食事の時間でダイエット成功が決まる!正しい朝昼夜の食べる時間はこれ! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

食事の時間でダイエット成功が決まる!正しい朝昼夜の食べる時間はこれ! | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

ダイエット食事法

食事の時間でダイエット成功が決まる!正しい朝昼夜の食べる時間はこれ!

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

先日の、食事カウンセリングでのこと
『食事の時間は変えたほうが良いんですかね?』
とご質問いただきました。

その方は、朝9時半ごろに朝食、16時ごろに昼食、21時ごろに夕食
という感じの食生活でした。

『食事の時間を変えたほうが良いですか?』というのは、
そもそもの食事の時間と、食事と食事の間の時間を
変えたほうが良いのかということでした。

結論から言うと、僕は食事の時間はこのままで良いと思いました。

なぜなら、食事と食事の時間は、約6時間空くことが大事なので、
特に食事そのものの時間は何時でも良いと考えているからです。

今日は、ダイエット成功が決まる、朝昼夜の食事の時間についてお話しますね!

肝臓のブドウ糖がポイント

食事の時間を決める最大のポイントが、

肝臓に蓄えられている「ブドウ糖」の残量になります。

「ブドウ糖」とは、炭水化物(糖質)の1種で、
お米、パン、パスタ、うどん、そば、芋類などの
いわゆる主食に含まれています。

(参考記事:ブドウ糖って何?)

 

この「ブドウ糖」は、体の中の肝臓に蓄えられています。

肝臓の中に「ブドウ糖」を蓄えるバケツのようなものがあり、
そこに蓄えられているとイメージしてください。

何のために肝臓に「ブドウ糖」が蓄えられているかというと、

・体に栄養が足りているかどうか判断するため
・空腹時にエネルギーとして全身に送るため

という2つの役割のためです。

逆を言えば、
肝臓に蓄えられている「ブドウ糖」が空になっていると、

・体に栄養が足りていないと判断される

→飢餓状態になるため、筋肉が減り、体脂肪が減らない痩せにくい体になる

・空腹時にエネルギーになるものがない

→筋肉を減らして、エネルギーに変えるので、代謝が下がり痩せにくい体になる

ということが起こってくるんです。

これはそもそも糖質制限ダイエットを勧めない理由にもなりますが、

ダイエットするための食事の時間を考えるときに、
肝臓に蓄えられている「ブドウ糖」が
かなり重要なポイントになる理由なんです。。

肝臓の「ブドウ糖」は7時間で空になる

この肝臓の「ブドウ糖」のバケツをいっぱいにして、
満たしておくには、
当然、お米やパン、パスタ、うどん、そば、芋類などの主食を
食べる必要があります。


なぜなら、これらは「ブドウ糖」が含まれている食べ物だからです。

なので、肝臓の「ブドウ糖」を補給するには、
「ブドウ糖」の食べ物を食べないといけないんです。


そして、肝臓に蓄えられている「ブドウ糖」は、
食事と食事の間の空腹時に、エネルギーとして
全身に送られます。

そうすると、徐々に肝臓に蓄えている「ブドウ糖」が
減っていくことになりますよね。

そうして減っていって、

肝臓に蓄えられた「ブドウ糖」は
理論上、約7時間で空になると言われています。

肝臓の「ブドウ糖」が空になると、先ほど書いた通り、
筋肉が減り、体脂肪が減らない痩せにくい体になってしまいます。

なので、食事と食事の間は、7時間空くと、
痩せにくい体になるということなんです。

つまり、

6時間ごとに食事するのが理想

食事は、6時間ごとにするのがダイエット成功にとって
理想なんです。

なぜなら、7時間だと肝臓の「ブドウ糖」が空になり、
痩せにくい体になってしまうので、その前に食事を摂るべきだからです。

なので、冒頭でご紹介した方の
朝ご飯が9時半、お昼ご飯が16時、夕飯が21時の食生活は、
特に問題ないと思ったんです。

ばらつきはありますが、

・7時間を超えていないこと
・約5~6時間で食事していること

に当てはまっているので、問題ないんです。

ただ、夕食が遅い時間なのは、そもそも体脂肪が増えやすいので、
夕食の時間だけは、6時間よりも短くなったとしても、早く食べても良いかもしれませんが、

それはまた別の話ですし、このままの食事で痩せなければ、そうしてあげればいいと思います。

朝ご飯からスタート

なので、朝ご飯からスタートして計算して、

6時間ごとに夕食まで食べれば良いということです。

そうすれば、筋肉も維持しやすく、体脂肪も減りやすい
痩せやすい体になるからです。

例えば、朝ご飯が7時なら、お昼ご飯は13時、夜ご飯は19時
という感じです。
もちろん、仕事をしていると、『お昼が13時は無理!』などもあると思うので、
あくまで理想として、ここに近づけるようにしてあげればOKです!

そうすれば、ダイエット成功のための食事の時間になり、
うまく痩せられますよ!

まとめ

ダイエット成功のための、食事の時間は、

約6時間ごとに食事することが理想です。

ポイントは、肝臓に蓄えられている「ブドウ糖」で、
この「ブドウ糖」が約7時間何も食べないと空になり、

筋肉が減って、体脂肪が減らない痩せにくい体になってしまうからです。

そうなる前に食べることが必要なので
約6時間ごとに食事するのが理想なんです。

なので、朝ご飯からスタートして、
できるだけ6時間ごとに食事するように
近づけていってみてくださいね!

こちらの公式LINEアカウントに登録すると、部位別ダイエットエクササイズ動画20本以上を無料でプレゼント!【その後は、定期的にダイエット動画を配信】

友だち追加

この記事が面白いと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアしてくださると嬉しいです!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【見た目を変えることでなりたい体を作るボディメイクトレーナー】
過去に無理な減量方法などによって優勝を逃した悔しさから、アフリカに2年間柔道を教えに行くタイミングで、身体について猛勉強し、無理のない身体作りメソッドを生み出す。
言葉や文化の異なるアフリカでいかに分かりやすく指導するか試行錯誤した結果、全国チャンピオンを輩出。
日本に帰国後、理論と指導法に磨きをかけ、女性のボディメイクに応用し、分かりやすい指導と週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。
詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ