなかなかできなかったり、時間が取れなかったりするため、

365日毎日必ず行う食事に気を付けることが、太りたくない時に効果的になります。

そのためには、

1.果糖や砂糖である、果物や甘いものを控えること

2.食物繊維が多く、体脂肪が減りやすくなる野菜を増やして食べること

3.体を作る材料になり、代謝を高くして体脂肪が減りやすくなるタンパク質である

お肉やお魚、卵や納豆などを増やして食べること

の3つのポイントで、食事に気を付けてみてください。

そうすることで、太りたくない時でも、太らないための対策になります!

『1人では、モチベーションが続かない。。。』というあなたは、パーソナルトレーニングにお越しください!

LINE@登録で部位別ダイエットエクササイズ動画20本以上を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

この記事が役に立ったと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアをお願いいたします!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【“見た目を変える”ことで“なりたいカラダ”を作るボディメイクトレーナー】
無理のない身体作りメソッドと分かりやすい指導によって、週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ