クビレができない「肋骨が開いている状態」の確認方法と改善してクビレを作る方法。 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

クビレができない「肋骨が開いている状態」の確認方法と改善してクビレを作る方法。 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム|ボディメイクスタジオASmake(アスメイク)

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00 日曜定休日

お問い合わせはこちら

LINE登録はこちら

ブログ

お腹痩せ

クビレができない「肋骨が開いている状態」の確認方法と改善してクビレを作る方法。

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmake(アスメイク)の山﨑将太です。

先日、通ってくださっているお客様から、
『この前、テレビで、肋骨が開いているって話やってました!』
ということを伺いました。

僕は、以前から「肋骨が開いていること」について話していたからだと思いますが、
これも、そのうち一般的な話になるのかと思うと、

なかなか嬉しい話ですね。正しい情報が広がるのは良いことです!

じゃあ、

そんな「肋骨が開いている状態」を確認する方法について。

これは、割と簡単で、肋骨の角度が、90度以上になっていることで、
それだと「肋骨が開いている状態」になり、クビレができにくくなります。

今日は、そんな「肋骨が開いている状態」の確認方法と改善方法についてお話しますね!

肋骨が開いてる状態って何?

肋骨が開いている状態って何なのかと言うと、

体を前から見たときに、肋骨がパカッと上に開いていることです。
写真の方がわかりやすそうなので、写真でお伝えしますね(笑)↓

クビレがなくてウエストが寸胴になってますよね。

肋骨の一番下(お腹に近いところ)が、斜め下に向かってついていると思いますが、
この部分が上にパカッと開いているのが、「肋骨が開いている状態」です。

こんなことを言っていても、
『私は、肋骨が開いているの?開いていないの?』というのは、
パッと見てもわかりませんよね。

肋骨が開いているか確認する方法

なので、肋骨が開いているのかどうか簡単に確認する方法をお伝えしますね。

スマホでも、定規でも、良いのでご用意ください。

そのスマホや定規の角(90度になっている部分)を、
1番下の肋骨の真ん中に当ててみてください。

その時に、肋骨の1番下の角度が、90度以上なら、
あなたの「肋骨は開いている状態」です。

逆に、90度や90度以下なら、
あなたの「肋骨は開いていない状態」です。

これが簡単な確認方法です。
要は、90度以上なのか、以下なのかわかれば良いので、
他のやり方でもOKです!

肋骨が開いていると何がダメなの?

じゃあ、その「肋骨が開いている状態」の何がダメなのか?
というと、

クビレが出来づらいことです。

肋骨が上に開くと、肩幅と肋骨の幅と骨盤の幅が同じぐらいになってしまい、
寸胴なお腹になってしまうんです。

通常なら、肩幅と骨盤幅が、肋骨の幅よりも少し広いことで、
真ん中の肋骨部分が狭くなり、クビレになるんですが、

それが全部同じ幅ぐらいになってしまうことで、
真ん中部分が狭くならずに、クビレがなくなり、寸胴になるんです。


さらに、肋骨が、90度以上で、開いている状態だと、
お腹のインナーマッスルがうまく働いていない状態で、

そうなると、肋骨の間にある横隔膜もうまく働かず、
横隔膜がうまく働かないと、呼吸もうまくできなくなります。

呼吸は1日に約2万回しているので、
そんな2万回もやっている呼吸がうまくできないと、

いくらクビレを作るために、腹筋したりスクワットしたりしても、
2万回には全く及ばないので、

「肋骨が開いている状態」を、ほぼ改善できず、
結局頑張ってもクビレが出来づらいままなんです。


なので、この「肋骨を開いている状態」を改善して、
肋骨を閉じる状態にすることが、
クビレを作るための方法になるんです。

肋骨を閉じてクビレを作る方法

そんな肋骨を閉じてクビレを作る方法を2つお伝えしますね。


四つん這いになり、右手の前に左手を置いて、
両手で床を押しながら、背中~腰を丸めます。

背中~腰を丸めたまま、ヒップを後ろに引いていき、
左の脇の辺りが伸びたら、ストップします。

そのまま左の脇の辺りをストレッチしたまま、
呼吸を止めず(できるなら、5秒かけて息を吐き、5秒息を止めて、5秒かけて息を吐くように呼吸して)、1分~1分半ぐらいキープします。

反対側も同じように行って、1セットずつやりましょう。



また四つん這いになり、両手で床を押しながら、背中~腰を丸めます。

背中~腰を丸めたまま、体を前に移動させ、
お腹に力が入っている位置でストップします。

また、呼吸を止めず(できるなら、5秒かけて息を吐き、5秒息を止めて、5秒かけて息を吐くように呼吸して)、1分~1分半ぐらいキープします。

これは、1~2セット繰り返しましょう。

この2つを行うことで、

肋骨を開かせやすい脇~背中の筋肉をストレッチして緩めて、
肋骨を締めるお腹の筋肉を鍛えられるので、

肋骨が開いている状態を改善して、クビレを作ることができます。

もし、確認してみて、「肋骨が開いている状態」なら、
この改善方法2つを試してみてくださいね!

クビレ作りがもっと早くできるようになりますよ!

パーソナルトレーニングでは
あなたの目的に合ったエクササイズをお伝えしています!

公式LINEアカウントで定期的にダイエット情報や健康情報を配信してます。ご質問やコメントもお気軽にどうぞ!登録はこちら↓

友だち追加

この記事が面白いと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアしてくださると嬉しいです!

この記事を書いている人

アバター
山﨑 将太
【見た目を変えることでなりたい体を作るボディメイクトレーナー】
過去に無理な減量方法などによって優勝を逃した悔しさから、アフリカに2年間柔道を教えに行くタイミングで、身体について猛勉強し、無理のない身体作りメソッドを生み出す。
言葉や文化の異なるアフリカでいかに分かりやすく指導するか試行錯誤した結果、全国チャンピオンを輩出。
日本に帰国後、理論と指導法に磨きをかけ、女性のボディメイクに応用し、分かりやすい指導と週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。
詳しいプロフィールはこちらをクリック
《女性専用パーソナルトレーニングジム「ボディメイクスタジオASmake」代表》

アーカイブ

PAGETOP
ページトップヘ
ダイエット・健康情報・発信中!!LINE登録はこちら 24時間受付中!!お問い合わせはこちら