痩せるために食べたい炭水化物の食べ物はコレ!果物ばかりは、NGです。。 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

痩せるために食べたい炭水化物の食べ物はコレ!果物ばかりは、NGです。。 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

ブログ

お米

痩せるために食べたい炭水化物の食べ物はコレ!果物ばかりは、NGです。。

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

通っていただいているお客様には、

糖質制限しないように食事のアドバイスをしています。

そうすると、まずは「炭水化物(糖質)を食べてください」となるのですが、

炭水化物であれば何でも良いというわけでもないのです。


果物も、お米も、パスタも、そばも、スイーツも

すべて炭水化物(糖質)が入ってる食べ物ですが、

痩せるために食べたい炭水化物(糖質)は、ブドウ糖が含まれるお米やパスタなどです。

なぜなら、ブドウ糖は、他の炭水化物(糖質)と違って、

全身の細胞のエネルギーになるため、体脂肪になりにくいからです。

今日は、痩せるために食べたい炭水化物(糖質)の食べ物についてお話します!

炭水化物(糖質)って何?

炭水化物(糖質)とは、3大栄養素と呼ばれるぐらい、

大きく必要な栄養素です。(その他は、タンパク質と脂質)


炭水化物と糖質の、言葉の違いですが、

糖質に、食物繊維がプラスされると、炭水化物になる。

これだけです。

式で書くと、

炭水化物=糖質+食物繊維

ということです。ただ、この記事では、食物繊維はほとんど出てきませんが、

今回は、わかりやすくするために、炭水化物(糖質)と表現していきます。

炭水化物(糖質)には、大きく3つ種類がある!

お米であろうが、果物であろうが、スイーツであろうが、

どの炭水化物(糖質)の食べ物を食べたとしても、

体の中に吸収されるときは、単糖と呼ばれるものにまで、分解されていきます。

この単糖には、3つの種類があります。

その3つが、

・ブドウ糖
・果糖
・ガラクトース

です。

どの炭水化物(糖質)の食べ物を食べても、

この3つのどれかに最終的に分解されて、体の中に吸収されます。

食べたいのは、ブドウ糖!

冒頭でも、お伝えしましたが、

痩せるために、食べたい炭水化物(糖質)は、ブドウ糖です。

なぜなら、

ブドウ糖以外の、果糖やガラクトースは、

体の中に吸収されて、肝臓に入ると、そのまま体脂肪に変わりやすい性質があるからです。

つまり、体脂肪が増えやすい炭水化物(糖質)ということなのです。


それと違い、ブドウ糖は、

体の中に吸収され、肝臓に入ると、次は血液中に入ります。

そうして、血液に乗って、全身を巡りながら、全身の細胞(筋肉など)の

エネルギーになる性質があります。

そのため、細胞に入りきらずに、本当に余ったものが体脂肪になるので、

果糖やガラクトースよりも体脂肪になりにくいのです。

また、肝臓に蓄えられているブドウ糖を補給して、

常に満たしておくこともできます。

そうすることで、『体に栄養が満たされてますよ』と、伝えられるので、

体脂肪をしっかりと消費させられる体にすることもできるのです。

この肝臓のブドウ糖を補給するのも、果糖やガラクトースにはできないので、


この2つの面から、ブドウ糖は、

痩せるために食べたい炭水化物(糖質)になるのです。


お米や果物について、詳しくは、こちらの記事もご参考にしてください。

ブドウ糖が含まれる食べ物はコレ!

ブドウ糖は、それ以外の果糖やガラクトースと比べると、

・全身の細胞のエネルギーになるため、体脂肪にはなりにくいこと
・肝臓に蓄えているブドウ糖を補給できて、体脂肪を消費しやすい体にすること

の2つの理由で、痩せるために食べたい炭水化物(糖質)だとお伝えしました。


では、『ブドウ糖が、含まれている食べ物は?』というと、

お米やパスタ、パンなどの小麦粉製品、そば、芋類、大豆以外の豆類などです。

これらは、炭水化物(糖質)の食べ物であり、

ブドウ糖が多く含まれているものになります。


逆に、果物やスイーツ、乳製品などは、果糖やガラクトースが多いので、

あまり積極的に食べなくても良い食べ物になります。


もし、あなたが『痩せたい』と考えている場合は、

ブドウ糖が含まれている、お米やパスタ、うどん、そばなどの

食べ物を食べてみてください!

まとめ

炭水化物(糖質)は、痩せるために必要となり、

その中でも、ブドウ糖が含まれているものを食べていただくようにしています。

なぜなら、ブドウ糖は、その他の果糖やガラクトースと比べると、

・全身の細胞のエネルギーになるため、体脂肪になりにくいこと
・肝臓に蓄えているブドウ糖を補給できて、体脂肪を消費しやすい体にすること

という性質があるので、痩せやすくなるからです。


ブドウ糖が、多く含まれている食べ物は、

お米やパスタ、パンなどの小麦粉製品、そば、芋類、大豆以外の豆類などです。


痩せるなら、これらの炭水化物(糖質)の食べ物を食べるようにしてみてください!

『1人じゃ続かないし、やり方がわからない』とお悩みのあなたは、

パーソナルトレーニングにお越しください!

LINE@登録で部位別ダイエットエクササイズ動画20本以上を無料でプレゼント!【脚痩せ、お腹痩せ、二の腕痩せなど】

LINE@に友だち追加で無料プレゼントを受け取るなら、こちらから
*必ず「無料動画」というメッセージを送ってください!↓

友だち追加

この記事が役に立ったと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアをお願いいたします!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【“見た目を変える”ことで“なりたいカラダ”を作るボディメイクトレーナー】
無理のない身体作りメソッドと分かりやすい指導によって、週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ