たんぱく質よりも、糖質を摂ったほうが良い2つの理由 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム ASmake

たんぱく質よりも、糖質を摂ったほうが良い2つの理由 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム ASmake

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00

先着7名様限定 体験予約はこちら

LINE登録はこちら

ブログ

ダイエット食事法

たんぱく質よりも、糖質を摂ったほうが良い2つの理由

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmakeの山﨑将太です。

筋肉をつけてダイエットするのに、
『たんぱく質をしっかり摂ろう!』というのはよく聞きますよね。

もちろん、たんぱく質もなくてはならない栄養なので、
必ず必要ですが、ちょっとフォーカスされ過ぎなんじゃないかと考えています。

実は、筋肉をつけてダイエットするなら、たんぱく質よりも糖質を摂ったほうが良いんです。

なぜなら、

①糖質は、たんぱく質を節約してくれる
②たんぱく質の摂り過ぎは腎臓を悪くする

の2つの理由があるからです。

今日は、たんぱく質よりも糖質を摂ったほうが良い2つの理由を1つずつ解説しますね!

①糖質は、たんぱく質を節約してくれる

はじめに、誤解のないようにお伝えしておきますが、

たんぱく質は、かなり重要な栄養で、なくてはならないものです。
(参考記事:タンパク質を摂るとダイエットにどう関係するの?を解説)

 

筋肉をつけてダイエットするには、絶対に必要ですが、
フォーカスされ過ぎて、摂り過ぎていると考えているだけです。

その理由の1つとして、

糖質がたんぱく質の節約効果があることが挙げられます。

これは、どういうことかというと、
糖質を摂れば、たんぱく質の役割をある程度代わってあげることができて、
たんぱく質をそこまで多く摂らなくても良くなるんです。

少し強引に例えるなら、
100円玉が、たんぱく質だとして、10円玉が糖質だとすると、

100円玉5枚で500円にしたいけど、1枚100円玉がなくて400円にしかならなかったとしても、10円玉が10枚あれば100円になるので、
100円玉4枚と、10円玉10枚で、500円になりますよね。

つまり、100円玉というたんぱく質が足りなくても、10円という糖質で補うことができるということです。

 

なので、糖質を摂っていれば、ある程度たんぱく質を摂らなくても大丈夫なんです。
(もちろんすべてを代わることはできません)


実際、ある研究でも、筋トレの後に、
①糖質を摂った場合
②たんぱく質を摂った場合
③糖質とたんぱく質を摂った場合

を比べると、③糖質とたんぱく質を摂った場合が、1番筋肉を増やすことができたという結果になっています。

さらに、1日に100gの糖質を摂るだけでも、筋肉の分解(減ること)が半分に抑えられることがわかっています。

つまり、糖質を摂れば、それだけタンパク質を筋肉や皮膚、その他のより必要な場所に送ることができて、余計なものに使わなくて済むので、無駄がなくなるんです。


これが理由で、たんぱく質よりも糖質をしっかり摂ったほうが良いんです。

②たんぱく質の摂り過ぎは腎臓を悪くする

そして、2つ目の理由は、

たんぱく質を摂り過ぎれば、腎臓が悪くなるということです。

これは、体の中でたんぱく質を分解したり、処理するのに、腎臓が重要になるからです。

たんぱく質は、糖質や脂質と違って、唯一「窒素」という元素がついています。

小学校の授業で習った、地球の空気の約70%が「窒素」というモノです。笑

たんぱく質を摂ると、この「窒素」が体の中で切り離されて、筋肉やその他必要な場所に送られます。

そして、必要な場所に送られても、まだ余っている窒素は腎臓で処理されて、濾過され、尿として排出されます。

ということは、たんぱく質を多く摂れば摂るほど、
腎臓での作業が増えて、負担がかかり、疲労が溜まってしまいます。

そうすると、毎日毎日たんぱく質を多く摂れば、腎臓が疲れ切って、
機能が落ちてしまって、どんどん悪くなっていきます。

結果、下手をすると、回復できないところまで落ちて、
一生透析ということになります。。。

(参考記事:血液検査で、要チェックなたった1つの項目。)

 

たんぱく質を摂り過ぎると、腎臓を壊すリスクが上がることと、
1つ目の糖質がたんぱく質を節約してくれることを考えても、

たんぱく質をそこまで多く摂る意識をしなくても、
糖質をしっかり摂ることを意識するほうが良いですよね。

実際、1日の糖質の必要量は、1日の総摂取カロリーの約60%で、
たんぱく質は、約15%です。

断然、糖質の方が量が多いので、これでも、たんぱく質よりも糖質を摂ったほうが良いとわかりますね。

この時の糖質は、「ブドウ糖」のこと

この記事での糖質とは、「ブドウ糖」のことです。

なぜなら、「ブドウ糖」だけが唯一、全身の細胞のエネルギーになるからです。

それ以外の糖質の種類である「果糖」や「ガラクトース」は、
肝臓で体脂肪になりやすい特徴を持っているので、
たんぱく質を節約したり、役割を代わることができないんです。

なので、「ブドウ糖」の食べ物である
お米、パン、パスタ、うどん、そば、芋類、かぼちゃなどを、たんぱく質よりもしっかり摂るようにしてくださいね!
(参考記事:ブドウ糖って何?)

 

まとめ

筋肉をつけてダイエットするにも、
たんぱく質よりも糖質を意識して摂ったほうが良いです。

なぜなら、

①糖質は、たんぱく質を節約してくれる
②たんぱく質の摂り過ぎは腎臓を悪くする

という2つの理由があるからです。

たんぱく質をそんなに多く摂らなくても、糖質が役割をある程度代わってくれますし、腎臓へのダメージも少なくなります。

『たんぱく質を意識!』というあなたは、糖質をもっと意識してみてくださいね。
それでも、普通に痩せることができますよ!

今だけこちらのLINE登録で、
通常5000円の部位別エクササイズ動画を、無料でプレゼントしています!
LINE友だち追加は、こちら↓

友だち追加

ASmakeのパーソナルトレーニングでは、あなたの食生活や生活リズムに合わせて、ただ痩せるだけじゃなく、健康的にストレスのない方法をお伝えしています。
『ダイエットで何が正解かわからない』という場合は、お気軽にご相談ください!

この記事が面白いと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアしてくださると嬉しいです!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【見た目を変えることでなりたい体を作るボディメイクトレーナー】
過去に無理な減量方法などによって優勝を逃した悔しさから、アフリカに2年間柔道を教えに行くタイミングで、身体について猛勉強し、無理のない身体作りメソッドを生み出す。
言葉や文化の異なるアフリカでいかに分かりやすく指導するか試行錯誤した結果、全国チャンピオンを輩出。
日本に帰国後、理論と指導法に磨きをかけ、女性のボディメイクに応用し、分かりやすい指導と週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。
詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジムASmake代表》

カテゴリー

PAGETOP
ページトップヘ
無料でダイエット動画プレゼントLINE登録はこちら 先着7名様限定価格での体験予約はこちら