食事を減らすより、増やすことで痩せる!増やしたい2つの食べ物はこれ! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

食事を減らすより、増やすことで痩せる!増やしたい2つの食べ物はこれ! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ダイエット食事法

食事を減らすより、増やすことで痩せる!増やしたい2つの食べ物はこれ!

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

ダイエットして痩せるために、食事を減らす!

これは、あなたもダイエットして痩せるなら考えることですよね。


食べ過ぎるから太る!だから食事を減らすのが当たり前。

もちろん、これは本当にその通りで、反論する余地もありません。

ただ、痩せるために食事を増やすこともかなり重要です。


なぜなら、食事を減らすだけでは、体に必要な栄養まで減らしてしまい、

逆に痩せなくなるからです。

今日は、痩せるために増やしたい2つの食べ物についてお話します!

食べ過ぎは、太る!

この記事は、痩せるために増やしたい食べ物のお話ですが、

大前提として、食べ過ぎれば太るというのは、覚えていてください。


食べ過ぎは、筋肉を維持したり、ホルモンを作ったり、活動のエネルギーになるなどの

体にとって必要な栄養以上を食べることなので、


必要以上の分は、ただの余分な栄養になり、すべて体脂肪になってしまうため、太るからです。


そのため、大前提として、食べ過ぎれば太るというのは、覚えていてください。

だから食事を減らすと、痩せる?

『でも、食べ過ぎが太るから、食事を減らせば痩せるでしょ?』

というのも、もちろん正解です。


食べ過ぎが、体脂肪を増やして、太らせるので、

食事を減らして、食べ過ぎをなくせば、体脂肪は増えずに、減っていき痩せます。

今、主に食べ過ぎる傾向にあると言われているのが、

炭水化物(糖質)と、脂質です。

炭水化物(糖質)は、お米やパン、そば、パスタ、甘い物全般、砂糖が含まれているものなど

脂質は、お肉、お魚、バター、マーガリン、調理油など

です。

これらが、今は食べ過ぎている傾向にあり、

どちらも食べ過ぎれば、体脂肪として蓄積されやすくなるものです。

確かに、食事を減らすなら、これら炭水化物(糖質)と脂質を減らすことは必要になります。

ただ、増やすべき食事もあります!

炭水化物(糖質)と脂質は、食べ過ぎている傾向にあると言われているため、

減らすことで体脂肪の蓄積が抑えられ、痩せることができます。


ただし、その時に、増やすべきものまで減らしてしまうことがとても多いです。

痩せるために、増やすべきものは、

1.タンパク質
2.野菜(食物繊維)

の2つです。

以前こちらの記事にも、書きましたが、

減らし過ぎることで、逆に痩せなくなるものもあるのです。

今回は、この痩せるために増やしたい食べ物である

1.タンパク質と2.野菜(食物繊維) について、詳しく解説しますね!

1.タンパク質

タンパク質は、筋肉とホルモンの材料になるものです。

タンパク質が少なくなり、不足すると、

筋肉が減ることで、代謝が下がり、痩せにくい体になります。

また、体脂肪を分解して、消費しやすくするのは、ホルモンが行うため、

そのホルモンがうまく作られないと、体脂肪が分解されず、体脂肪が減りにくくなるので、

痩せにくい体になります。

筋肉維持と、ホルモンの生成。この2つをしっかり行って、代謝を高くして、

体脂肪を減らしやすくするために、必ずタンパク質を摂る必要があるのです。


タンパク質が多い食品は、

お肉(100gあたり、約20g)
お魚(切り身1つあたり、約15g)
卵(1つあたり、約6g)
納豆(1パックあたり、約6g)

です。


これらのタンパク質が入った食べ物を、

1日に、体重×1.0gを目安(50kgなら、50g)を、3食に分けて、

毎食食べるようにしましょう。(1日50gなら、1食約16~7g)

タンパク質について、詳しい記事はこちらをご参考にしてください。

2.野菜(食物繊維)

「野菜を食べると良い」と、一度は聞いたことあるかもしれませんね。

これは、ダイエットして痩せるには、間違いなく良いことです。


野菜に含まれる食物繊維は、

食べ過ぎれば体脂肪になりやすいと先ほど書いた

炭水化物(糖質)や脂質の、体脂肪への蓄積を抑えてくれる効果があります。

また、食物繊維は、本来消化できないものなので、

胃腸がそれでも消化しようと、消化の時間に時間をかけるので、

その分、内臓が長い時間働くことになります。

内臓も筋肉でできているため、内臓が長い時間働く分、消費カロリーが増えて、

体脂肪が減りやすくなり、痩せやすくなるのです。

つまり、食物繊維を摂ることで、体脂肪の蓄積が抑えられ、同時に、体脂肪が減りやすくなるのです。

野菜について詳しくは、こちらの記事をご参考にしてください。

そのため、野菜を食べる量を増やすことで、痩せるのです。

目安は、1日に両手に盛るぐらいの量を、これも、3食に分けて食べてみてください。

ただし、芋類は炭水化物(糖質)、アボカドは、脂質の食べ物になるので、

野菜だと思って食べるのは、避けてください!


これらの理由で、痩せるために増やすべき食事は、タンパク質と野菜(食物繊維)になるのです。

まとめ

痩せるために、食事を減らすことを考えがちですが、

そうすると、本当は必要な栄養まで減らしてしまい、痩せにくくなります。


そのため、減らすだけではなく、食事を増やすことも考えてみてください。

痩せるために増やしたいものは、

1.タンパク質
2.野菜(食物繊維)

の2つです。

これらをしっかり食べることで、代謝が高く、体脂肪が減りやすい体になります。

食事を減らしてもなかなか痩せないあなたは、ご参考にしてください!

『1人でやってもうまくいかないから、相談しながら痩せていきたい』と思われているあなたは、

パーソナルトレーニングにお越しください!

LINE@登録で部位別ダイエットエクササイズ動画20本以上を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

この記事が役に立ったと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアをお願いいたします!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【“見た目を変える”ことで“なりたいカラダ”を作るボディメイクトレーナー】
無理のない身体作りメソッドと分かりやすい指導によって、週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ