「良い姿勢」「悪い姿勢」とは?基準って何?実は、、、 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム ASmake

「良い姿勢」「悪い姿勢」とは?基準って何?実は、、、 | 立川の女性専用パーソナルトレーニングジム ASmake

お気軽にお問い合わせください

080-8095-1152 受付時間 10:00 ~ 19:00

先着7名様限定 体験予約はこちら

LINE登録はこちら

ブログ

ブログ

「良い姿勢」「悪い姿勢」とは?基準って何?実は、、、

こんにちは!
立川の女性専用パーソナルトレーニングジムASmakeの山﨑将太です。

世間でも「良い姿勢」や「悪い姿勢」について色んな事が言われてますよね。

 

・胸を張るのが良い姿勢
・背中が丸くなってたら悪い姿勢
・腰も反り過ぎは良くない姿勢
・頭が天井からつるされてるイメージが良い姿勢

など

 

「良い姿勢」「悪い姿勢」について、色んな意見や情報が見つかります。

じゃあ実際、はっきりと「これが良い姿勢!これが悪い姿勢!」っていう基準ってあるんでしょうか?

 

 

実は、この「良い姿勢」と「悪い姿勢」の基準って、あってないようなもんなんです。

なぜなら、時と場合によって、「良い姿勢」や「悪い姿勢」は変わるからです。


今日は、「良い姿勢、悪い姿勢とは?」基準って何?ということについてお話しますね!

動画でご覧になりたい場合は、こちら↓

文章で詳しい解説を見たい場合は、そのまま下にスクロールしてください!

良い姿勢とは?

一般的に良い姿勢とは、

 

 

耳の穴―肩―大転子(股関節)―膝のお皿の横―くるぶしの2~3㎝前方


この5つが一直線で揃っていることが基準と言われています。

 

うちのジムでも、これを良い姿勢として、筋肉のバランスやボディメイクで使って、お客様にトレーニングを提供させていただいています。

 

 

確かに、この姿勢だと、ほぼすべての筋肉がバランス良く使われて、どこかだけに脂肪がつくことなく、キレイに痩せることができるので、

間違いなく「良い姿勢」です。

これは座っている時も同じで、膝から下は無視して、

耳の穴―肩―大転子(股関節)が一直線で揃っていれば、座っている時に「良い姿勢」ということが言えるわけです。

 

これが「良い姿勢」の基準です。

 

 

悪い姿勢とは?

では、反対に「悪い姿勢」の基準は何かというと、

 

 

先ほどお伝えした「良い姿勢」以外の姿勢が、すべて悪い姿勢ということになります。


・頭が前に出たストレートネック
・肩が前に出た巻き肩、猫背
・大転子(股関節)が前に突き出したスウェーバック姿勢

 

などは、すべて悪い姿勢になります。

 

簡単に言うと、5つの点のどれか1つでも、ズレていたら「悪い姿勢」になるということです。

これが「悪い姿勢」の基準です。

 

 

良い悪いは、時と場合でいくらでも変わる

というように、「良い姿勢とは?」「悪い姿勢とは?」と基準をお伝えしましたが、

 

 

実は、この「良い」「悪い」って、時と場合によって、いくらでも変わるんです。


例えば、スポーツで、野球をやるときに、「良い姿勢」のままプレーをやり続けるのが、「良い」かというと、「良い姿勢」で突っ立って、守備をしていると、反応も遅れて、ボールをキャッチできない可能性が高いですよね。

 

サッカーのキーパーも、「良い姿勢」で立っているわけではなく、中腰で上半身を倒して、膝を曲げて構えていますよね。

 

 

それがそのスポーツでのパフォーマンスを発揮するうえで「良い姿勢」だからです。


日常生活でもこれは同じで、

PC作業をするときに、「良い姿勢」でピシッとしたまま行っても、逆に疲れて、作業効率が落ちて、仕事のスピードが遅くなりますよね。

 

PC作業の時は、背中を丸くして、頭を前に出してストレートネック、猫背にしたほうが、効率が良いので、「勝手にそうなるように僕らの体はできている」んです。

それを無理やり「良い姿勢」だからと、ピシッとしてやろうとするから、疲れるし、作業効率も落ちるんです。

 

となると、PC作業の時は、「良い姿勢」が良いわけではなく、

 

むしろ「悪い姿勢」が良いということになるわけです。


こういうように、「良い姿勢」「悪い姿勢」って、時と場合によって、いくらでも変わるので、ある程度の基準はあっても、

「いつ何時も良い姿勢」というのは、ほぼ存在しないんです。

 

意図して良い姿勢になれるならOK!

それよりも、大事なのは、

 

 

「良い姿勢」の基準に合った姿勢に、いつでも楽に意図してなることができることです。


立っているときに「良い姿勢」なのは、当然良いことですが、仮に悪い姿勢になったとしても、

いつでも、スッと「良い姿勢」になることができれば、全く問題ありません。

なぜなら、意図してスッと「良い姿勢」になれるということは、ちゃんと筋肉がバランス良く働いている証拠だからです。

 

筋肉がちゃんと働いていないと、「良い姿勢」を取ることがかなり難しく、「どこをどうすれば良いのかわからない、、、」となるだけでなく、もっと悪いと、「全くその姿勢を取ることができない」ということになります。

こうなると、働いていないといけない筋肉が、完全に眠ってしまっているので、これだと脚が太くなったり、お腹がポッコリしたり、体型が崩れるだけではなく、腰痛や肩こりの原因にもなり、良いことはあまりありません。

 

なので、「良い姿勢」にいつでも楽にスッとなれる。
これができていれば、PC作業で猫背やストレートネックになろうが、丸まって縮こまって寝てようが、全く問題ないので、

あんまり「良い姿勢」や「悪い姿勢」にこだわり過ぎないようにして、楽に考えてみてくださいね!

 

まとめ

「良い姿勢とは?」「悪い姿勢とは?」の基準は、確かに存在しますが、

だからといって、それに固執したり、こだわりすぎる必要はなく、

 

いつでも楽にスッと「良い姿勢」になれれば、ちゃんと筋肉は働いていて、体型が崩れたり、痛みが発生することが少なく、まずは全く問題ないので、

気にし過ぎず、過ごしてくださいね!

 

もし、「良い姿勢」にどうしてもなれない場合は、筋トレやストレッチをして、眠っている筋肉を目覚めさせるのが有効になります。

 

ご自身の姿勢が気になる場合は、こちらの記事もご参考にしてみてください。↓

反り腰の姿勢を改善する3つの方法!
巻き肩の姿勢改善は、肩甲骨にあり!3つの筋トレ!
反り腰で猫背の姿勢を改善する3つのエクササイズ!

 

 

 

ただ痩せるだけじゃなく、体型を変えたいあなたに、今だけこちらのLINE登録で、
通常5000円の部位別エクササイズ動画を、無料でプレゼントしています!
LINE友だち追加は、こちら↓

友だち追加

 

 

『パーソナルトレーニングかぁ』と思いましたか?

聞きたくないかもしれませんが、絶対に必要で、

将来、

 

・着れる服ではなく、着たい服を選んでオシャレを楽しめる(お客様の声→YさんTさん)
・鏡で見た時の自分の体に自信を持てる(MさんHさん)
・姿勢を改善して体型(見た目)を変えることができる(Sさん)
・筋力トレーニングをすると、前向きになり自分に自信を持てる(参考:)
・痩せると病気のリスクを減らせて、医療費を安くできる(参考:)
・筋力トレーニングをするだけでも病気のリスクを下げられる(参考:)
・痩せるのに無理な食事制限やキツイ運動が必要ないと知ることができる(HさんMさん)

・ストレスの多いキツすぎるトレーニングや辛い食事制限では、逆に痩せない(参考:)

 

これだけの損を回避して、得できることを知っていますか?

 

うちはこれだけのことをして、『美しく健康になっていく過程が楽しいと思える世の中を作りたい』と本気で思っています。

ぜひ気分転換で人生を大きく変えに来てください。お会いできる日を楽しみにしています!

 

 

(パーソナルトレーニングについての詳細はこちら)

 

この記事が面白いと思われたら、下のSNSボタンを押してシェアしてくださると嬉しいです!

立川店についてはこちら 心斎橋店についてはこちら
Asmakeのトレーニングについて詳しくご紹介
The following two tabs change content below.
アバター
【見た目を変えることでなりたい体を作るボディメイクトレーナー】 過去に無理な減量方法などによって優勝を逃した悔しさから、アフリカに2年間柔道を教えに行くタイミングで、身体について猛勉強し、無理のない身体作りメソッドを生み出す。 言葉や文化の異なるアフリカでいかに分かりやすく指導するか試行錯誤した結果、全国チャンピオンを輩出。 日本に帰国後、理論と指導法に磨きをかけ、女性のボディメイクに応用し、分かりやすい指導と週に1度のトレーニングでも身体が変わると運動初心者の女性たちに絶大な人気を得る。 詳しいプロフィールはこちらをクリック 《女性専用パーソナルトレーニングジムASmake代表》

カテゴリー

PAGETOP
ページトップヘ
NEW OPEN!心斎橋店は
こちら
痩せるガイドブック
プレゼント
LINE登録は
こちら
先着7名様
限定価格での
体験予約は
こちら